元トラック運転手が教える初心者ドライバーが陥りがちな罠。特に運転に慣れ始めた頃が要注意

元トラック運転手が教える初心者ドライバーが陥りがちな罠。特に運転に慣れ始めた頃が要注意

masa / PIXTA(ピクスタ)

「トラックドライバーが一般ドライバーに知っておいてほしい“トラックの裏事情”」をテーマに紹介している本シリーズ。

 前回は、新生活がスタートすることで増えるサイクリスト(自転車に乗る人)に向けて、トラックや自動車から見る自転車の怖さを紹介した。

 しかし、春に増えるのは「サイクリスト」だけではない。大学入学前や新卒入社前の春休みで自動車運転免許を取得した「初心者ドライバー」たちも一斉に「道路デビュー」する。

 今回は、これまで筆者がトラックの車窓から見てきた初心者ドライバーの特徴や、彼らの身に降りかかる危険などを紹介していこう。

 初心者ドライバーに降りかかる危険として、真っ先に挙げられるのが「煽り運転」だ。彼らはとにかく煽られやすい。その理由は、彼らの一般的な特徴のうち、以下3つが要因になっていると考えられる。

◆初心者ドライバーが煽られやすい3つの理由

1.運転マナーが分かっていない

 日本の道路には、他国にはない独特の運転マナーが数多くある。車列に入れてくれたクルマにクラクション鳴らし手を上げ、合流した後はハザードランプまで光らせ礼を表する光景は、世界どこ探しても日本以外他にない。

 免許を取ったばかりの初心者は、こうした「独特のルール」をまだはっきり把握できていないことがあり、また、たとえ分かったとしても、これら煩雑な作業を瞬時にこなすスキルがない。それを理解しない一般ドライバーが、「恩を仇で返しやがって」と激情し、煽り運転に転じる場合があるのだ。

2.ブレーキを踏み過ぎる

「前に追突してはいけない」と、必要以上にビクビク運転する彼らは、頻繁にブレーキを踏みたがる。

 無論、ブレーキを踏めばクルマは素直に止まり、前方への衝突は避けられるのだが、彼ら初心者には、その自身の行為が、一方で後ろのブレーキランプを点灯させ、その度に後続車両の反感を買っているところまで考えが及ばない。

 このブレーキランプは、いわば「直前に障害物がある」ことを後続車両に知らせるもの。差し当たり踏む必要のないブレーキを頻繁に踏めば、それは言わば「嘘」と同義となり、大いにイラついた後続車両による煽り運転だけでなく、渋滞をも引き起こす原因になる。

3.初心者マークを付けている

 以前紹介した「煽る側・煽られる側の特徴」でも触れた通り、「高級車に乗った凡人」や「行き過ぎた正義感の持ち主」らにとっては、初心者ドライバーは格好の標的となる。

 「自分の存在感を誇示する」ため、はたまた「罰を与えて思い知らす」ため、彼らは執拗に初心者ドライバーの後を追う。そんな中、運転免許取得から1年以内のドライバーが所定の位置への掲示を義務付けられている「初心者マーク」は、皮肉にも彼ら悪質ドライバーに向けた「目印」になってしまっているのだ。

◆「慣れた」と思った初心者が一番危険

 初心者ドライバーの特徴の中でもう1つ特筆すべきなのが、「事故を起こしやすい」ことだ。

 今年3月にも、免許取得後1か月の高3男子が男性をはねて死亡させる事故を起こしている(参照)。が、厳密に言うと、本当に事故を起こしやすいのは「免許を取ったばかりの初心者」ではない。

 これは筆者による勝手な分類だが、初心者ドライバーは、大きく「初期」と「後期」とに分けられる。

 その境は、「運転技術の上達」や「免許取得からの経過日数」などではなく、「ドライバー自身が運転に『慣れた』と思うか否か」だ。

 ドライバーが「運転に慣れた」と思った途端、その運転の仕方は無意識のうちに大きく変わる。

◆事故が多いのは、「後期初心者」

 筆者が運転免許を取得した頃は、初心者への煽り運転は現在以上に常態化していたのだが、筆者は「道路デビュー」から数か月の間は、正直なところ自分が煽られていることすら気付かないほどガチガチに緊張していた。

 しかし、運転回数を重ねていくと徐々に周囲が見え始め、恐怖心や緊張感も激減。運転に「慣れた」と思うようになる。

 さらにそこに「若さ」も手伝い、免許を持っていない周囲の友人に「カッコいい」、「運転できていいな」と言われると、なんとも素直に気は大きくなり、優越感で運転も大胆になっていった。筆者がバイクとの接触事故を起こしたのは、ちょうどそんな状態の時だ。

 先述のようにブレーキを頻繁に踏むなど、過剰に注意を払う「初期」は、周囲のドライバーに迷惑を掛けこそすれ、事故を起こすことはそれほど多くない。

 実際、周囲のドライバーに話を聞いても、事故率が高いのは、「運転初期」よりも「後期」。運転中にスマホを操作するなどの「ながら運転」や、景色に目を奪われる「わき見運転」をするのも、「ガチガチ運転」をしなくなった初心者後期だ。初期には、よそ見をする余裕すらない。

 運転に「慣れた」と思うことは決して悪いことではないが、彼ら初心者が「余裕を持って運転できるようになった」、と感じるほとんどの場合は、運転することに対して「慣れた」のではなく、「ダレた」だけだということを、彼らは自覚する必要がある。

◆初心者ドライバーの依存心も大きな落とし穴

 この「初心者」という存在においてはさらに1つ、元トラックドライバーとして分かっておいてほしいことがある。「トラックドライバー」だからといって、彼ら全てが「運転のプロ」であるわけではないことだ。

 運転が業務の大半を占めるトラックドライバーは、世間から「全員が運転のプロ」と思われる節があり、実際、彼らが事故を起こせば「トラックドライバーなのに」といった声がよく聞こえてくる。無論、長年トラックドライバーとして働いている人は、プライドを持ち「プロ」として業務を遂行している。

 が、そんな彼らにも「デビューした日」があったように、道路には毎日のように「初心者トラックドライバー」が誕生しているのだ。

 大きなクルマを操る以上、「運転のプロ」であるべきではあるのだが、どれだけ会社で研修を受けても、公道への1人立ちはやはり緊張し、世間がトラックドライバーに抱いているような運転ができるとは限らない。

 こうしたトラックドライバーに対する世間の固定観念は、

「運転の上手い彼らになら、多少強引な運転をしても避けてくれるだろう」

「彼らはプロだから、自分の意思を察してくれるだろう」

といった、いわゆる「だろう運転」を引き起こす。

 運転免許を持たない歩行者やサイクリストの場合はなおさらで、彼らは「だろう」を通り越し、「トラックが自分を轢く『はずがない』」とさえ思っているのか、交差点の信号待ちでは歩道ギリギリに立ってスマホをいじる。が、現状は、内輪差を計算できずに歩道に後輪を乗り上げるトラックやバスは少なくないのだ。

 こうしたトラックドライバーが持ち合わせる「実力」と、「トラック=プロ」という周囲が持つ先入観とのギャップは、大きな事故を引き起こす要因になるのである。

 多種多様な「初心者」が道路デビューを果たすこの季節。

 ゴールデンウィークに初めて長距離を運転する初心者ドライバーもいるだろうが、「周囲にカッコいいところを見せよう」などと思わず、常に平常心で運転していただきたい。

 そして一般ドライバーも、彼らの荒めな運転にカリカリせず、「自分にもこういう時があったな」と温かく見守ってあげられれば、道路はもっとストレスから解放されるはずだ。

【橋本愛喜】

フリーライター。大学卒業間際に父親の経営する零細町工場へ入社。大型自動車免許を取得し、トラックで200社以上のモノづくりの現場へ足を運ぶ。日本語教育やセミナーを通じて得た60か国4,000人以上の外国人駐在員や留学生と交流をもつ。滞在していたニューヨークや韓国との文化的差異を元に執筆中。

関連記事(外部サイト)