「路上で酒を飲ませろ」渋谷区の路上飲酒規制条例反対デモを直撃

「路上で酒を飲ませろ」渋谷区の路上飲酒規制条例反対デモを直撃

山口ナミさん(左)と和田拓磨さん

◆「渋谷区の路上の自由を守る会」がデモ行進

 「路上で酒を飲ませろ」――6月28日の夜、多くの人で賑わう渋谷にデモ隊のシュプレヒコールがこだました。デモを主催したのは、「渋谷区の路上の自由を守る会」。20代の若者たちが中心になって今年5月に結成され、ハロウィン路上飲酒規制条例に反対してきた。

 同条例は、10月31日のハロウィン当日と翌11月1日、10月24日から30日の金曜日から日曜日、さらに大晦日と元旦に、路上や公園で飲酒することを禁じている。罰則はなく、6月20日に施行された。

 制定のきっかけは、昨年のハロウィンだ。酔った男性たちがセンター街で軽トラックを横倒しにするといった騒動が発生し、多数の逮捕者を出した。

 あまりにもひどい騒動だったため、飲酒を規制する同条例に賛成する人も少なくない。また、ハロウィンの期間に路上で飲酒することを規制するだけなら仕方がないと考える人も多い。

◆「公共の場所での飲酒は憲法上の権利である幸福追求権で保障されている」

 しかし「守る会」は条例に反対し、5月中旬から様々な行動を起こしてきた。5月23日に路上で鍋をやり、街頭演説したのを皮切りに、渋谷駅前で連日のように飲酒し、冒頭のデモも実施した。

 中心メンバーの一人である山口ナミさん(仮名)は20代のフリーター。「公共の空間で、自由に活動できなくなるのはおかしい」と感じている。

「路上でお酒を飲むなんておかしいという批判も多く寄せられます。しかし飲食店でしかお酒を飲めないとなると、お金に余裕のない人が渋谷で遊ぶことが難しくなってしまいます。渋谷区はダイバーシティ(多様性)とインクルージョン(包摂)を謳っていますが、路上での飲酒が制限されれば、お金のない人たちは街から排除されることになります」

 渋谷駅周辺の路上や公園では、連日のように若者たちが座り込んで話したり、飲酒したりしている。路上はお金を掛けずに仲間とたむろできる場所になっているのだ。山口さんは「街で飲んでいると、知らない人がいつのまにか輪に加わって、新しい出会いにつながることもある」と路上の魅力を語る。

 守る会は6月11日、渋谷区議会に署名と陳情文を提出した。陳情文では、路上での飲酒を制限することは個人の権利の侵害だと訴えている。

「そもそも公共の場所での飲酒は憲法上の権利である幸福追求権や自己決定権で保障された行為であり、音響機器の使用は同じく憲法上の権利である表現の自由で保障された行為です。加えて、条例で酒類販売自粛を求めるのは、公権力が事業者へ圧力をかけるものであり、経済活動の自由に反します」

◆「区長が特に必要と認める期間」とはいつなのか

「守る会」の行動は功を奏さず、6月19日には条例が成立した。「この条例には数々の問題点があります」とメンバーの和田拓磨さん(20代)は話す。

「第6条の(3)では、『区長が特に必要と認める期間』も飲酒を規制するとしています。しかしどのような時に禁止されるのか明確な規定がありません。区長の裁量で私たちの自由な活動が制限されるのは問題だと思います」

 また、この条例では、飲酒以外の様々な行為が期間の定めなく禁止されている。第7条の(1)で禁止されたのは、「音響機器等により音を異常に大きく出す行為」。しかしどの程度の大きさの音なのかははっきりと定められていない。区域ごとに昼は何デシベルまで、夜は何デシベルまでと定められている騒音規制法とは対照的だ。

 第7条の(3)では、「他人に迷惑を及ぼす行為又は危害を及ぼすおそれのある行為」が禁じられている。これもどのような行為が当てはまるのか明示されておらず、条文が拡大解釈される危険性がある。

◆今後は罰則が設けられる恐れも

 いずれは条例に罰則が設けられる恐れもある。山口さんによると、6月10日の区議会・総務委員会では、「罰則については今年の様子を見て考える」という発言があったという。

 そもそもハロウィンで問題になった痴漢や暴行、さらに店舗を破壊するといった行為は全て今ある法律で取り締まることができる。こうした条例を新しく作る必要はないのだ。

「守る会」は、今後も同条例への反対を続けるという。今月も街頭宣伝を行い、渋谷区議会の秋議会の開催に合わせて再度デモを行う予定だ。

<取材・文/中垣内麻衣子>

関連記事(外部サイト)