夏休み目前!子連れでの飛行機移動をサポートする“意外と知られていない”サービス

夏休み目前!子連れでの飛行機移動をサポートする“意外と知られていない”サービス

夏休み目前!子連れでの飛行機移動をサポートする“意外と知られていない”サービスの画像

◆飛行機での子連れ旅行、親の6割超が「不安を感じた」

 オンライン旅行エージェントのエアトリは7月3日、「子連れ旅行」に関する調査結果を発表した。調査対象となった20代〜70代の男女748人のうち、子どもがいる人に「旅行をためらった経験があるか 」を聞くと、約半数の47.1%が「ある」と回答。また、「子連れのため、旅行中に不快な思いをしたことがある」と答えた人は、23.5%だった。

 さらに、子連れ旅行をためらった経験を持つ人に対し、「どのようなシーンで不安を感じたか」を質問した。1位は「飛行機移動」(65.3%)で、2位の「電車移動」(28.2%)、3位の「現地レストラン」(23.5%)を大きく引き離した。飛行機は密室空間に加え、乗り降りの手続きが電車に比べて楽ではない。一度乗ると簡単には降りられず、その場でどうにかしければならないため、親が感じるプレッシャーは強い。

 エアトリのリリースでは、「飛行機で耳抜きできずに泣き叫ぶ子に(編集部注:周りの乗客から)舌打ちされたり、ひどい言葉を掛けられた」(40代・女性)、「飛行機の中で機嫌が悪くて隣の人を子供が蹴ってしまい、大変だった」(50代・男性)などの「飛行機で困った体験」が寄せられている。

◆知られていないサービス、1位は?

 このように身構えてしまいがちな飛行機移動だが、実は航空会社は子連れ客のフライトをサポートするさまざまなサービスを提供している。しかし、それらはあまり知られていないケースが多い。

 エアトリが調べたところ、最も知られていないサービスは「授乳カーテンがついた座席の用意」(79.3%)だった。授乳ケープは役に立つが、知らない人と比較的密着した機内の授乳には抵抗がある。カーテンがあれば即席の個室をつくりだせるので、乳幼児を連れた女性にとってはプライバシーが守られるので嬉しい。

 2位には、「座席指定時の幼児マーク表示」(73.8%)が続いた。ネットで座席を予約する際に座席表示に幼児マークをつけることで、子連れ客が座ることを知らせる、というものだ。周りの乗客は「近くに子どもがいる」ことを承知して座っているため、親としては「迷惑をかけるのでは」との不安が和らぐ。

 3位は「ミルク作りの手伝い」(73.1%)だった。親に代わり、客室乗務員が粉ミルクを作ってくれるサービスだ。子どもを抱えながら粉ミルクを用意するのは負担だ。親としては心強い。

 ほかにも、「チャイルドシート持ち込みの受け入れ」(71.5%)、「荷物の預け入れやチェックインをサポートするカウンターの設置」(70.6%)なども挙がっている。

 子連れ客には嬉しいサービスばかりなので、知っていれば空の旅の快適度が一気に上がる。利用する航空会社で「赤ちゃん連れ」「小さなお子様連れ」などと検索すると、どのようなサービスを提供しているかわかるので、ぜひチェックしたい。

◆機内トイレのオムツ交換台には助かった

 子連れでのフライトでは、筆者もあたふたしたことがある。昨年8月、息子が1歳2か月のときに、妻の実家がある福岡県まで羽田空港から家族で向かったときのことだ。

 息子の昼寝時間に合わせて予約をとり、搭乗口付近で寝かしつけを試みたが、いつもと違う環境からか息子はまったく寝ない。人が密集し、暑苦しい機内で息子はストレスを感じてしまい、離陸とともに激しく泣き始めてしまった。

 このとき真っ先に思ったのが、「周りの人の迷惑になってしまう!」ということだった。立ち上がってあやそうにも、シートベルト着用ランプがついているため座席から動けない。「お願いだから泣き止んで!」と心の中で叫んだ。

 シートベルト着用ランプが切れた後、妻と交代で息子を抱っこして機内の一番後ろにあるスペースに行き、あやし続けた。泣き始めてから20分ほど経ち、息子は眠ってくれた。実際には周囲の方があやしてくれたほか、「うるさい」「泣きやませろ」などと言われてはいないが、他の乗客の迷惑になってはいけないと想像以上にストレスを感じた。

 帰りのフライトでは、別のアクシンデントがあった。行きよりもスムーズに座席に座り、息子は機嫌よく過ごしていた。離陸時にも泣かず、このまま寝かしつけられると妻と安心していたら、なんだか臭う。搭乗前にオムツを変えたばかりだったが、息子は再びウンチをしていたのだ。

 まさか機内でオムツ交換するとは思わず、そもそもトイレに交換台があるのかもわからなかった。客室乗務員に質問すると、「ございます」と笑顔で答えてくださり、とても安心した。トイレは狭く、さらに揺れもあって交換にはちょっと手間どったが、オムツ交換台があるとは思わず、本当に助かった。

◆いつも遊んでいるおもちゃを持たせて

 子連れでの飛行機移動をスムーズにするには、どうしたらよいのか。リリースでは、さまざまなアドバイスが寄せられている。

「長いフライトでは寝ないことが多いので、いつも遊んでいるおもちゃ、ビデオなどを持っていくといいですよ」(70代・女性)

「準備万端にすること。持ち物とか、食べ物とか、いつも使っているものを持っていく。海外ではなかなか思ったようなものが手に入らない」(30代・女性)

 いつも遊んでいるおもちゃやお菓子はぐずったときの救世主となる。絵本も心強いアイテムになるだろう。

 今年の夏に旅行や帰省で飛行機に乗る予定の方は、便利なサービスを使って楽しいフライトを過ごしてはどうだろうか。

<文/薗部雄一>

関連記事(外部サイト)