東京朝鮮高校文化祭のヘイトコメント展示が訴えかけてくるもの

東京朝鮮高校文化祭のヘイトコメント展示が訴えかけてくるもの

(Photo by 全賢哲)

◆SNSで大きな話題を呼んだある「作品」

 2019年6月15日、東京都北区十条にある東京朝鮮中高級学校(以下、東京朝高)の文化祭。同校美術部の学生たちは、この文化祭に合わせ、一つの美術展を企画した。美術展のタイトルは「アンデパンダン・デパンダン展」。この美術展に出品された同校学生の作品を撮った一枚の写真が、インターネットで拡散した。それがこの「作品」だ。

 作品のタイトルは「Cafe:Freedom of expression」―表現の自由。高さ180pのベニヤ板に囲われた「箱」には、製作者の男子学生が所属する東京朝高美術部に寄せられたヘイトの数々が肉筆で書き込まれていた。

「御託は良いから日本から出ていけ」

「在チョンでは北のほうがタチが悪いんだな」

「不法入国の末裔なんだから祖国へ帰れ」

 この学生はどのような想いでこの作品を製作したのか。この箱に刻まれた数々のヘイトをどのような想いで聞いたのだろうか。取材を申し込んだ。対面取材は断られたが、製作者の学生が同校美術部のFacebookを通じてその心境を語ってくれた。5000字以上の長文の冒頭文が以下の通り。

 「東京朝鮮中高級学校文化祭での展示以降、ツイッターから発生した美術部に関する記事やコメントが誤った内容で飛び交っているものがあリ、説明を求められる場面がたくさんありました。今回、facebook上で様々な方からもらった質問に対して答える形で、美術部からの考えを言葉にしていきたいと思います」(美術部のFacebookより原文ママ)

 その想いを手繰る。

◆「拉致被害者を冒涜している」

 この作品が製作された動機は、平成最後の4月21日、渋谷で開催された「SDGs ハッピーアースパレードin 渋谷」に参加した事。このハッピーアースパレードとは、国連が採択した、持続可能な社会を目指す世界共通の目標、SDGs(持続可能な開発目標)の2030年までの達成を期して、「ちがいをちからに変える」ことを掲げ行われたデモ行進の事である。

 このパレードに、東京朝高の美術部の学生たちも参加した。その事を美術部Twitterに投稿したところ、「朝鮮学校がそのパレードに参加するのは不適切である」という趣旨のコメントが寄せられた。

 学生らは反論した。このパレードへの参加は主催者にも認められている、と。しかしこの反論がきっかけとなり、美術部のTwitterアカウントには数々のヘイトツイートやDMがどんどん送られることになった。学生たちは、そのツイートに一つ一つ返答した。その内、「拉致被害者を返せ!」というコメントが多く付くようになった。

「拉致問題は、私たちにとっても、決して軽視していいような問題ではないし、無視できるような問題ではありません。私たちも拉致問題が少しでも早く解決するように願っています。ですが、拉致問題解決を私たち美術部のアカウントに訴えても、問題が解決する訳ではありません。私たちに訴えても仕方がないということ、朝鮮は生存者を探した所見つからなかったという報告をしたということをツイートしました。すると、そのツイートが拉致被害者を冒涜しているように受け取られ、以前と比べ物にならない程の誹謗中傷が集まるようになりました。

 私たちのツイートが誤解を招くような発言であったこと、拉致被害者の方々やご親族の方々にとって傷つくような発言であった事を心から申し訳なく思っています。私たちへの誹謗中傷に対する反論だったとはいえ、拉致被害者を冒涜していると思われても仕方のないような言葉の選びであった事を反省しています。その上で、私たちは拉致問題の解決を望んでいること、私たちのツイートは拉致被害者を冒涜する意図は無かった事を重ねて申し上げます。また、ツイッターで意見を交わした当事者の方たちとは和解の上、了承をもらい内容を削除させてもらいました。」(美術部のFacebookより原文ママ)

◆議論とは無関係のヘイトと誹謗中傷が殺到

 しかし事はこれで済まない。この一件がネットで拡散されると、今までとは比べ物にならないほどの数のヘイトを吐きつけられ始めた。とても学生たちに対応できる数ではなくなってしまった。

「議論」の発端とはまったく違う「ただ在日朝鮮人や朝鮮学校に対して貶しているような発言」が圧倒的だった。その誹謗中傷を受け体調を崩す学生もいた。

「ヘイトコメントを手書きで紙に書き写し、ベニヤ板で作られた壁に貼る事で『インターネット』という、現実とは距離のある世界の隅で起きた出来事を可視化し、同時に、お越し頂いた方々と作者本人が対話する事で、特定の民族に対する『ヘイト』が存在する現状について理解を深めて頂き、問題を解決する為に議論を深めよう、という趣旨で作った」(美術部のFacebookより原文ママ)

 インターネットの文字では、言葉が本来持つ重みが損なわれてしまう。だから敢えて肉筆でヘイトコメントを書き出した。インターネット上では感じる事の出来ない言葉の重みと痛みを炙り出したかった。

「今回の展示がネット上で大きな反響を呼ぶ事によって、特定の民族に対するヘイトが世の中に蔓延していて、そのヘイトによって攻撃を受けている人がいる、という事実が可視化され、社会で日の目を見るようになったと思っています。この問題提起によってネット上に限らずあらゆる人がこの問題について考えを深め、お互いに議論する事が、今回の作品の最大の目的であり、一つの到達点であると考えています。また、作品にとって良い意見ばかりでなく、良くない意見も出てくる事が、議論を活性化する上でとても重要な事だと思っています。」(美術部のFacebookより原文ママ)

 高校3年生。彼がこの言葉を綴ることを、読者はどうおもうのだろうか。よく出来た子だと、大人びた子だと、そう評価するのだろうか。いや、何偉そうに喋ってんだと、どこかにヘイトに似た怒りを蠢かせるのだろうか。

 筆者はメールで質問を送った。「苦しくなかった?」かと。その答えも、美術部のFacebookを通じ間接的に返ってきた。

「ヘイトスピーチが蔓延する社会に生きる事は、やはり多くの苦痛を伴います。その苦しみは私たちだけが感じているものではありません。今回私たちが受けたようなヘイトに苦しんでいる人は少なからず世の中に存在します。苦しんでいる人が少しでも存在するからこそ、アートに価値が生まれるのだと思っています。」(美術部のFacebookより原文ママ)

 彼らは戦わなくてもいい戦いを戦っている。

◆「先生に書かされたわけではない」

 美術展のタイトルになっている「アンデパンダン・デパンダン」とはどういう意味なのか。

 アンデパンダンとは、フランス語で「自由な、独立した」という意味で、フランスで保守派や伝統派に反対して始まった、アーティストであれば無審査で誰でも自由に出品ができる展示会の事でもある。

 デパンダンとは、その逆だ。何かに「縛られて」いるという意味。一方で自由を主張すれば、「縛られた」展示会を望む人たちを仲間外れにしてしまうという想いから、「アンデパンダン」と「デパンダン」の二つの言葉を繋げた。だから美術展に展示された作品は、「アンデパンダン」か「デパンダン」のどちらかに区分されている。

 今回の美術展は、企画からすべて学生たちが、自分たちで議論し作り上げた。

 今回の一件も、「どうせ先生に書かされたんだろう」という誹謗中傷を嫌い、だから学生自身の言葉で、美術部のFacebookページにアップされた。

 学生の作品、「Cafe:Freedom of expression」の箱の下には車輪が取り付けられている。可動式の作品だ。話し合いましょう。議論をしましょう。会って話せば分かり合える。学生は、自身の作品を通じてそう叫んでいる。そう、この作品はそんな議論するための「Cafe」であると。

 学生が作り上げたヘイトの箱。パンドラの箱よろしく、議論が尽くされれば、そこに希望が残るのか。

 ちなみに、学生の作品は「デパンダン」でのエントリーだ。

 彼らはいつまで縛られなくてはいけないのか。

【安達夕】

Twitter:@yuu_adachi

関連記事(外部サイト)