無関係の第三者によりプログラミング言語Pythonの商標が取られる!過去にはPerlなどでも発生

無関係の第三者によりプログラミング言語Pythonの商標が取られる!過去にはPerlなどでも発生

Gerd Altmann via Pixabay

◆無関係の第三者が商標を取得

 Python というプログラミング言語がある。利用者が多く、AIブームとともに日本でも人気が急騰している。文法が平易で読みやすいために教育分野でも需要が高い。登場は1991年。マスコットはニシキヘビ。青と黄のヘビがロゴマークになっている。この Python の商標が、無関係の第三者によって取られた。

 この話題は、石本敦夫、まつもとゆきひろ 両氏によってツイートされた。石本敦夫氏は、python.jp の管理人で、『Python文法詳解』(オライリージャパン)などの著書を持つ。まつもとゆきひろ氏は、プログラミング言語Rubyの産みの親として知られた人物である。

 私が初見でこの話題を見たのは、2019年Python商標事件 - 西尾泰和のScrapboxである(参照:西尾泰和氏)。

 問題の商標は、登録6042638になる。出願人は株式会社アーク。研修事業を主に手掛けている会社だ。登録されたのは、第9類、16類、41類、42類である。以下にその区分を掲載する。主に、教材や研修などを対象とした商標登録だ。

”第9類 デジタルフォトフレーム,電気通信機械器具,録画済み又は録音済みのDVD・光ディスク・コンパクトディスクその他の記録媒体,通信ネットワークを介してダウンロード可能な動画ファイル・音声ファイル・音楽ファイル又は静止画ファイル,レコード,インターネットを利用して受信し及び保存することができる音楽ファイル,インターネットを利用して受信し及び保存することができる画像ファイル,電子定期刊行物

第16類 紙類,文房具類,定期的に発行される印刷された教材,定期刊行物,書画,写真,写真立て

第41類 組織の経営管理及び事業の変革管理・業務改善・後方支援への取り組みに関する教育訓練研修,マネジメント・コミュニケーション・営業・リーダーシップ・人材育成の能力向上の教育訓練研修,マネジメント・コミュニケーション・営業・リーダーシップ・人材育成の能力向上の教育・研修に関するコンサルティング・助言・指導及び情報の提供,教育・文化・娯楽用ビデオの制作(映画・放送番組・広告用のものを除く。),映画・演芸・演劇・音楽又は教育研修のための施設の提供

第42類 デザインの考案(広告に関するものを除く。) ”

◆過去にはPerlなどでも発生

 こうした商標問題は過去にも発生している。Perl というプログラミング言語がある。20年ぐらい前は、サーバーのCGIといえば Perl だったが、今では下火になっている。2010年のことだが、テラ・インターナショナルという企業が商標を登録したことが問題になった(参照:スラド)。この商標登録は最終的に取り消された(参照:スラド)。

 また、オープンソースという言葉でもトラブルがあった。「オープンソースソフトウェア」などと使われるこの言葉は、ソースコードを一般に公開して利用者による利用・修正・再頒布を許すこと意味する(参照:Wikipedia)。

 オープンソースという言葉は防衛目的のために Open Source Group Japan が、2002年に取得した。その際は個人での取得だったが、その後、法人で管理するために2012年にOSDN株式会社へと権利を移行した。そもそもの切っ掛けは、2000年にオープンソースの類似商標が申請されたためだった(参照:Open Source Group Japan)。

 このオープンソースの商標について、2018年にレシピ共有サイトなどを営む株式会社OPENSAUCEが、不使用取消審判を請求した(参照:栗原潔 - Yahoo!ニュース、スラド)。

 古い話だが、Linux も過去に商標のトラブルがあった。Linux は Unix系のオペレーティングシステムで、リーナス・トーバルズ氏が開発の中心人物である。

 当初彼は、商標を登録する気はなかった。しかし1994年に、ウィリアム・R・デラ・クローチェ・ジュニアという人物が、自身が申請した商標権を盾に、売り上げの10%を支払うよう Linuxベンダーに要求した。コミュニティは訴訟を起こし、最終的にトーバルズ氏が商標を所有することになった(参照:ITmedia エンタープライズ)。

 プログラムやソフトウェアの世界では、自由な利用や複製が好まれることが多い。そのため一般に普及したあとに、商標や権利のトラブルが発生することがある。

◆Pythonの名前の由来は……

 さて、最初の Python の話に戻ろう。このプログラミング言語の名前の由来は、イギリスのコメディ番組『空飛ぶモンティ・パイソン』から来ている。つまり、他の商標に乗っかっていると言えなくもない。

 Python の開発者のグイド・ヴァンロッサムは、1996年に次のように書いている。

”6年以上前の1989年12月、私はクリスマス前後の週の暇つぶしのため「趣味」のプログラミングプロジェクトを探していた。オフィスは閉まっているが、自宅にはホームコンピュータがあるし、他にすることがなかった。私は最近考えていた新しいスクリプト言語のインタプリタを書くことにした。(略)ちょっとしたいたずら心から(『空飛ぶモンティ・パイソン』の熱烈なファンだったというのも理由の1つ)、プロジェクトの仮称をPythonにした。”(参照:Foreword for "Programming Python" (1st ed.)|Python *訳は前出Wikipediaによる)

 暇潰しに始めて、いたずら心で名づけたプログラミング言語が、世界的に普及した。そのため「そもそも Python は、『空飛ぶモンティ・パイソン』がごにょごにょ……」と、口を濁す人もいる。

 世の中、何が起きるか分からない。適当に付けた名前が、世界中に広まってしまうこともある。命名には気を付けた方がよいだろう。

【柳井政和】

やない まさかず。クロノス・クラウン合同会社の代表社員。ゲームやアプリの開発、プログラミング系技術書や記事、マンガの執筆をおこなう。2001年オンラインソフト大賞に入賞した『めもりーくりーなー』は、累計500万ダウンロード以上。2016年、第23回松本清張賞応募作『バックドア』が最終候補となり、改題した『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』にて文藝春秋から小説家デビュー。近著は新潮社『レトロゲームファクトリー』。

関連記事(外部サイト)