相模原障害者殺傷事件から3年。障害者の東大生が語る”私たちがすべきこと”

相模原障害者殺傷事件から3年。障害者の東大生が語る”私たちがすべきこと”

提供:愼允翼

 2016年7月26日、相模原市にある障害者施設「津久井やまゆり園」にて入所者19人が元職員の植松聖被告によって殺害された。また職員を含む、27人が負傷。

 3年を迎える2019年7月26日、津久井やまゆり園には、多くの花が献花されていた。その様子の写真を撮ると自然と涙がこぼれる。

 相模原障害者殺傷事件から3年を向かえるにあたって、「この問題はどこにあるのだろうか」とずっと問い続けてきた学生時代を思い出す。当時重度障害者の自立生活支援をしていた。

 活動で知り合った障害を持つ一人の東大生を思い出し、連絡を取った。「いつでもウチへおいでよ」の一言で了承を得て、取材を行った。

◆「優生思想」に気を取られ続け、”植松”自身と向き合わなかった社会

 取材を引き受けていただいたのは、東京大学文学部哲学科4年の愼允翼(しん・ゆに)さん(22歳)。愼さんは、10万人に1〜2人が発症する脊髄性筋萎縮症(通称:SMA)全身の筋力が弱まるといった障害を抱えており、24時間の介助を必要としている。もちろん自分の力で歩くことはできなく、ストレッチャーでの移動だ。

 愼さんは特別支援学校には行かず、高校まで健常者と同じ学校、同じクラスで過ごし、2016年に東大に推薦合格。今現在、西洋哲学を専攻している大学生だ。相模原障害者殺傷事件に対して言葉のトーンを強めて話す。

「植松の『なんで障害者を生かさなくてはいけないのか』という問いを誰も掘り下げて考えようとしなかった。彼の問いは抹殺されたんだ。『優生思想』というものは、そもそも『思想』に値しないのではないか。それなのに植松の考えに『優生思想』というレッテルを貼って済まそうとしてしまっていたよね。植松の主張が、どのような根拠により、どのような人格から成される主張なのか。検討と対話をしてこなかった」

 愼さんは、私たちが植松被告と対話をしなかった点を指摘する。事件発生後、多くのメディアに取り上げられ、世間を騒がせた。平成で最悪の事件と謳われ、多くの人が怒りを露わにした。

 しかし愼さんは「被害者でも、遺族でもない我々が被疑者に対して怒るのはお門違いだ」と話す。私たちがすべきことは、「被疑者を恨むのではなく、なぜこの事件が起きたかを考えること」だという。

 それなのに、怒りに駆られ、植松被告の考えを「優生思想」と名指して済ませようとしてしまった私たち。この点が問題だと愼さんは話す。

「彼の思想はヒトラーと言われているが、彼はヒトラーではない。類似しているにすぎないもの。ヒトラーの思想や優生思想といった枠組みに当てはめて理解した気になってはいけない。彼の主張を支えているロジックと人格に対して目を向ける必要がある」

◆矛盾だらけの優生思想に目を向けるのではなく、個々に焦点を

 事件直後、植松被告は、殺した障害者を「心失者」と述べていた。彼らを人間とは思っていなかった片鱗が垣間見れ、世間は「これは優生思想ではないか」と騒ぎ立てた。

 このことに対して「どう思う?」と愼さんに質問をすると、「そもそも論として、優生思想は思想ではない。ロジックが自己破綻している」と返って来た。そして、優生思想の矛盾点を話し始る。

「まず社会は、”個人が責任を負えない、負う必要のないものをみんなで分散して負う”もの。強盗が入った時は、個人では解決できないので警察を呼ぶよね。警察とは、みんなが税金をだして構成されている組織。警察だけじゃなくて、水道や道路も同じ」

 愼さんが強調しているのは、「強盗に対処するかや水道の水を引けるかどうかは、個人の責任の範疇にない。優劣とは結びつかない」ということ。同様に、個人の責任の範疇にない障害の有無も優劣とは結び付けようがないのだ。

 優生思想とは、「優劣を持ち込み、劣っているものの排除をする」こと。そうなると、強盗や水道も優劣の範疇に入れなければならない。

 この意見を聞くと、「それはそうだけど、障害者は税金に対する依存度が大きい」と一部の人が思うはず。しかし、それは「優生思想」というレッテルで怯えているようなその類の話ではなく、福祉政策の在り方の議論となってくるのが現状。

 論理が破たんし、思想に値しない考え方である優生思想。向き合う意味もないのではと思ってくるが、無視をしてはならない。

 愼さんはここで注意点を述べ始める。「彼らを無視するのではなく、彼らの発言の意図を汲み取ること」ということだ。対話を通して、彼らがなぜその思想を抱いたのか。対話を通して、その思考に至るまでの恨みや辛みを解きほぐすことが一番重要なのだ。

 優生思想といった論理破綻したマクロなものに囚われるのではなく、個々の思想の背景に目を向けなければならない。これをしないと、また同じ事件が起きると愼さんは話す。

◆植松被告に何か言えるなら。「そんな人生で楽しいの?」

 優生思想の間違い点、そして我々が目を向けるべき命題を説明した愼さん。愼さんが植松被告と顔を合わせたら、何を話すのかと疑問が浮かぶ。

 ”植松被告に話したいことはある?”と聞いてみると、愼さんから意外な答えが返って来た。「一言を言えるのなら、そんな人生で楽しい?と聞きたい」。意外な言葉が返って来て、戸惑いを隠せない。沈黙が少し流れた後、愼さんはその理由について語り始めた。

「あの人、事件前に衆院議長に手紙を送っているでしょ。自分の思想を誰かに認めてもらわないと、自分の正当性を担保できない人生なんて楽しいのかなと」

 愼さんは、一つの仮説を立てる。障害者を殺すことが自分の中で正しいと思うならば、他人に殺す正当性を求めないとのことだ。

 植松被告は事件前の2016年2月14日〜15日、東京都千代田区永田町にある衆議院議長公邸を訪れ、大島理森衆院議長に手紙を渡そうとした。その内容は「障害者は不幸を作ることしかできません」と述べ、安楽死を推奨するものだった。また、革命と称し、施設内の障害者を抹殺すると予告した。

 手紙を渡すために、衆議院議長公邸に行った植松被告。その行動からは、「自分の考えの正当性を認めてもらいたい」といった背景が見えてくる。自分の正当性を他人に認めてもらいたいといった感情は、我々にもある。むしろ、この感情が肥大化しているのが現代社会といえよう。愼さんは、この点を大きく指摘する。

「他人に正当性を委ねているということは、自分の本心からやりたいことを満足にできていないんだろうと思う。これって逃げているだけ。受け止めなくちゃ。

 世界って複雑性を帯びていて、自分の期待通りには決してならないもの。世界と対面すれば、自分の予想や期待は必ず壊され、傷つくことになる。でも、自分の思い通りにはならない世界を受け入れることしかできないんだ。これを繰り返すことが、成長を遂げることであり、実在的に生きるということなんだ」

 人生には、思っていたこととは全く違う現実に打ちのめされることが、数多くある。皮肉にも、人は自分の都合の良い現実を想定する。それがある日、世界にあるファクトと異なったとき、ただの勘違いだったと気付かされる。

 実在的とはここで、「自分の持っている世界に立て込もるのではなく受け止める。そして再建し、また壊されるという”実際そのようでしか在り得ない”世界の姿」を指す。

 インターネットが発達し、他人との?がりがより身近なものとなった現代社会。傷つくことを恐れ、閉じこもってしまうことがある。自分の中でしたいことが他人に認められたいことにすり替えられてしまっている私たちに刺さる。

「人が実在的に生きることを選択しない限り、このような事件はまた起こるんじゃないかな。おれが見ている世界と彼の世界は別世界だと思う。自分の知っている色で埋め尽くされている世界は、色の数が少ない。鮮やかではない。そんなの面白くないでしょ。

 ほら、障害者って絶対に視界に入ることがあるし、もしかしたら明日病気やケガで自分が障害者になってしまうかもしれない。『障害』を完全に排除することはできないんだ。受け入れなければ、ならない」

◆枠組みで考えてしまう私たち。 植松をもう一度育てなおさなければならない私たち

 先述したように、実在的な世界とは自分のコントロールがきかない世界。この世界こそが、多様性の社会だと話す。そこには無限の「色」が落ちており、それこそが多様性だと愼さんは話す。

「自分が囚われている思考の枠組みが社会によって崩されたときに、世界の色を知ることができる。世界に飛び込むことこそが、多様性を知ることなんだよ。なのにその本質をいま見失っている気がする」

 愼さんが話すには、外に飛び出すことで初めて、人は多様性を理解できるとのこと。私達は、特にマイノリティ側にいる人のことを、この人は「ゲイだ。レズビアンだ」などといった”決められた枠組み”に当てはめてしまう。多様性を理解しようとしているのに、これでは本末転倒となる。固定されてしまう枠組みの中で、物事を考えることは、自動的に「世界へ足を踏み出すこと」を拒絶してることになる。

 最後に愼さんは、「この事件を死刑で終わらせてはダメ。植松被告を育てなおし、乗り越えなくてはならない」と話した。この問題を差別以外の別の観点から切り込んだりして、問題を一から捉えなおしたりしなければならないのだ。

「植松被告は間違いなく死刑。だけど彼の思想と向き合い、もう一度植松を私たちで赦し育てなおそう。死刑で終わりではダメなんだ。向き合わなければだめ。差別の一言で、優生思想の一言で終わらせてしまうな」

 この件もそうだ。私たちは植松被告を「優生思想」や「ヒトラー」といった枠組みで考えてしまっている。だからこそ、愼さんは「植松被告の主張の背景に目を向けろ」と訴えているのだ。

「”良くも悪くも”今の社会は、不寛容すぎる。最近物騒な事件が多いよね。引きこもりの件とか。大人だって引きこもりたいと思う時もある。その時に、まだ終わりではないよと言える世界を作らなければならない。もし赦しからスタートできないのならば、これ以上言うことはない」

<取材・文/板垣聡旨>

【板垣聡旨】

学生時代から取材活動を行い、ライター歴は5年目に突入。新卒1年目でフリーランスのライターをしている24歳。ミレニアル世代の社会問題に興味を持ち、新興メディアからオールドメディアといった幅広い媒体に、記事の寄稿・取材協力を行っている。

関連記事(外部サイト)