老後2000万円問題をどう考える? お金に振り回されないための処世術

老後2000万円問題をどう考える? お金に振り回されないための処世術

老後2000万円問題をどう考える? お金に振り回されないための処世術の画像

◆老後に2000万円必要!? どう資産形成すればいいのか

 年金制度が揺らぐなか、老後は年金だけで生活できるのだろうかと不安に感じている人も多いのではないだろうか。

 金融庁が今年6月にまとめた報告書によると、老後30年間で約2000万円の資産が必要になるという。本来は、一人一人に十分な年金を支払えるよう、年金制度を見直すのが政治の役割であるはずだ。個々人の自助努力を促すことは、社会保障費の削減を容認することにもなりかねない。

 とはいえ、自衛のためにも、貯金を増やしたいと思っている人も多いだろう。 そんな中、8月9日に「子供にも伝えたいお金の話ー本から学ぶお金の考え方ー」と題したイベントが開催された。

 ライフスタイルに関わる企画を中心に、場をデザインする株式会社はじまり商店街の小野寺真子氏が、お金の貯蓄の仕方や大切さについて語った。

◆お金の感じ方と基礎知識

 お金はなくてはならないもの。この認識は誰もが持ち得ていることだろう。しかし、お金に対する感じ方は人それぞれ違う。

 ある人にとって、お金は価値の象徴。別の人にとっては、お金はやりたいことを実現する手段や道具。お金に対するイメージは、ライフスタイルやバックボーンによっても変わってくるのだ。

「お金に対する感じ方には答えがない。ただ、物の需給バランスや時代によっても値段が変動したり、人のお金に対するイメージも変わる」と小野寺氏は説いた。

 日本の高度経済成長期は、銀行に貯金しているだけで収入が増える時代だった。25年前は金利が7%つく時代だったのだ。しかし今では、金利が0.02%になっていて、とても資産形成できる状況ではない。

 金利が7%の時代は、約10年で資産が2倍になった。しかし、金利が0.02%では約5000年かかってしまう。

「戦後は国が将来を保証する有用な金融商品を用意していた。しかし現代では、日本経済の成長の鈍化により将来を保証する金融商品が存在していない。これからは、かつての日本と同じような金融政策をしている海外のオフショアに注目すると良い」(小野寺氏)

 海外にはオフショアと呼ばれる、税がない国、またはほとんどない国が存在する。2019年4月の時点で、経済成長著しいBRICsの国である中国で4.35%、インドで6%、ブラジルで6.5%、ロシアで7.75%の金利になっている。

 このように、世界へ目を向ければ一昔前の日本のような高利回りの金融商品が存在している。情報として知っているのと知らないのとでは、資産形成に大きな差が生じてしまうだろう。

◆資産の分散やリスクヘッジを考える

 小野寺氏は、金融の仕事をする中で、投資家と関わる機会が多くあり、資産の分散やリスクヘッジの大切さを学んだという。

「金融商品の知識とともに運用面の知識もないと、大切な資産を減らす可能性があるので注意したい。リスクヘッジする運用の仕方の1つに、ドル・コスト平均法というのがある。毎月、一定額購入して積み立てしていくことで、価値の変動に左右されにくい。短期志向で考えるのでなく、中長期的な視点で資産を増やす目標を立てると良い」

 定額購入型の投資手法は、これから資産運用をしてお金を増やそうとする人にとって、入門的な手法として知られている。世界経済の不安定さによって株価が下落傾向にあるため、賢く資産運用をしていく必要性がある。

 そのためには、リスクの高い一括投資より積立投資を選んだ方が少額の資金で始められ、株価相場の上下に影響されない。また、国内よりも実績や信用のある海外のオフショアに目を向けた方が、長期的に見ても複利効果が期待できるので、資産を増やす1つの手段になるだろう。

◆お金を得るよりも大切な「幸せの基準」

 ここまではお金を増やす方法について見てきた。お金に対する感じ方には答えがない。人それぞれの価値観で、お金をどうやって手に入れるかを考えるだろう。

 ではもし、お金について子供に説明する際はどのように説明するだろうか。日本はお金に関する教育が十分ではない。お金の使い方や貯め方、どうしてお金を稼ぐのかなど、お金に対する意識を子供のうちから身につける土壌がないのだ。

 小野寺氏は、「お金を生み出す手段の1つに労働がある。しかし、必ずしも好きな仕事に就いて働いているわけではない。お金の教育を考える上で、まずは自分の好きなこと、得意なことを見つけ自分に何ができるかを考える。幸せを感じる基準は人によって異なるが、自分にとって何が幸せなのかを明確にすれば、お金のあり方や接し方を深く考えることができる」と説いた。

 子供へ説明する際に、オフショアや積立手法のことを話しても分からない。自分の好きなこと、将来やりたいことを叶える手段としてお金があることを伝えてあげることが大切だ。

 村上世彰氏の著作『いま君に伝えたいお金の話』は、お金に対する考え方や子供にもわかるように書かれた本だ。小野寺氏は、この本をきっかけに、お金に関する教育について考えるようになったという。

 はじまり商店街のコンセプトである「はじまりをはじめる」。お金のことを知ろうと、まずは本を読んだり、お金の専門家であるフィナンシャルプランナーに相談したりと、何か行動を起こしてみると良いだろう。

 老後の資産形成のためにも、お金に対して向き合うことが大切なのかもしれない。

 将来お金に振り回されないためにも、しっかりとした知識を身につける必要がありそうだ。

【古田島大介】

1986年生まれ。立教大卒。ビジネス、旅行、イベント、カルチャーなど興味関心の湧く分野を中心に執筆活動を行う。社会のA面B面、メジャーからアンダーまで足を運び、現場で知ることを大切にしている。

関連記事(外部サイト)