子どもの意見表明権を「絵に描いた餅」にしないために

子どもの意見表明権を「絵に描いた餅」にしないために

子どもの意見表明権を「絵に描いた餅」にしないためにの画像

◆子どもは自分が行使できる意見表明権を理解しているか?

 今年6月19日、児童福祉法などの改正案が参議院本会議で可決、成立した(一部を除き、2020年4月から施行)。

 この改正が画期的なのは、「児童の意見表明権を保障する仕組みの構築その他の児童の権利擁護の在り方について、施行後2年を目途に検討を加え、必要な措置を講じるものとする」という内容が入った点にある。

 21世紀になっても、日本では子どもの権利を守るという文化が育っておらず、ざっくり言えば、「大人が保護してやるから子どものおまえは黙って従え」という隷属を今日も子どもに強いている。

 しかし、日本政府は「児童の権利に関する条約」(子どもの権利条約)という国際条約に1994年4月に批准しており、同条約の第12条にはこう書かれているのだ。

1 締約国は、自己の意見を形成する能力のある児童がその児童に影響を及ぼすすべての事項について自由に自己の意見を表明する権利を確保する。この場合において、児童の意見は、その児童の年齢及び成熟度に従って相応に考慮されるものとする。

2 このため、児童は、特に、自己に影響を及ぼすあらゆる司法上及び行政上の手続において、国内法の手続規則に合致する方法により直接に又は代理人若しくは適当な団体を通じて聴取される機会を与えられる。

 今回の改正は、批准から25年も経ってようやく法律に盛り込んだことになる。その間、どれだけ子どもの権利が関心を持たれず放置されてきたかを考えると、恐ろしい。

◆親の暴力を学校に報告していたのに亡くなった野田市の小4女児

 その恐ろしい現実を端的に示す事例として、多くの市民にとって記憶に新しいのは、今年1月に千葉県野田市で起こった小学4年生の女児の虐待死事件だろう。

 この子は、親から暴力を受けている事実を学校にハッキリと表明していた。

 なのに、学校も教育委員会も児童相談所も当該女児の意見を軽んじ、彼女は自宅へ戻されて殺されてしまった。

 親権者として適切とはいえない親から親権をはく奪することが容易ではなく、一時停止するにも時間がかかれば、一番弱い立場の子どもはいつまでも虐待され続け、救われようがない。

 子どもが自分の意見を表明し、大人に考慮される権利は、被虐待児だけでなく、貧困の子どもにも保証されるが、当事者の子どもにこの法律の意義は十分に理解されていない。

 アニメ映画『天気の子』では、中学生と小学生の年齢の兄弟だけでアパートを借りて暮らしていた。だが、彼らは2人だけの生活を守るために、児童相談所による保護を恐れて、あわててアパートから逃げ出した。

 親権者がいないために、まともな職場に雇われることが法的に許されない姉は、あるビジネスで起業し、生活を維持しようと試みる。実は、彼女と同じように、たとえ親に虐待されても児童相談所の世話になりたくない、あるいは児童養護施設や里親の元で暮らしたくない子どもは、少なからず実在している。

◆日本の大人は、どれだけ子どもの声を大事にできるか?

 今年6月19日付のBuzz Feed Newsの記事で、子どもの意見表明権を保障する取り組みの研究を続け、市町村の児童虐待の相談員を務めていたこともある大分大学助教・栄留里美さんは、こう証言している。

「子どもは嫌がっているのに一時保護所に連れて行くということを経験したんです。子どもの安全を確保することはもちろん重要です。ですが、保護された後に子どもたち自身が苦情などの声をあげる仕組みが機能していません」

 それでも半ば強制的に保護され、児相の職員に子どもの権利も説明されないまま、虐待の被害者の自分が悪いことをしたかのような錯覚を覚えながら、施設で渋々生活している子どもは珍しくない。

 それゆえに施設から突然脱走したり、違法行為を平気でする同世代の仲間との付き合いの中にしか安心と自由を感じられない子どももいる。

 父母が2人だけで親権を独占するという日本の制度自体が、子どもから自立生活という権利を奪い、父母以外の多くの大人たちに扶養される仕組みを作らせず、児童相談所に保護されずに生活することを悪いことであるかのように感じさせているのだ。

 そうした制度による不自由を放置したまま、意見表明権だけを法的に保証したところで、「きみの話は聞いた。しかし、制度上、きみの望みは叶えられない。施設に入るか、里親の元に行ってほしい」と説得されてしまう現実は変わらないだろう。

 良かれと思って子どもを保護し、守るつもりで不自由を与え、子どもを「法外」へと追いつめていることに、誰よりも大人自身が気づかなければ、子どもの意見表明権は絵に描いた餅になりかねないのではないか?

 この問いは、児童相談所の職員はもちろん、学校教師にも、保護者にも、政治家にも、有権者である一般市民にも突き付けられている。

 日本の子どもは、小学校から高校まで学校が一方的に決めて児童・生徒に強いる校則を無条件に守らなければならず、学校と対等に交渉できる余地すらない。

 そのため、自分の権利を主張することにも慣れていないし、自由意志による自治に基づく民主主義のマインドも育てられていない。

 そんな非・民主的な教育環境に12年間も置かれながら、「自分の意見を表明しろ」と言われても、子どもにとっては難しい。

 支配・被支配の関係を親や教師から強いられがちな日本の子どもには、「本音を言えば、罰せられる」という不安があるため、意見表明の権利行使を自粛する恐れもある。

 では、義務教育で、子どもの発達年齢に応じて子どもの権利を教え、「みんなが持っている権利」という空気を醸成する取り組みは可能だろうか?

 可能にするなら、教師が一方的に唯一の正解を与えるという教育の文化そのものを根本的に改める必要があるかもしれない。

 特に、障がいや病気の程度によって学習能力があいまいで、自分の意見を正確に言葉で表現できない子どもの場合、満足な意思疎通するために、その子どもの資質や能力に合わせたコミュニケーションのスタイルを模索する手間は避けられない。

 絵の得意な子なら、絵で伝えたことも権利行使の結果と公式に認められるか? 音楽ならどうか? ダンスならどうか?

◆省庁の垣根を取っ払う「子ども庁」(仮称)の構想

 こう考えると、子どもの気持ちを読み取るためのアドボケイト(子どもの言い分を代弁する大人)役にとって大きな負担になるのは必至だ。しかも、レイプや性的虐待などの性に関する意見は、当事者の子どもにとってなかなか言い出しにくい。

 しかも、ここまでくると、文科省ではなく、厚労省の管轄になる。すでに罪を犯した子どもの意見表明権については、法務省や警察庁の管轄になる。

 このように、省庁がそれぞれ部分的に児童の権利擁護に対処しようとすれば、意見表明権を行使したい子どもも、子どもの権利を守りたい大人も、法律を遵守させたい政治家も、役所間でたらい回しになるだろう。

 そこで興味深いのは、参議院議員・山田太郎さんが構想している「子ども庁」(仮称)だ。

 山田議員は、2016年2月に首相官邸へ赴き、子ども庁(仮称)の創設を骨子とする「社会擁護及び障がい者福祉に関する要望書」を、世耕官房副長官経由で安倍首相、菅官房長官へ提出した。

 同議員が執筆した記事によると、子ども庁(仮称)とは次のようなものだ。

 子どもの虐待、子どもの貧困、子どもの機会の平等・教育の質の向上、待機児童と言った子どもに関する社会問題を総合的に解決することを目的とし、児童相談所、保育所、幼稚園、学校、福祉事務所、医療機関、里親、児童福祉施設、地方公共団体の窓口、警察の窓口、裁判所が各省庁連携できる仕組みを早急に構築し、情報共有を図る体制を構築する。

「私は、6省庁を呼び『国として、いったいどこの部署がこの児童虐待を総合的に扱っているのか。』何度も何度も詰め寄りました。しかし、内閣府、文科省、総務省、厚労省、法務省、警察庁それぞれの担当部署については、残念ながらどちらの部署も断片的に児童虐待や子どもの問題を扱っていて、結局のところ総合的に情報を集めリーダシップを取ってまとめあげる省庁は、なかったのです」(山田議員の同記事より)

 虐待や貧困などに困っている子どもに関するすべての情報が子ども庁(仮称)で一元化され、国から児相や少年院などの子どもの相談現場へ指導・通達、さまざまな現場から国への情報収集が速やかに行われるようになれば、子ども自身のニーズを今よりもっとハッキリと知ることができるようになる。

 そうなれば、意見表明権はもちろん、その他の子どもの権利の法的保証も進むかもしれない。

 それでも、子ども虐待をなくすために民間で動き出す大人を増やさない限り、深刻な虐待死事件やトラウマによる精神病で一生苦しむ虐待事案は今後も続く。

 筆者と共に動き出したい方は、「今一生のブログ」を検索し、連絡してほしい。

【今一生】

フリーライター&書籍編集者。

1997年、『日本一醜い親への手紙』3部作をCreate Media名義で企画・編集し、「アダルトチルドレン」ブームを牽引。1999年、被虐待児童とDV妻が経済的かつ合法的に自立できる本『完全家出マニュアル』を発表。そこで造語した「プチ家出」は流行語に。

その後、社会的課題をビジネスの手法で解決するソーシャルビジネスの取材を続け、2007年に東京大学で自主ゼミの講師に招かれる。2011年3月11日以後は、日本財団など全国各地でソーシャルデザインに関する講演を精力的に行う。

著書に、『よのなかを変える技術14歳からのソーシャルデザイン入門』(河出書房新社)など多数。最新刊は、『日本一醜い親への手紙そんな親なら捨てちゃえば?』(dZERO)。

関連記事(外部サイト)