窓が割れ学校の教室もめちゃくちゃに! 現地住民が語る報道が少ない南房総エリアの被害

【台風15号】千葉県で停電が続き物資が不足するも報道が少ないと住民が不満

記事まとめ

  • 台風15号で首都圏の交通網が大きな打撃を受け、出勤時の混乱は大きく報じられた
  • しかし、停電が続き物資も不足する千葉県では、報道が少ないと住民が不満を溜めている
  • もともと物流の弱い地域だったのが、交通網が遮断され陸の孤島になってしまったという

窓が割れ学校の教室もめちゃくちゃに! 現地住民が語る報道が少ない南房総エリアの被害

窓が割れ学校の教室もめちゃくちゃに! 現地住民が語る報道が少ない南房総エリアの被害

室内まで水浸しでめちゃくちゃになった教室(館山市在住男性提供)

台風一過、2日過ぎても停電復旧しない地域が!

 9日に955hpaと非常に強い勢力を保ったまま関東地方を通過した台風15号。

 首都圏の交通網も大きな打撃を受け、翌月曜日10日の出勤時は大混乱となったことはニュースなどでも大きく報じられたが、3日経過した水曜日もなお、停電が続き、物資が不足しているにも関わらず、ろくに報じられないことで住民の不満が溜まっていたエリアがある。

 台風の進路右側、「危険半円」と呼ばれる暴風が極めて強くなるエリアに位置していた千葉県である。東京電力パワーグリッドの公式サイトによると、9月11日午前10時24分時点で県内44万5700軒で停電したままだったのが、それから10時間ほど経過した11日20時20分の段階でも約39万1600軒がまだ停電したままとなっている。

 特に被害が大きかったのは内房の鋸南町や館山市、南房総市などは停電以外にも大きな被害を受けており、ツイッターなどで悲鳴にも近いTweetが多く見かけられた。

◆学校はガラスも割れ教室の中まで水浸し

 館山市在住の男性、北口寿明さん(仮名)は語る。

「市役所、中学校は今日の昼頃解消されましたが、私の勤務先は16時の段階でまだ解消されていません。まだ市内の7割近くは停電している感じです。市内の信号も半分くらいは消えたままです。建物の被害も大きく、シャッターや外壁、屋根が吹っ飛んでます。またガラスも割れてます。これは私の友人の子供の学校ですが、ガラスが割れて教室の中まで雨が吹き込んでおりめちゃくちゃになっています」

 同じく、館山市在住の吉田次郎さん(仮名)に聞くと、「海沿いの遮蔽物がない建物を中心に、老朽化した建物が多く被害を受けているようです。低所得者の方が住む木造家屋も被害にあっています。ただ、台風通過直後は一部電柱の倒壊や倒木で通行止めになっていましたが、いまはだいぶ回復しつつあります」という。

 また、停電の影響はこの台風一過の猛暑で非常に厳しいものとなった。10日には、南房総市と市原市で93歳の女性と65歳の男性がそれぞれ自宅で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されたという。両世帯とも停電しており、熱中症が疑われたという。

 一夜明けた11日も、「暑くてろくに眠れません」と多くの声が聞こえた。

「電力会社の方々のおかげで徐々に通電しつつありますが、要介護者のいる社会福祉施設の所在地を含めいまだに停電地域が残っています。また、老朽損壊家屋が多くブルーシート等で一時的に処置していること、もともと高齢化率の高い地域なので、災害弱者が多いことも知ってほしいと思います」(吉田さん)

 停電の結果、断水も発生したことが一層熱中症の危険性をましたと思われる。

◆物資も不足。コンビニの棚は空っぽ

 停電だけではない。物資も深刻な状況だ。前出の北口さんは語る。

「イオンは昨日再開しましたが生鮮食品はなく、カップラーメンやお菓子、飲み物は売り切れ。レジも会計まで1時間掛かります。昨日行きましたが、諦めて帰って来ました。おどやという市内に数店あるスーパーは一番大きい店舗は月曜日から営業してましたが、17時で早仕舞いしたそうです。普段は22時まで営業してます。今日は品揃えは充実してて混んでましたけど買い物出来ました。ホームセンターのカインズホームは昨日14時から営業していたそうで、大行列だったといいますが、店内は真っ暗だったようです。

 報道は君津や市原のゴルフ練習場とかですか? インパクトがあってテレビ映えするからでしょうが、もっと他のところの被害もきちんと報じて欲しいと思います」

 それにしてもなぜこんなにまで復旧が遅れているのだろうか? 吉田さんは次のように推測する。

「台風の風の強さが想定以上に強く、市内の至る所で電線や電話線が切れていました。君津から館山を結ぶ館山自動車道が10日12時まで続き、一般道しか通行できず、もともと三方を海に囲まれて物流の弱い地域だったのが、交通網が遮断されたことで文字通り陸の孤島になってしまったのかと……」

 大きな被害を受けたのは伊豆諸島も同様だ。停電に断水、建物の被害も甚大だが、ほとんどのメディアは報じていない。

◆災害そっちのけで「改憲」への意欲を語る安倍首相

 こうした被害を報じずに、メディアは何をしていたのかというと、安倍新内閣の人事を「速報」で流していたのである。

 そのメディアの姿勢にも呆れるが、大きな傷痕を残す大災害になったにも関わらず、自らの権力を誇示するかのような人事ゲームの組閣に邁進していた安倍政権は言語道断だろう。

 さらにいえば、今回の新内閣、失言議員などが多数復権するという勝手放題。記者会見で憲法改正について触れ、「困難な挑戦だが、必ず成し遂げると決意している」と言ったという。

 自民党改憲案といえば、先日も当サイトで取り上げたような「緊急事態条項」を入れることを画策していると言われている。

 しかし、2014年の豪雪時は赤坂の料亭で天ぷらを食べ、昨年の西日本豪雨のときは、「赤坂自民亭」で大はしゃぎしていた安倍政権。こうした「実績」を見る限り、それぞれの災害時に迅速に動き、災害対応を阻むものにぶち当たった結果、やむにやまれず緊急事態条項の追加を考えついたとは考え難い。

<参照:宴会に寿司。記録的豪雨が西日本を襲う中、安倍首相や被害の大きい地域選出の議員たちの行動が物議、豪雨の最中に納涼ビアパーティーに興じた自民党議員。本当に「先手先手」なのか?>

 自身の権力ゲームに執心する安倍政権に、「緊急事態条項」を加える改憲など許していけない。

<取材・文/HBO編集部>

関連記事(外部サイト)