10月から始まる幼保無償化、浮いた保育料で砂場セットを寄付。広がる支援の輪。

10月から始まる幼保無償化、浮いた保育料で砂場セットを寄付。広がる支援の輪。

10月から始まる幼保無償化、浮いた保育料で砂場セットを寄付。広がる支援の輪。の画像

 10月1日から幼保無償化(幼児教育・保育の無償化)が始まる。幼稚園、認定子ども園の教育費、保育所の保育料が一部、無償になる制度だ。消費増税による税収を還元し、子育て世代の教育費の負担を軽くする目的のほか、すべての家庭が質の高い教育を受けられるようにしたり、少子化に歯止めをかけようとしたりする狙いがある。

 無償化スタートを前に、東京都杉並区に住む女性がとった行動がネットで注目を集めている。4歳のお子さんを持つりくボーさんは、無償化された分のお金を使い、新設された保育園に備品を寄付。8月下旬にそのことをツイートしたところ、たくさんの好意的な反応があった。寄付をしようと思いついた背景には、どんな想いがあるのだろうか。話をうかがった。

◆「認可保育園間での環境の差」に疑問を感じた

 杉並区は近年、積極的に保育園を増設して定員を増やし、2018年、2019年は2年連続で待機児童ゼロを達成した。しかし、認可保育園に申し込みをしても入所できない、いわゆる“潜在待機児童”は数多く存在する。

 また、りくボーさんが懸念するのは、保育の質の違いだ。

「認可保育園の中でも、園庭の有無、部屋の面積、保育士さんの勤続年数や専門性、子どもたちに目の行き届く人数配置なのかには差があります。私は保活を3年行い、その間にいろんな保育園を見学した中で、こういった差を目の当たりにして愕然としました。全員が入園できるわけでも、希望に沿った保育園を選べる状況でもありません。どこに入園できるかの運次第で、子どもが過ごす環境に差が生じてしまうのはおかしいと思います」

 保育の受け皿確保と同時に、質の確保もまた、進められるべきものだ。

◆2年間の満員電車の登園「きつかった」

 りくボーさんは保活を「本当に苦しかった」と振り返る。0歳入園が厳しかったことから、1歳4月での入園を目指したが、認可保育園は高倍率で結果は惨敗。通勤途中まで範囲を広げても預け先は見つからなかった。

 その後、お子さんは通勤途中にある認証保育園(東京都が独自で定めた基準を満たす保育園)に入れることになったため、電車で登園することになる。これはりくボーさんにとって大きな負担だった。

「保育園までは自宅の最寄りから4駅離れていて、乗り換え時間を含めると20分ほどかかりました。この電車登園を1歳クラス、2歳クラスと2年間続けたんです。

 通勤時間帯は混雑しますし、毎日通うのはきつかったですね。イヤイヤ期真っ盛りのときは大人しく電車に乗りませんから」

 自宅から近い認可保育園に転園すべく、りくボーさんは月に1〜2日有休を取りながら、保育園見学を続けた。

「ただでさえ子どもの看護等で頻繁に有休を使うのに、さらに有休を申請することに、申し訳なさでいっぱいでした」と、職場への気まずさと折り合いをつけながら保活に取り組んだ。

◆室内でも楽しく遊べるよう、砂場セットをプレゼント

 お子さんは3歳の4月に認可保育所への転園がかなった。入園が決まると、それまで自分ごとだった待機児童問題が他人ごとになりやすいが、りくボーさんは区が抱える子育て問題への意識を持ち続けた。

 保育所の環境の向上のために自分にできることは何かを考え、思いついたのが、地域の新設園への寄付だった。夫に話したところ、すぐに賛同してくれた。

 りくボーさんは事業者に寄付を申し出た。園側と話し合った結果、寄付金で砂場セットを購入してもらうことになった。園児たちには大好評だった。

「『遊ぶことが大好きな子どもたちなので、大喜びしています』と、園長先生はじめスタッフのみなさんから感謝の言葉をいただきました。保育園には園庭がありませんが、真夏日には特に、毎日近くの公園へお散歩に行けるわけではありません。室内で遊べる砂場セットは役立ってくれたようです」

 この体験をりくボーさんは8月下旬、noteとTwitterで発信。

「私は10月から始まる保育無償化分を、新設保育園に寄付しました。1人でも、2人でも、共感してバトンを回してくれる方がいることを願い、経緯を書きます。」

 約150件リツイートされたほか、「自分も支援したい」「寄付するにはどうしたらいいですか?」という前向きなコメントが相次いだ。

◆ひとりひとりの行動が「みんなで子育てする」意識を高めていく

 たったひとりの活動がいま、「自分に何ができるか」を問いかけ、支援の輪を広げつつある。

 りくボーさんの行動の原動力は、「すべての子どもが良い保育を受けられるのが当たり前の社会にしたい」という願いだ。

「保育は行政の役割ですが、保護者や地域の人もそれぞれの事情に応じて、できることがあると思うんです。ひとりひとりの行動を通じて、地域全体に『みんなで子どもを育てていく』という意識が共有されていくといいなと思っています」

 それぞれが、できる範囲でできる貢献をする。貢献の仕方は、必ずしも保育園への寄付という形でなくても構わない。例えば、玩具や絵本が少ない保育園や幼稚園に子どもが卒業した絵本を寄付する。地域の子ども食堂の支援をする。それぞれが「自分ができること」を考えてみよう。

<取材・文/薗部雄一>

【薗部雄一】

1歳の男の子を持つパパライター。妻の産後うつをきっかけに働き方を見直し、子育てや働き方をテーマにした記事を多数書いている。

関連記事(外部サイト)