「女性が家事をすべき」と考える男女がいまだに1割。その理由とは?

「女性が家事をすべき」と考える男女がいまだに1割。その理由とは?

「女性が家事をすべき」と考える男女がいまだに1割。その理由とは?の画像

◆共働き世帯が増えても、女性に家事の負担が偏っている現状

 ゼネラルリサーチは10月30日、家事の分担に関する調査の結果を発表した。調査の対象となったのは、20〜50代の共働き夫婦1102人。

 男女共同参画白書(2018年)によると、共働き世帯の数は、1997年に専業主婦世帯の数を上回り、以降右肩上がりで増加している。2017年には、共働き世帯(1188万世帯)が専業主婦世帯(641万世帯)の倍近くに上っている。

 しかし社会生活基本調査(2016年)によると、共働き夫婦が担う家事の平均時間(1日)は、夫が14分、妻が180分だという。共働きの夫婦が増えても、家事の負担は女性に偏っているのが現状だ。

◆男性の半数近くは家事を3割しか分担していない

 調査では、まずどの家事を担当しているのかを聞いた。男性は、ゴミ出しが72.3%で最も多く、次いで風呂掃除が67.5%、洗濯が39.6%だった。女性では、料理(77.1%)、洗濯(75.6%)、家計管理(59.9%)の順に多かった。

 担当している家事以外にやっていることを聞いたところ、男性からはペットの散歩や日曜大工、食器洗いといった回答が寄せられた。女性からは、水回りの掃除や子供の世話を担当しているという声が上がった。

 担当している家事の割合について、男性では3割しか担当していない人が48.8%に上った。5割の人は21.2%で、7割以上担当している人は13.9%しかいなかった。女性では46.5%と半数近い人が7割の家事を担っていると回答。さらに23.7%の人が9割と答えている。依然として、家事の負担が女性に偏っているのが現状だ。

◆イライラする瞬間「相手が分担を守らない」「細かい要望を出される」

 また、家事に関することでパートナーにイラっとした瞬間を聞いたところ、男性からは「疲れている時に家事を頼んでくる」(茨城県/40代/会社員)、「細かい要望を出された瞬間」(埼玉県/40代/会社員)といった回答が寄せられた。

 食器の洗い方や洗濯物の畳み方にこだわりを持つ人は少なくない。しかし相手に事細かに注文すると、うるさいと思われてしまうのかもしれない。

 他には、「自分だけがやっているみたいなことを主張したとき」(愛知県/50代/会社員)という人もいた。この男性のパートナーは、男性の負担が少なく、自分ばかりが家事をやっているように感じたのかもしれない。

 一方、女性たちは、「やるなら最後までやってほしい」(兵庫県/30代/公務員)、「分担を守らないこと」(新潟県/30代/会社員)、「自分はやっていると強調し、感謝を述べて欲しいと言ってくる」(岐阜県/20代/公務員)といったことにイライラしているようだ。

 家事の途中で放り出してしまったり、分担を守らなかったりすると相手に怒りが湧くのも仕方がない。また、協力し合うのが当たり前なのだから、ことさら感謝するように言われるとムカついてしまうのだろう。

◆家事は「気付いた人がやればよい」が男女ともに7割以上

 最後に家事は誰がやるべきか聞いたところ、男性の76.3%、女性の71.6%が「気付いた人がやればよい」と答えた。しかし男性で「パートナー」と答えた人は13.2%、女性で「自分」と答えた人も11.3%に上った。いまだにおよそ1割の人は、家事は女性がするものと考えているのだろうか。

 パートナーが家事をすべきと答えた男性に理由を聞くと、「パートナーの方が時間があるから」(埼玉県/40代/会社員)、「仕事で忙しいから」(滋賀県/50代/経営者・役員)だという。たとえ共働きでも、夫の方が忙しい場合には、妻が家事を担う家庭もあるのかもしれない。

 逆に、女性で自分が家事をやるべきだという人の中には、「自分でやったほうが早いし段取りよく出来るから」(茨城県/30代/自由業)という人も。自分の方が得意だからといって、自分ばかりが家事をやっていては、相手はいつまでも経っても家事ができるようにならないだろう。

 他にも、「時間的に家事ができるのが自分しかいないから」(兵庫県/20代/会社員)、「自分のやり方にこだわりがあるから」(福岡県/30代/公務員)といった声が寄せられた。

◆参照:ゼネラルリサーチ

<文/HBO編集部>

関連記事(外部サイト)