フェミニストも納得する「ポルノ」とは? 独ベルリンのポルノ映画祭で考えるポルノの意味、そしてその力

フェミニストも納得する「ポルノ」とは? 独ベルリンのポルノ映画祭で考えるポルノの意味、そしてその力

フェミニストも納得する「ポルノ」とは? 独ベルリンのポルノ映画祭で考えるポルノの意味、そしてその力の画像

◆ベルリンでオルタナティブ・ポルノの映画祭が開催された

 10月22日から27日の5日間、ベルリンで第14回目のベルリンポルノ映画祭(the Pornfilmfestival Berlin)が開催された。

 性、政治、フェミニズム、ジェンダーをテーマにしたインディーズ、オルタナティヴ映画の祭典である。クラブカルチャー、パンクカルチャーが根強いベルリンならではの映画祭だ。旧東ベルリンに位置する3つの独立系映画館を貸し切って大掛かりに開催されたこの映画祭、いつ行っても人混みが途絶えることはなかった。

 ちなみにこの映画祭に感化され、ロンドンでもポルノ映画祭が2017年より毎年春に開催されている。ヨーロッパでオルタナティヴ・ポルノの社会的認知度が徐々に上がってきたと言っても過言ではないだろう。

◆女性を過度に客体化する「悪い」ポルノに対抗するオルタナティブ・ポルノ

 そもそもオルタナティヴ・ポルノとは何か。

 1970年代のアメリカはポルノ映画の黄金期だった。「ディープ・スロート」(1972年、ジェラルド・ダミアーノ監督)、「ミス・ジョーンズの背徳」(1973年、ジェラルド・ダミアーノ監督)と70年代初頭は続々とポルノ映画が公開され、空前のヒットとなった。

 ちなみに上記の映画は、東映系の洋画配給会社・東映洋画が輸入し、日本でも公開された。この一連のポルノブームは米国で「ポルノ・シック(=おしゃれポルノブーム)」と呼ばれ、当時のポップカルチャーに多大なる影響を及ぼした。

 もちろんこの「ポルノ・シック」は全ての人に歓迎されたわけではない。このポルノのメインストリーム化は当時の女性活動家間に論争を呼び起こした。「ポルノ戦争」と呼ばれるこの論争は反ポルノ女性運動家である、アンドレア・ドウォーキンやセクハラ問題の第一人者であるキャサリン・マッキノンに対し、ナディア・ストラッセンやゲイル・ルービンの反検閲、ポルノ擁護派女性運動家が2つの陣営に分かれて対立し、てポルノの是非を問うたものだった。

 中でも、自身もポルノ女優である性活動家アニー・スプリンクルは「悪いポルノへの答えはそれを根絶することではなく、より良いポルノを作ることである」と声高に表明し、「より良い」ポルノ、つまり家父長制的でなく女性差別的でないポルノを作ることの大切さを謳っている。

 また、フェミニスト映画研究家のリンダ・ウィリアムズはその著作「ハードコア:権力、快楽、そして顕在化への乱心(Hard Core: Power, Pleasure and the Frenzy of the Visible)」(1989)で主要ポルノ産業に女性の視点を取り入れることの重要性を説いた。

 このような流れの中で、2000年代から欧米諸国では女性向け(フェミニスト)ポルノ、LGBTQ向けポルノ、アートポルノなど、既存のポルノの枠組みに捉われない新しいポルノを作ろう、という動きが出てきた。このようなポルノ全てを包含する意味として、オルタナティヴ・ポルノという言葉が使われるようになった。女性を過度に客体化する「悪い」ポルノに対して、もっと男女平等に性の喜びを描くことに重きを置くのがオルタナティヴ・ポルノの要である。

◆レズビアン・ポルノやアニメのポルノも上映

 ポルノ映画祭のメイン会場はMoviementoというドイツで最も古い映画館の1つである。3つのスクリーン会場は会期中全てポルノ映画祭の会場として利用されていた。

 昼の12時から毎日深夜までそれぞれのスクリーンで映画が上映された。長編の映画はもちろんのこと、短編集ではそれぞれ5分から20分にわたる映画が上映され、上映後には監督や演者によるトークセッション、Q&Aコーナーが設けられていた。短編集のセッションはそれぞれレズビアン・ポルノ、ゲイ・ポルノ、実験的なポルノ、教育ポルノ、アニメ・ポルノ等そのジャンルは様々だ。

 ほとんどの映画のチケットが完売となっており、ポルノ映画祭会期中後も人気映画の追加上映が急遽決定された。

 映画祭の初日、その幕開けのオープニング・フィルムとして上映されたのは自身もポルノ女優かつSMモデル、そして性教育者でもあるマディソン・ヤン監督による「Unravelled Intimacy (解かれた情交)」(2019)だ。

 この映画はヤン監督自身の自伝小説「Daddy (パパ)」を基に、彼女の出版イベントに参加した登場人物(3組のカップル、それぞれが自身の関係性に問題を抱えている)がヤン氏の精神世界の中に入り込むことで、それぞれが新たな性、自分自身、そしてパートナーとの愛を発見する、という映画である。

 また、この映画はスウェーデン出身、バルセロナ在住でオルタナティヴ・ポルノの第一人者であるエリカ・ラスト氏が新しく創設したプロダクション、Lust Cinemaの製作ということも特筆すべきであるだろう。エリカ・ラスト氏はこのポルノ映画祭のスポンサーでもあり、彼女のプロダクションで製作された映画が数々出品されていることを考慮すると、その影響力は多大なるものである。

 また、蛇足だが、マディソン・ヤン氏は米・カリフォルニア州サンフランシスコでErotic Film School という3日間のポルノ映画製作専門の集中講座を設けており、世界各国から毎年応募がある、とのこと。

◆女性たちがケーキまみれで乱交する「Tease Cake」

 会期中、昼間の時間は主に短編映画集に時間が割けられていたので、レズビアン・ポルノ短編集をまず観に行った。

 ベルリン在住のポピー・サンチェス氏の「Tease Cake」(Teaseは焦らすという意味。ここではチーズケーキに掛けられている)はクラッシク映画の色彩要素を用いて、女子会でケーキを食べていた4人の女性が、その場でケーキまみれになりながら乱交に及ぶ、というものであった。

 これもエリカ・ラスト氏のプロダクションで製作されたもので、ラスト氏の手掛ける「XConfession」シリーズの一環である。このシリーズではラスト氏がオンラインの掲示板で集めた人々の性的妄想を映画化する、というものである。ラスト氏は幾度かゲスト監督を招き作品を提供しているが、これもその一環だと言えよう。

 また、台湾出身のメディア・アーティスト、シュー・リー・チェン氏の作品「Fisting Club(フィスティング・クラブ)」もタイトル通りブラッド・ピット主演の「ファイト・クラブ」(1999年)をパロディ化したもので、ファイト(喧嘩)の代わりに女性同士がフィスティングをする、というコミカルな作品である。シュー・リー・チェン氏は日本でも「I.K.U」(2001年)というサイバーパンクポルノ映画を製作しており、知る人ぞ知る著名な映画監督である。

 会場にはシュー・リー・チェン氏も来場しており、上映後のQ&Aセッションでは拍手喝采をもって迎えられていた。

◆「小児性愛では」と物議を醸したポルノも

 続くエクスペリメンタル・ポルノの短編集では、主催国ドイツからレネ・ウィスナー監督の「Das Wundern des jungen Ulysses (若きユリシーズの彷徨い)」が良くも悪くも最も際だっていた。

 半裸の子供の絵画をひたすらドキュメンタリー式に写し、その後映画と同じタイトルの漫画には幼児への性的虐待のストーリーが描かれており、要所要所にモザイクをかけながら写された。映画の最後に「これは、ユリセシーズに起こった悲劇的な事実です」と幼児への性的虐待の社会問題を浮き彫りにした作品だ。もちろん衝撃的だが、社会メッセージ性の強さに感嘆を覚えずにはいられなかった。

 この映画の上映中、会場はざわつき、「これは小児性愛じゃないか!」と叫ぶ人も。中には文句を言いながら出て行く人もいた。にこやかに映画を見ていた雰囲気から一転して、会場は凍った空気で包まれた。

 もちろん、小児性愛は大人と子供という力関係が如実に現れ、主体性の担保されない幼児を性的に眼差し、性的な行為を強制することは暴力であって何ものでもない。

 しかしここで特筆すべきなのは、いくら「社会問題の喚起」といえど、いかなる小児性愛的描写も許されないということである。様々なセクシュアリティやジェンダーが賛美されるこのポルノ映画祭の中で、性が悲劇的なものになりうる、というような描写は歓迎されていない。

◆男性が搾乳機を付けられるディストピア?

 また、その後に続いた「RE:Reproduction(再生産)」という映画では、マスクを被った裸の男性が地下室の診察台に寝そべり、白衣を着た医者のような人物に何らかの治療を受け、そのまま地下通路に吊るされ搾乳機をペニスに装着される、というものだった。地下通路には同じように吊るされ搾乳機を装着された男体がいくつか並ぶ。

 後のQ&Aセッションに「RE:Reproduction」の監督、クリスチャン・ゴーディン氏が登壇した。ベルトコンベア式に男性が次々に性を搾取され、「役割」が終わったらそのまま吊るされる、つまりそれ以上の人間関係は求められない(英語でhungと言うと吊るされると言う意味と、人間関係を保留にされる、と言う二重の意味がある)ということが、マッチング・アプリ等で簡易化された人間関係のメタファーだということを知ったが、あまりにも描写が近未来ディストピア的で衝撃的だった。

 これらは所謂「エクスペリメンタル(実験的な)」ポルノの表現の幅の広さ、なのだろうか。これは「ポルノ」の意味を再度考えさせられるきっかけになるだろう。

◆そもそもポルノとは何か

 一般的に「ポルノ」というと性的興奮を喚起させるようなエロティックな表現、として認識されているだろうが、16〜19世紀まで西欧諸国においてポルノグラフィとはもともとその当時の政治や教会、つまり権威体制を批判するツールだった。性をタブーとするキリスト教的な価値観のもとで性的に過激な描写を用いることは、反体制政治運動のシンボルであった、ということだ。

 19世紀半ばから近代化によって大量出版技術によって出版文化が大衆化すると、それを国家が国民の治安やモラル維持のために統制し始めた。つまり、それ以前のポルノ=反体制政治運動のツールという構図は知的階級や特権階級のみに限られたことだったのだ。

 逆説的に考えると、「ポルノ」という言葉の定義は必ずしも絶対的なものではなく、その時や場所による政治や時代背景によって変化する、相対的なものなのである。江戸時代の日本の春画もこのように時代の流れの中でタブー視されていったのは既に論じた。

 そもそも、性興奮の対象とは人によって様々で、必ずしも推し量れるものではない。「ポルノ」を考える時に性的興奮という要因を取り除いたら、それはこの映画祭のテーマの如く、セクシャリティやジェンダーの表象、ということなのではないのだろうか。それをエロティックだとか、猥褻だ、厭らしいと考えるのは私たちの経験論に基づいた価値観でしかなく、それは長い歴史の目で見た時に、とても流動的で不確かなものでしかない。

 映画祭の一環に「Porn meets Academia(ポルノと学術研究機関)」というパネルトークセッションがあった。ベルリン自由大学でポルノ・スタディーズの教鞭を執るマディタ・ウーミン氏とクィア・ポルノ界のベテラン俳優ジズ・リー氏の対談である。

 リー氏はポルノ業界で従事する者への社会的偏見ゆえの難しさ、そしてウーミン氏はポルノも他のメディア文化同様に研究されるべきだ、と語る。産業としてのポルノとそれを支える言論の相互作用によって、私たちの取り巻く性表現はより豊かになるであろう。

 今回のポルノ映画祭でわかったのは、ポルノ映画は人間のセクシュアリティを描くもので、それはもしかしたら一番人間の根本を描く媒体とも言っても過言ではないのかもしれない。

 既存の権威的な価値基準に囚われずにポルノを作り続けり若きアーティスト、そしてそれを支援するポルノ映画祭、今後の展開に期待したい。いつか日本でも同様な映画祭が開催される日を夢見て。

【参考文献】

Williams, L. (1989). Hard core: power, pleasure, and the "frenzy of the visible". Berkeley, University of California Press.

Williams, L. (2004). Porn studies. Durham, Duke University Press.

<取材・文/小高麻衣子>

【小高麻衣子】

ロンドン大学東洋アフリカ研究学院人類学・社会学PhD在籍。ジェンダー・メディアという視点からポルノ・スタディーズを推進し、女性の性のあり方について考える若手研究者。

関連記事(外部サイト)