社長の出身大学、日大が9年連続1位。国立大で初のトップ10入りしたのは?

社長の出身大学、日大が9年連続1位。国立大で初のトップ10入りしたのは?

社長の出身大学、日大が9年連続1位。国立大で初のトップ10入りしたのは?の画像

 東京商工リサーチは10月下旬、社長の出身大学に関する調査の結果を発表した。同社の企業データベース約379万社の代表者データから、出身大学を集計した。

 社長の出身大学トップは、日本大学が2万1581人で9年連続トップだった。日大は、学部・通信教育部で計7万4617人(2019年5月1日時点)の学生を抱えるマンモス大学。卒業生は、およそ118万人に上っているという。学生の数が多いため、社長になる人も多くなるようだ。

◆東京大学が国立大で初めてトップ10入り

 2位は慶應義塾大学の1万650人、3位は早稲田大学の1万441人だった。以下、明治大学(8525人)、中央大学(7807人)、法政大学(6296人)と続く。上位6校はいずれも首都圏の私立大学だった。

 関西からは7位に近畿大学(5893人)、9位に同志社大学(4967人)がランクインした。国立大学で最も順位が高かったのは、10位の東京大学(3953人)だった。東京商工リサーチによると、「国公立大学がトップ10に入ったのは、調査を開始以来、東京大学が初めて」だという。

 関東・関西以外の大学では、福岡大学が3185人で16位、愛知学院大学が2654人で18位だった。

◆東日本は日大出身者が覇権

 企業所在地別に社長の最多出身大学を調べた。北海道では北海道大学出身者の社長が最も多く、宮城県では東北学院大学出身の社長が多かった。

 しかしそれ以外の東日本の都府県では、軒並み日大出身者が最多だった。東京商工リサーチは、日大がマンモス大学であるだけでなく、「全国各地の付属校・系列校から地方の企業経営者の子息、子女が大学へ進学し、卒業後に事業を継承」していると指摘する。

 日大は、都内に第一高等学校・中学校などを擁するだけでなく、栃木県や茨城県、長野県、長崎県、宮崎県などにも付属高校・中学校を持っている。地方から日大に進学し、卒業後にUターンして社長になる人が多いようだ。

◆西日本では地元の国立大が強い傾向

 一方、西日本では、地元の国立大学出身者が社長になることが多いようだ。例えば、富山県では富山大、沖縄県では琉球大となっている(編集部より:「福岡県では福岡大」とありましたが福岡大は私立大学です。お詫びして訂正します2019/11/13 15:20)。特に中国地方の5県では全て地元の国立大学(広島大、鳥取大、島根大、岡山大、山口大)がトップになった。

 東日本とは異なり、西日本では、香川県・高知県・宮崎県の3県でしか、日大がトップになっていない。

◆増収・増益は医科歯科系が強い傾向

 企業の増収・増益達成率についても調べた。増収を達成している企業の社長の出身大学は、東京大が55.72%でトップだった。2位は一橋大学(54.72%)、3位は大阪大学(53.71%)だった。

 増益については、神奈川歯科大学(54.62%)が1位、東京医科大学(52.12%)が2位と医科歯科系の大学がランキング上位になった。3位は筑波大学(51.99%)だった。

 また増収・増益では、1位九州歯科大学(39.44%)、2位千葉工業大学(37.86%)、3位東京歯科大学(37.5%)、4位神奈川歯科大学(37.29%)だった。医科歯科系の大学出身者が社長になるような業種の企業は利益を得やすいのだろうか。

<文/HBO編集部>

関連記事(外部サイト)