館山、長野、茨城の次はいわきの被災地支援に飛んだタカ大丸。ボランティア減少の解決策を考える

館山、長野、茨城の次はいわきの被災地支援に飛んだタカ大丸。ボランティア減少の解決策を考える

軽トラはボランティアでも大活躍

◆台風19号、福島の被災地の危機

 10月31日夜に帰京し、翌11月1日の日中に諸々の仕事を片付けた筆者は、夕方に福島・いわきを目指した。常磐線に乗り、水戸で乗り換えるだけなので単純そのものである。以前館山の支援活動で参加した「つながり」がいわきに拠点を作っているとのことで、再参加することにした。

 現在被災地で次のような問題が発生している。10月31日「河北新報」から引用しよう。

「ボランティア集まらない 福島の被災地が悲鳴」

”台風19号で甚大な浸水被害を受けた福島県内の被災地が、ボランティアの確保に苦労している。被害が東日本の広域に広がり、福島に来るボランティアがそもそも少ないからだ。マンパワー不足は深刻で、被災者の生活再建を阻む要因にもなっている。

 (中略)

 なぜ、ボランティア確保が難航しているのか。両社協の担当者が理由に挙げるのが報道量の差。

 県内は氾濫した阿武隈川流域の被害を伝える報道が多く、両市町のように阿武隈川から離れた地域は報じられる機会が少ない。被害実態が伝わらず、訪れるボランティアが少ないという見方だ。(以下略・太字引用者)”

 同記事に出てくる「社協」とは、各自治体でボランティアを取りまとめている「社会福祉協議会」の略である。この「報道量の差」を少しでも埋めようと筆者も孤軍奮闘しているわけだが、筆者に言わせれば問題はまた別のところにある。筆者なりに「ボランティア」を少しでも多く集める方法を考えてみた。

◆行政が宿泊や入浴の拠点などを準備できればベター

 筆者が参加したボランティア団体の活動で特筆すべき点が一つある。それは、「被災地で拠点を作ったら、必ずボランティアのために無料の宿泊・食事・温泉または銭湯を提供すること」である。館山の場合は帰りの交通費も無料になっていたし、今回のいわきは交通費だけで参加できたということだ。

 考えてもみてほしい。筆者のようにフリーランスで平日でも都合がつき、現地に入って活動し、帰ってきて記事を書けば多少原稿料がもらえるというのは非常に限られた事例で、一般の勤め人には全く参考にならない。本来、休日を潰した上に交通・宿泊・食費・諸々の装備を自前で揃えなければならないということだ。これでは足が遠のくのも無理はない。

◆作業後に風呂があるだけでだいぶ違う

 非常事態でもあるため、謝礼金を払えとまでは言わないが、行政はせめて泊りがけの人には簡易宿泊所みたいなところがあるとか、帰りの交通費は無料になるパスを提供するとか、市内・町内のスーパー銭湯の入湯料を無料にするとかはあってもいいのではないか。それなら一人数百円程度のものだし、あとで自治体の予算で払えばいいだけの話である。

 いわきの前に筆者がボランティに参加した長野市の例で言うと、ボランティアのゼッケンがあれば、長野市内のラーメン店等で割引が受けられるという話だった。率直に言って、筆者が一番ほしかったのは「無料入浴券」だった。泥と汗にまみれ一日作業したのだからそれくらい求めてもバチは当たるまい。

 もう一つ言うと、片道2000円を切る東京・長野間のバスだが筆者が乗った日は四十数人乗りの車両に五人しか乗っていなかった。このスペースを活用しない手はない。ボランティア参加者については行き500円、帰りは無料とすれば現在職にあぶれて時間だけは余っている人も参加しやすかろう。この方法であれば「新規顧客獲得費用」は3000円程度である。ハローワークで「片道500円券」を発売してはどうか。

◆ボランティアと婚活!?

 もっといい人集めの方法がある。「婚活ボランティアツアー」だ。

 多くの場合、婚活パーティに出席するときは誰もがヒールを履き化粧するだろう。しかし、ヒールは必ず脱ぎ、厚化粧もいつか絶対にはげるのである。それだったら最初からお互いに作業着と長靴で泥まみれになったほうが手っ取り早く相手の本質を見抜けるのではないか。朝六時に集合し、九時前後に現地入りし、三時か四時くらいまで作業して、二時間くらいスーパー銭湯で休憩して、東京に戻ってくるのは夜九時か十時である。共有する時間も長いから、話す機会も多かろう。筆者に言わせれば、婚活とボランティアは非常に相性がいいのである。この方法であれば、男女20人ずつ、総計40人は簡単に集まるだろう。

 評価基準も単なる収入とか地位だけでなく、たとえば「この男は非力だけど被災者を慰める声のかけ方がいい」とか、「あの男は収入も学歴も全然大したことないけど、腕力と生存能力だけはありそう」とかになりそうではないか。被災地でユンボを見事に操れれば、アイン・ランドの名作「水源」の主人公ハワード・ローク以上に輝けることは間違いない。少々口下手でも、作業中は無口でいいのだから問題ない。

 もし結婚相談所を運営されている方で、「被災地ボランティアのやり方がわからない」というなら、ぜひ当媒体までご連絡いただきたい。筆者からいつでもボランティア団体主宰者を紹介する。通常のパーティより成婚率が高くなることだけは間違いない。

 そんなことを考えているうちに、いわき駅に着いた。

 次回は、いわきにおける作業の様子を伝えていくこととしたい。

<取材・文/タカ大丸>

【タカ大丸】

 ジャーナリスト、TVリポーター、英語同時通訳・スペイン語通訳者。ニューヨーク州立大学ポツダム校とテル・アヴィヴ大学で政治学を専攻。’10年10月のチリ鉱山落盤事故作業員救出の際にはスペイン語通訳として民放各局から依頼が殺到。2015年3月発売の『ジョコビッチの生まれ変わる食事』は15万部を突破し、現在新装版が発売。最新の訳書に「ナダル・ノート すべては訓練次第」(東邦出版)。10月に初の単著『貧困脱出マニュアル』(飛鳥新社)を上梓。 雑誌「月刊VOICE」「プレジデント」などで執筆するほか、テレビ朝日「たけしのTVタックル」「たけしの超常現象Xファイル」TBS「水曜日のダウンタウン」などテレビ出演も多数。

関連記事(外部サイト)