無断キャンセル10回以上の多くが20代!?「とりあえず場所を確保するために予約」して店に現れず

無断キャンセル10回以上の多くが20代!?「とりあえず場所を確保するために予約」して店に現れず

無断キャンセル若者ほど多く

無断キャンセル10回以上の多くが20代!?「とりあえず場所を確保するために予約」して店に現れず

無断キャンセル10回以上の多くが20代!?「とりあえず場所を確保するために予約」して店に現れずの画像

 近年、飲食店の予約を無断でキャンセルすることが問題視されるようになってきた。昨年末には、Twitterである美容家が「モテる男は3軒予約して2軒キャンセルする」と発言したことで炎上し、大きな波紋を呼んだのも記憶に新しい。

 経済産業省が2018年11月1日に発表した「No show(飲食店における無断キャンセル)対策レポート」によれば、無断キャンセルによる年間損害額は約2000億円に上るという。

 果たして、予約する側はどのような心境により無断キャンセルをしてしまうのだろうか。

 飲食店向けの予約台帳システムを開発しているTableCheckは、11月22日に「飲食店の無断キャンセルに関する消費者意識調査」を発表した。調査は20〜60代の男女1112人を対象に行われた。

◆「天気が悪く外に出るのが億劫になった」という理由で無断キャンセルする人も

 まず、飲食店の無断キャンセルをしてしまう理由の第1位は、「とりあえず場所を確保するために予約(34.1%)」だった。

 次いで「人気店なのでとりあえず予約(32.5%)」と続き、飲食店へ足を運ぶかどうか不確定ながら、とりあえず予約している実態が浮き彫りになった。

 また、「予約したことをうっかり忘れた(30.2%)」という責任感の欠如や、「天気が悪く外に出るのが億劫になった(21.4%)」、「当日になって食べたいものが変わった(13.5%)」といった自分勝手さが目立つ回答も見られた。

 次に、無断キャンセル時に利用していた予約手段を見てみると、食べログホットペッパーなどの「グルメ予約サイト(50.8%)」が最も多い結果となった。

◆若年層ほど無断キャンセルの回数が多い

 また、年代別に無断キャンセルの回数を聞いたところ、「10回以上」と回答した20代の割合は71.4%となっており、他の年代と比べて著しく多い結果となっている。「6〜9回」でも30代が50%を占めた。若年層の方が無断キャンセルの回数が多いことがわかる。

 グルメサイトを使えばスマホで気軽に予約ができる反面、うっかり予約を忘れていたり、他の予定が入ったことですっぽかしたりと、予約に対するマナーが欠けている側面が垣間見えた。

 飲食店に対する迷惑を考えずに、簡単に無断キャンセルできてしまう状況を打破するためにも、デポジット制やキャンセル料金の請求などの対策が求められるのではないだろうか。

◆全体の予約手段はいまだに電話がトップ

 無断キャンセルをしたときの予約手段ではグルメサイトがトップだったが、キャンセルしなかった場合も含めた予約手段としては、電話が42.4%と最も多い。約1年半前の調査と比較すると、12.5%の減少が見られるものの、電話の方が直接店員とやり取りできるため、根強く支持されているのだろう。

 これが、ウェブ予約の場合はどうだろうか。確かにスマホを使えば、数回のタップや操作で予約を完了できる。ただ、飲食店からの予約可否の連絡を待つ「リクエスト予約」の場合だと、スマホで入力した時点では予約できない。

 また、筆者の経験談ではあるが、グルメサイトで空いている日付を入れて予約完了したはずなのに、数時間後に飲食店から電話がかかってきて、「あいにく団体貸切で予約不可」と言われたことがある。

 一度電話をすれば予約可否がすぐにわかることからも、電話予約した方がスムーズなのかもしれない。

◆7割超がキャンセル料支払いを妥当と回答

 飲食店の無断キャンセルについて調査を開始した2018年4月時点では、「キャンセル料支払いを妥当(1人1万円以上の高級レストランの場合)」と回答した割合は61.1%だった。

 今回改めて調査した結果によれば、11.4ポイント増加して72.5%に達することがわかった。また、高級レストラン以外のカジュアルなお店や居酒屋の場合でも59.0%に上る結果となった。

 これは、無断キャンセル被害に遭う飲食店の実態がTVや新聞、Web媒体などで大きく報じられ、SNSによって広く拡散したことで「飲食店の無断キャンセルは社会倫理に反する行為」という認識が高まったと言える。

 飲食店の無断キャンセルを未然に防ごうと、グルメ予約サイトではキャンセルポリシーの表示が実装され、予約者に注意を促すようになってきている。また、弁護士が予約の無断キャンセル料を回収するサービス「ノーキャンドットコム」、キャンセルによって発生した食品ロスを削減するフードシェアリングサービス「Reduce Go」や「TABETE」など、無断キャンセルから派生したサービスも生まれている。

 飲食店にとって無断キャンセルは痛手だが、万が一起きてしまった場合の保険も、このようなサービスが普及すれば賄えるのではないだろうか。

 無論、予約者のマナーや責任が問われることには相違ないので、一人ひとりの自覚が大切になってくるだろう。

<文/古田島大介>

【古田島大介】

1986年生まれ。立教大卒。ビジネス、旅行、イベント、カルチャーなど興味関心の湧く分野を中心に執筆活動を行う。社会のA面B面、メジャーからアンダーまで足を運び、現場で知ることを大切にしている。

関連記事(外部サイト)