寒さが本格化する福島県いわき市の台風19号被災地で、タカ大丸が痛感した「水害」被災からの復旧の厄介さ

寒さが本格化する福島県いわき市の台風19号被災地で、タカ大丸が痛感した「水害」被災からの復旧の厄介さ

冷蔵庫の中にも水は溜まっている

 千葉の台風被害以来、ボランティア活動に精力的に参加しているタカ大丸氏。館山、長野、茨城に続き、厳しい冬を迎えることになる福島県はいわきの被災地に向かうことになり、前回はその道中に考えた「ボランティアがもっと集まるようになるための案」を寄稿してくれた。

 今回はいよいよ、いわきでのボランティア活動が始まる。

◆山間部での被災は廃棄物集積所にも難儀する

 11月2日、八時過ぎに駅前の宿所を出たボランティア団体「つながり」一同は、車で十分程度の拠点「エステーサトー商会」に移動する。諸々の機材を置き、朝礼・終礼などもここで行う。ここで筆者は三人一組のチームに加わり、民家の家財道具の片づけを担当することとなった。

 現場は拠点からさらに車で十分ほど離れた場所にある。家の外に廃棄処分のものが山積みされているが、これを集積所に持っていくわけだ。分別はまだ終わっていない。

 するとどうなるか。我々三人が集めてトラックに載せて集積所に行くわけだが、問題はこの集積所も家から車で15分かかるということだ。つまり、少なくとも往復の30分、実際には廃棄作業の時間も入れると約40分から50分、ここが手つかずになってしまい作業に無駄なロスが出てしまうのだ。そこで我々三人は話し合い、一度集積を終えて移動する最中に本部に電話を入れ、追加の人員を送ってもらうことになった。

 いわきは駅がある市街地を少し外れると、一気に山間となる。今回の被害が出たのがまさにその辺りなわけだが、したがって平地そのものが少なく廃棄物集積所にできる広場の候補地が非常に限られてしまうということだ。同じ町内会の自治会館前駐車場を集積場にできた館山とはそこが決定的に違う。トルストイが言う通り、「それぞれの地域にはそれぞれの苦悩がある」ということだ。よって、山の中にある「小川市民運動場」を使っている。普段ならソフトボール二面、軟式野球一面とれる広さがあるグラウンドである。

 これだけ集積所が限られているため、いざ到着すると何台ものトラックが並び渋滞している。そこで形式上とはいえ書類に記入して、やっと廃棄ができるようになる。

 広場全体に、それぞれ分別されて山になっているが、もはや高さは三階建てアパート分に達するのではないか。到底人手で積める量ではない。ユンボがなければどうにもならない。

 長野もそうだった。かのリンゴ農園でコンテナ出しを行い、帰る途中に公園があるのだが、そこが廃棄物の集積場となっていた。普段なら、野球とまではいかないがソフトボールの試合くらいは十分できるスペースがあり、その上で遊具が並んでいるのだが、それが全部「ゴミ」で埋まってしまっている。どこの被災地でもそうだが、電力が戻りブルーシートを敷いて濡れた家財一式を処分しただけでは「復興」とはいえない。おそらく、こういう運動場でソフトボールの試合が再びできるようになるときが本当の「復興」なのである。

◆泥水に浸った家財道具の厄介さ 

 再び家に戻ると、新たな人が来てくれていて分別が進んでいた。集積所で分別しなければならないので、元々選り分けておくことは重要なのだ。作業効率は飛躍的に高まった。

 新たにトラックへ積み荷を載せていくわけだが、ここで一番障壁となるのが「泥水」である。台風が過ぎて約二週間だが、現地住民の方々としてはダメになった家財を外に出すのが精いっぱいで、その後も雨が降った。ということはそれぞれの泥水に加えて雨水が混ざり、悪臭と重みを加えている。したがって、毎回たまっている泥水を出してからトラックに載せないと、トラックに無駄な重みが加わる上、載せられる荷物自体が減ってしまう。

◆新築の家までもが水浸しになっていた

 この近くには川の堤防があり、住宅がその堤防より低く建てられている。確かに今の目で見れば危ないが、19号以前はそんなことは考えたことすらなかったに違いない。一年前、手賀沼の目の前に家を買ってしまった筆者と同じだ。

 近くの家を見ると、ウッドデッキの土台が壊され、水圧で家屋に押し付けられた家があったり、明らかに新築間もないのにすでに床上浸水してしまった家もある。表札がついていない新築の家は、まだ発売中か引き渡し前のどちらかではないか。発売中だとすれば、今回水害のおそれがあることがわかってしまい、買い手を見つけるのは著しく難しくなり、価格も暴落したに違いない。そしておそらくは、この値段は今後十年かそれ以上は戻らない。不動産の価格暴落も、水害の一つである。

 昼食休憩で一度拠点に戻るが、すでにランチが用意されていた。カップヌードル、おにぎりやチョコレートなどだが、これらは全て全国の支援者から送られてきたものでまかなっている。実際に、筆者が拠点にいる間も続々と全国からの宅急便の積み下ろしが行われていた。この組織力の強さは「つながり」の大きな特徴である。

◆「濡れた畳」ほど手強いものはない

 午後に入ってからも積載・移動・廃棄のサイクルを三度繰り返し、この日の作業は終了となった。最後にトラックへ積み込んだものが一番厄介なもの・濡れた畳である。

 先述したように、泥水がたまった家財道具は非常に面倒くさいのだが、冷蔵庫に入った泥水は傾けて外に流せばよい。同じく泥水を吸い込んだ衣服があるならば、絞れば軽くなって小さくなる。本棚や食器棚も重ければバール等を使って板をはがし、分解すればよい。 

 こういった「小細工」が一切通用しないのが泥水とカビが揃う畳なのである。

 倒しても出てくる水などほとんどなく、分解することもできず、当然絞ることもできない。現場で切り刻むわけにもいかず、はがしたり分解したりできる場所もない。どこの現場に行っても、畳処分の時には一同例外なく表情が曇る。それくらい、面倒な代物なのだ。

 トラックに載せるだけでも面倒だが、集積場でトラックから降ろすのがまた一苦労なのである。いくつもの現場に行った筆者だが、畳だけは何度やっても気が重くなる。だが今回は、「畳セクション」で待ち構えていたユンボが巧みにトラックの荷台から畳を地面に叩き落とし、しかも今まであった廃棄畳の上に積み重ねてくれた。被災地で一番輝いて見えるのは、間違いなくユンボの使い手である。

 その後再び拠点に戻り、終礼を行う。「つながり」本部には、必ずホワイトボードが一枚あり、そこに進捗状況が書かれている。たとえば、「本日ボランティア25名、延べ人数351人」「総ニーズ 53件・完了 37件 残り16件」といった感じである。

 ここで忘れてはならないのは、この「総ニーズ」とは断じて「現地で支援が必要なすべての家の数」ではないということだ。あくまでも「“つながり”スタッフが聞き取り調査をして、依頼があり、かつ期間中に引き受けられそうな件数」だけであるということだ。

 先ほどの家での作業がまだ完全に終わったわけではなかったので、我々はもう一度行くつもりだったのだが、次の日は団体一同全員でネギ農家に行くとのことだった。ということで、次回はネギ栽培農家の話である。  

<取材・文/タカ大丸>

【タカ大丸】

 ジャーナリスト、TVリポーター、英語同時通訳・スペイン語通訳者。ニューヨーク州立大学ポツダム校とテル・アヴィヴ大学で政治学を専攻。’10年10月のチリ鉱山落盤事故作業員救出の際にはスペイン語通訳として民放各局から依頼が殺到。2015年3月発売の『ジョコビッチの生まれ変わる食事』は15万部を突破し、現在新装版が発売。最新の訳書に「ナダル・ノート すべては訓練次第」(東邦出版)。10月に初の単著『貧困脱出マニュアル』(飛鳥新社)を上梓。 雑誌「月刊VOICE」「プレジデント」などで執筆するほか、テレビ朝日「たけしのTVタックル」「たけしの超常現象Xファイル」TBS「水曜日のダウンタウン」などテレビ出演も多数。

関連記事(外部サイト)