産後女性の約2割が「性欲が全くなくなった」と回答。夫婦仲を良くするにはどうすればいい?

産後女性の約2割が「性欲が全くなくなった」と回答。夫婦仲を良くするにはどうすればいい?

産後女性の約2割が「性欲が全くなくなった」と回答。夫婦仲を良くするにはどうすればいい?の画像

 TENGAは11月中旬、「産後性生活に関する意識調査」の結果を発表した。調査は今年9月20日〜24日に実施。第一子出産後1〜5年の夫婦を対象とし、20代〜40代の男女各100人、合計600人から回答を得た。

 子どもが生まれた後は育児に追われたり、生活環境に変化があったりして、産前のようにセックスができないケースがある。産後夫婦の「性生活」の実態について調査した。

◆産後女性の5人に1人「性欲が全くなくなった」

 「産前・産後の性生活全体の満足度」を聞くと、産前は「満足」(「満足」と「やや満足」の合計)と答えた人が77.2%、「不満」(「不満」と「やや不満」の合計)は22.8%だった。

 一方で産後は、「満足」(同、57.5%)と答えた人が減り、「不満」(同42.5%)に感じる人が増える。産前と比べると約2倍に上る。

「出産の前から後にかけて、自身の性欲に何らかの変化はあったか」を男女別に質問したところ、「減った」の回答率は女性が70.3%、男性は36.6%。また「減った」のうち、「性欲が全くなくなった」と答えた人の割合は、女性が19.3%に対して男性は6.3%と、性差が見られた。

◆セックス再開は「6ヵ月〜1年」が最多。「子育てで忙しく、時間がとれない」

 調査対象のうち女性300人に対して「産後にセックス、マスターベーションを再開した時期」を聞いた。

 セックスについては、「6ヵ月〜1年未満」(20.7%)で再開する人が最も多く、「1年以上」(16.8%)が続く。産後の傷が癒え、子育てに慣れ始めてゆとりができたころに始める人が多いと考えられる。「まだ再開していない」と答えた女性も22.3%いた。

 マスターベーションについては、「まだ再開していない、したことがない」(45.0%)が最も多く、2番目に多かったの「6ヵ月〜1年未満」(15.7%)を大きく引き離している。

 調査には、セックスとマスターベーションを再開した時期と理由についてフリーコメントが寄せられている。

「セックスは子どもに付きっ切りで忙しくて時間が取れず、2人目の妊活とともに再開。マスターベーションはストレス発散になった」(20代女性 セックス:産後1年以上、マスターベーション:産後3〜4ヵ月未満)

「セックスは第2子を考え始めたから。マスターベーションは産後の痛みが癒えたため再開」(30代女性 セックス:産後1年以上、マスターベーション :産後2〜3ヵ月未満)

「両方とも授乳が終わったから」(40代女性 セックス:産後2年以上、マスターベーション:2年以上)

◆キスやハグをするだけで、夫婦仲はキープできる

 子育て中は、産前のようにセックスができないもの。セックスレスは夫婦仲の悪化に影響するが、工夫によって親密な関係を保てる。

 「性的行為を伴わないスキンシップ(キス・ハグ・添い寝など)は、普段の生活からどのくらい行なっているか」を聞くと、「常に行なっている」(16.7%)、「よく行なっている」(20.2%)、「たまに行なっている」(21.3%)と合わせて58.2%の人が「行なっている」と答えている。

 回答者からは、

「お互い照れ屋なので表立ったスキンシップが苦手ですが、いってらっしゃいのキスを最初から慣例行事にしたことで、スキンシップ不足を補う事ができています」(30代女性)

「愛情を常に感じられるしセックスが出来なくても精神的には満足」(40代女性)

「毎日バタバタな生活だけど、パートナーとスキンシップを取ることで信頼関係が出来てる」(30代男性)

「セックスが無くても、相手の気持ちが離れていないと感じられるので安心感がある」(30代男性)

といった声が寄せられている。日常的にパートナーの体に触れるだけでも、お互いの愛情を感じられるようだ。

◆産後の大変な時期だからこそ、お互いを思いやる

 産婦人科医の高橋玲奈医師は調査を実施したTENGAの取材に対し、産後の女性の性欲がなぜ減退するのか理由を説明。女性の性欲はエストロゲンという女性ホルモンの影響を受けるが、産後は同ホルモンが激減する。そのため性欲が減退しやすい状況にあるという。

 産後の性生活を豊かにするには、どうすればよいのだろうか。高橋医師は「産後1ヵ月の妊婦健診の時点で特に問題がなければ『性交渉して大丈夫』とお伝えしています」と話す。

さらに、

「ただし傷の回復速度や痛みの感じ方には個人差があり、無理は禁物です。とは言え、あまり長く期間が空いてしまうと今度は『お互い照れくさくて言い出しづらい』と悩んでしまう可能性も。

 一番良いのは、性交渉が難しい時もコミュニケーションを取ることです。セックスと言っても、結局はコミュニケーションの一つ。会話はもちろんキス・ハグといったスキンシップを積極的に行い、穏やかにムードを保てると良いですね」

とアドバイスした。

<文/薗部雄一>

【薗部雄一】

1歳の男の子を持つパパライター。妻の産後うつをきっかけに働き方を見直し、子育てや働き方をテーマにした記事を多数書いている。

関連記事(外部サイト)