山口敬之氏はニューヨークタイムズ記者の質問にどう答えたか?<信号無視話法分析>

山口敬之氏はニューヨークタイムズ記者の質問にどう答えたか?<信号無視話法分析>

日本外国特派員協会で会見をした山口敬之氏 EPA=時事

◆海外メディアから相次いだ厳しい質問

 2019年12月18日、元TBS記者・山口敬之氏から性暴力を受けたと訴えた伊藤詩織氏は民事裁判にて勝訴。一方、敗訴した山口氏は翌19日に日本外国特派員協会で開いた記者会見にて改めて身の潔白を主張した。この記者会見には多くの海外メディアが参加しており、「安倍政権に近い立場である山口敬之氏だからこそ逮捕状が取り下げられたのではないか、官邸が動いたのではないか」という主旨の厳しい質問が飛び交った。特にニューヨークタイムズ・リッチ素子氏は、過去に伊藤詩織氏に関する記事を書いたこともあり、事件当日の出来事から生じる疑問を率直に質問していた。

 そこで本記事では、これまで国会答弁を視覚化してきた「信号無視話法」の分析手法によって、この記者会見におけるニューヨークタイムズ・リッチ素子氏と山口氏の約17分間に及んだ全ての質疑を視覚化する。具体的には、信号機のように3色(青はOK、黄は注意、赤はダメ)で直感的に視覚化する。

✳?リッチ素子氏英語で質問したが、本記事では日本語通訳の内容を要約して記載する

✳?山口敬之氏は日本語で回答しており、本記事では発言のまま記載する。

 リッチ素子氏の質問に対する山口敬之氏の回答を集計した結果、下記の円グラフのようになった。

【色別集計・結果】

●山口敬之氏:赤信号67%、青信号24%、地の色8%

 赤信号(質問と無関係、論点のすり替え)が7割近くを占めている。いったいどのような質疑だったのか詳しく見ていきたい。

◆意識のない詩織さんから同意を得られたはずがない。

ニューヨークタイムズ・リッチ素子氏:「昨日の判示の判決を読むと、まず性的行為が行われた。そのとき、伊藤さんが酔っぱらって寝ていた。意識がなかったので同意を得られたはずがない。山口さんご自身が先ほどおっしゃったように、駅まで5分すら歩けない彼女と性的行為を行っていた時、山口さんは何を考えていましたか?

 また、求職中の伊藤さんに対して山口さんは立場が強く、もともとパワハラが発生しやすい状況だった。仕事が欲しい伊藤さんが意識がなく酔っぱらっている状況で、ホテルで性的行為を行うことはパワハラにつながると考えませんでしたか?」

 この質問に対する回答。

山口敬之氏:「えっと、モトコ・リッチさん、ご無沙汰しています。えーっと、インタビューさせていただいて、えー、「Japan's Secret Shame」*という記事を書いていただきました。あのー、私のポイント、」

〈*「そのタイトルはBBC」と別の記者から指摘あり〉

山口敬之氏:

「違いました。彼女のタイトル、違いました。えーと、彼女のインタビューにお答えしたんですが、えー、かなり、えー、偏向した記事が出たことについて、非常に残念に思ってます。(赤信号)」

 山口氏は質問者が過去に書いた記事が偏向しているという、質問と全く関係ない抗議を述べているだけであり、赤信号と判定した。また、その場で指摘されている通り、リッチ素子氏が書いた記事のタイトルを間違えて述べている。リッチ素子氏がニューヨークタイムズに掲載した記事は「She Broke Japan’s Silence on Rape」。山口氏が述べた「Japan’s Secret Shame」はBBCが放送した番組のタイトル。

◆なぜ酩酊状態の詩織さんをホテルに連れて行き、性行為を行ったのか?

 先ほど全く質問に答えなかった山口敬之氏が質問の意図を聞き返したため、リッチ素子氏は改めて詳しく質問する。その要約は以下の通り。

ニューヨークタイムズ・リッチ素子氏:「伊藤さんが酩酊していたならば、なぜホテルにお連れしたんですか? なぜ酩酊状態の彼女と性的行為を行ったんですか?

 もし5分かけて駅まで歩けそうもなかったら、どうして一緒に歩かなかったんですか? どうしてタクシードライバーにお金を渡して、駅まで送ってもらわなかったんですか? 酩酊状態の彼女をホテルに連れて性的行為を行うことがパワハラになる考えませんでしたか?

 もし2年前の私の記事が誤っているならば、なぜその時点で訂正を要求しなかったのですか?」

 リッチ素子氏の質問は大きく分けて3点。

@なぜ酩酊状態の伊藤詩織氏をホテルに連れて行き、性行為に及んだのか。(タクシーに関する不可解な点も含む)

A求職中でしかも酩酊状態の伊藤詩織氏と性行為を行うことはパワハラになると考えなかったのか

B2年前の記事が誤っているなら、なぜその時点で訂正を要求しなかったのか

 この質問に対して山口敬之氏は質問@に関連して酩酊状態の伊藤詩織氏について回答を始める。

山口敬之氏:「たくさん、同時に質問をいただきましてありがとうございます。まず、意識のある、なしの質問ですが、これは、そのー、事件の本質部分に関わるので丁寧にお答えさせていただきます。えーと、おー、恵比寿の寿司店でお酒を6合ほど召し上がった。これについては先ほど申し上げたように、その寿司店の証言に基づいた酒量です。

 それで、伊藤さんは非常に酔っぱらってしまいました。これは昨日の、おー、判決文の中でも強い酩酊状態にあったと判定されています。で、えーとー、最寄りの駅まで歩いて5〜6分。そこを、おー、歩いていけるような状態ではありませんでした。これは、えーと、その後でホテルの防犯カメラに写っている彼女の歩き方を見ていただければ、千鳥足というにはかなり酔っぱらっておられます。で、えー、私はその肘を持って支えていましたが、時々こう体がかしぐような状態で、5分歩くのは非常に難しいと、少なくとも私は判断しました。(赤信号)」

 この2段落はともに論点のすり替えが行われており、赤信号と判定した。

◆1段落目

【質問】酩酊状態の伊藤さんをホテルに連れて行き、性行為をした理由

↓ 論点のすり替え

【回答】酩酊するまでの伊藤さんの飲酒量

◆2段落目

【質問】酩酊状態の伊藤さんをホテルに連れて行き、性行為をした理由

↓ 論点のすり替え

【回答】伊藤さんが5分歩くのは難しいと判断した理由

◆「ホテルへ連れて行った理由」も論点すり替え

 続いて山口敬之氏はタクシーでホテルに連れて行ったことについて回答する。

山口敬之氏:「次に、タクシーに乗せたのがグッドアイデアかどうかという、まあ、幾つかの、複数のご提案をいただいたと思うのですが。あのー、グッドアイデアか、バッドアイデアかと言われたら、こういうことを起こしてしまった以上、私は非常に悪い選択だったんだろうなと今は、あー、非常に反省しています。そのー、リッチさんはそれを幾つかこうしたほうがいいんじゃないかと、まとめて、まあ、当時の選択が、あのー、いいアイデア、まあ、そのー、向かう全てにおいて、それがベストだったかと言われたら、それは私は思わないという意味。(青信号)

 それから意識の、おー、非常に、酩酊状態にある、あのー、非常に酔っぱらっている状態の方と性行為を行ったことについてどう思うかというご質問ですが。えーとー、伊藤さんは非常に酔っていました、確かに。それで自力で家に帰れないと判断して、えー、私が泊まっていたホテルに来ていただきました。(赤信号)

 で、このことがいいアイデアかどうかといったら、いいアイデアではなかったと今は反省しています。(青信号)」

 1段落目は「伊藤さんをタクシーに乗せたことについての見解」、3段落目は「ホテルに連れて行ったことについての見解」を述べており、青信号と判定した。ただし、1段落目終盤は不要な言葉を意味する灰色(記事本文では地の色)が極端に多くなり、山口敬之氏が何を言いたいのかよく分からない。

 また、2段落目はまたも論点をすり替えている。

【質問】酩酊状態の伊藤さんをホテルに連れて行き、性行為をした理由

↓ 論点のすり替え

【回答】伊藤さんが自力で帰れないと判断した経緯

◆「詩織さんは泥酔状態ではなかった」と主張

 さらに山口敬之氏はホテルに到着した後の伊藤詩織氏について話し始める。

山口敬之氏:「で、えーと、私の部屋に連れていったら、伊藤さんは部屋に入るなり、えー、部屋でまず嘔吐をしました。その後トイレに駆け込んで、えー、そこでも吐きました。それで、そのー、嘔吐したものが彼女のブラウスを汚しました。で、えー、そのあと、そのブラウスは、えー、洗って干しました、私が。それが、あー、昨日の裁判の中で、そのブラウスが濡れている理由についての言及がありましたが、それは伊藤さんが吐いたからです。そして伊藤さんはそのあと私のベッドで、えー、おそらく2時間ぐらいお休みに、睡眠を取りました。そのあと2時間後、おそらく午前2時ぐらいに伊藤さんはトイレに立ちました。そして、戻ってきて、ミニバーのペットボトルをご自分でお出しになって、それを自分の手で栓を開けてお飲みになりました。その状態、その段階では伊藤さんは普通に喋っていて、普通に歩いていて、まったく酔った様子はありませんでした。(赤信号)

 ですからリッチ素子さんのご質問にお答えするとすれば、泥酔している状態の伊藤さんと性行為が行われたわけではないので、その質問自体が、あのー、間違っている。(青信号)

 で、意識を回復されてミネラルウオーターを飲んだ後、伊藤さんは自分が室内の複数の箇所で吐いたことについて、私に謝罪しました。これからあとに起きたことは裁判の資料をぜひ読んでください。私の証言があります。(赤信号)

 ただ、私が言っているだけではなくて、私が泊まっていたホテルは比較的高級というか、高いホテルでミニバーの水も入っているものも、ご存じのとおり値段が高いんですね。その、おー、要するに私はそこに4日間泊まったんですが、その間でそのミニバーから消費されたのは伊藤さんが飲んだミネラルウオーター1本だけです。その領収書を私は証拠書類として裁判所に提出しています。(赤信号)」

 この4つの段落のうち、実に3つの段落で論点のすり替えが行われており、赤信号と判定した。

◆1段落目

【質問】酩酊状態の伊藤さんと性行為をした理由

↓ 論点のすり替え

【回答】酩酊状態の伊藤さんのホテルでの行動

◆3段落目

【質問】酩酊状態の伊藤さんと性行為をした理由

↓ 論点のすり替え

【回答】意識回復後の伊藤さんのホテルでの行動

◆4段落目

【質問】酩酊状態の伊藤さんと性行為をした理由

↓ 論点のすり替え

【回答】宿泊ホテルの価格帯、ミニバーの消費内容

 特に4段落目は「私が泊まっていたホテルは比較的高級」、「ミニバーから消費されたのは伊藤さんが飲んだミネラルウォーター1本だけ」など、質問とかなりかけ離れた内容を回答している。

 また、2段落目は「酩酊状態の伊藤さんと性行為したことへの見解」を述べているため、青信号としたが、その見解とは「泥酔している状態の伊藤さんと性行為したわけではないので、質問自体が間違っている」という抗議に近い内容であった。

◆外国メディアに「措置」をちらつかせた山口氏

 最後に山口敬之氏は質問のA(求職中でしかも酩酊状態の伊藤詩織氏と性行為を行うことはパワハラになると考えなかったのか)やB(2年前の記事が誤っているなら、なぜその時点で訂正を要求しなかったのか)についても回答を始める。

山口敬之氏:「「それで、えーと、次に、これ3つ目の質問か、4つ目の質問か分かりませんが、パワーダイナミクスの話をお答えします。えーと、今、ご説明したとおり、えー、伊藤さんは自分が吐いたことを謝罪して、そのあとの流れは裁判資料を読んでいただくとして、そこに私が、えー、支局長であることによって、「仕事をあげるからセックスをさせろ」とか、そういうやりとりは一切ございません。それは、まあ、こういう話をね、伊藤さんがいらっしゃっている前で、あるいは、えー、こういう場で、カメラの前で詳細を話すことは、私は、あのー、あまり良いこととは思えませんので、裁判資料をぜひ読んでいただけたら何が起きたか、私の主張は分かっていただけると思いますが。えー、答えを言えば、私が自分の立場を利用して性行為に至ったということではまったく無いと主張させていただいております。(赤信号)

 で、4つ目の質問ですけども、えーと、おー、ニューヨーク・タイムズの、あの、あの、リッチ素子さんがお書きになったアーティクルについて不満がありました。ただ、あの、私の弁護士の指導により、今日までは、えー、あるいは昨日までは、法廷外で色々なアクションを起こすべきではないと指導されていました。ただ、もう判決が出ましたので、えー、その、リッチ素子さんの記事や他の、おー、報道についても私の名誉を毀損していると思ったものについては、今後、え、どのような措置を取るかは検討して発表いたします。それで質問をこれだけたくさん一遍にされますと答えるときに混乱を生じるので、1つずつ今後はお願いしたいです。(青信号)」

 1段落目は論点のすり替えが行われており、赤信号と判定した。

◆1段落目

【質問】就活中の伊藤さんをホテルに連れて行くことがパワハラに繋がると考えなかったか

↓ 論点のすり替え

【回答】性的関係を強要する発言の有無

 就活中の女性に対して山口氏は立場が強いことを指摘されているのに、「私が支局長であることによって、『仕事をあげるからセックスをさせろ』とか、そういうやりとりは一切ございません」という限定的な話にすり替えている。

 また、2段落目は「2年前のリッチ素子氏の記事に今日まで訂正を求めなかった理由」を述べているため、青信号とした。「リッチ素子さんの記事や他の報道についても私の名誉を毀損していると思ったものについては、今後、どのような措置を取るかは検討して発表いたします」とのことだが、ニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、タイムズ、CNN、BBCなどの海外メディアがこの事件の詳細を日本メディアよりも率直に報じている中、山口敬之氏が一体どのような措置を取るのか(もしくは取らないのか)興味深い。

<文・図版作成/犬飼淳>

【犬飼淳】

TwitterID/@jun21101016

いぬかいじゅん●サラリーマンとして勤務する傍ら、自身のnoteで政治に関するさまざまな論考を発表。党首討論での安倍首相の答弁を色付きでわかりやすく分析した「信号無視話法」などがSNSで話題に。最近は「赤黄青で国会ウォッチ」と題して、Youtube動画で国会答弁の視覚化に取り組む。

 犬飼淳氏の(note)では数多くの答弁を「信号無視話法」などを駆使して視覚化している。また、同様にYouTubeチャンネル(日本語版/英語版)でも国会答弁の視覚化を行い、全世界に向けて発信している

関連記事(外部サイト)