恐妻家やフェミニストなのに家庭ではモラ夫……が、専門家にすれば珍しくない理由<モラ夫バスターな日々41>

恐妻家やフェミニストなのに家庭ではモラ夫……が、専門家にすれば珍しくない理由<モラ夫バスターな日々41>

恐妻家やフェミニストなのに家庭ではモラ夫……が、専門家にすれば珍しくない理由<モラ夫バスターな日々41>の画像

◆弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<41>

 「妻と子が私の人生の全てです……」

 40代後半の男性は、私の事務所で大粒の涙を流して泣いた。依頼者(妻)の話では、夫はいつも威張り散らし、突然切れて怒鳴る、典型的なハード・モラ夫だが、私の目の前の男性は、小さく縮こまり目を真っ赤にして泣いていた。

 「『離婚する!出てけ!』と怒鳴りませんでしたか」と訊くと、「本気じゃなかった……」「そんなにズボラだと、本当に『離婚』になるよ、という戒めで言ったんです」

 と男性は述懐した。打ちひしがれた男性は、怒り狂うモラ夫とは、全く別の人物に見えた。

 モラ夫の中には、オシドリ夫婦を演じる者(19回、25回参照)や恐妻家を演じる者がいる。今、話題になっているジャガー横田さんの夫・木下博勝医師は、メディアでは恐妻家を演じてきたと報じられている(“パワハラ医師”木下博勝&ジャガー横田「お車代出せ!」夫婦そろってタカリ三昧、ジャガーは病院上層部をビンタ”|文春オンライン)。

 モラ離婚(モラ夫との離婚)を扱っていると日々、偽装オシドリ夫婦や偽装恐妻家に出会う。木下医師のような偽装恐妻家は、モラ離婚の現場では、特に珍しい存在ではない(25回参照)。

◆リベラリストが実はモラ夫であることは全く珍しくない

 そもそも成功し、ある程度の社会的地位に就いている男性にはモラ男が多い。モラ男になる原因は、幼児期に社会化する過程で男尊女卑、男女役割分担などのモラ文化が、基本的価値観、規範として、人格の基礎部分に組み込まれることにある(28回参照)。

 その後、学校教育で「男女平等」を学び、理性などの表層意識がリベラルまたはフェミニストになっても、基本的価値観が変わっていなければ、その本質はモラ男のままで、結婚して何らかのきっかけでモラスイッチが入りモラ夫になる(11回参照)。

 殊に、学業、試験に強く、社会的地位も得た「勝者」は、挫折など、自らの基本的価値観を見直すきっかけに出会わない。男女平等を信奉するリベラル・フェミニスト男性が、実はモラ男であったということは全く珍しくない。

 誤解を恐れずに言えば、「先生」と呼ばれる職業、すなわち、政治家、医師、弁護士、教師などには、モラ男が比較的多い印象が強い。文春の記事によれば、木下医師は、モラ男相手の感情労働に従事するキャバ嬢からも呆れられる程のモラ男だったようだ。

 しかし、文春の報道が真実で、木下医師がモラ男だとしても、その経歴をみるとごく自然ななりゆきだと思う。ついでに述べると、モラ男の標的にされやすい職業もあるように思う。看護師、保育士、秘書など良妻賢母や女性の優しさを連想させる職業は狙われやすい。

◆自身を恐妻家のように偽装するモラ夫もいる

 以上、世間に対しては、自分を弱い男、優しい男に偽装するのは、モラ夫によくある戦略である。木下医師の騒動で、「恐妻家の木下医師が実はモラ夫だった」と驚かれているようだが、実は全く驚くべきことではない。

 他方、亭主関白を全く隠さず、逆にそれが「男らしい」と思い込んでいるオラオラ系のモラ夫もいる。このタイプは、妻側弁護士から面談を申し入れても、応じることは少ない。家裁で初めて会うと、挨拶も返さず、裁判のあいだ、妻側弁護士を睨み続けたりする。このタイプは、妻にもガンを飛ばし、自らモラ夫であることを隠さない。

 法律相談では、モラハラの証拠を集める方法を聞かれることが多い。録音、日記、心療内科の診断書やカルテ、親族、友人に相談した各種通信記録、モラ夫とのLINEなどが証拠となり得る。

 しかし、恐妻家やオシドリ夫婦の偽装を見破るのは難しいことではない。もとが偽装なので、法廷尋問を工夫すれば法廷でその正体がバレる。そして、バレバレに気付いていないのは本人だけということも多い。

 

 オラオラ系であれば、法廷に入った時から、妻側弁護士にまで、ガンつけて威圧しようとする。モラ夫バスター4コマ漫画の「モ印」がおでこについているも同然である。偽装恐妻家も、煽てられれば、法廷で、自慢げに妻をディスり続け馬脚を露わす。

そして、離婚弁護士たちは言う。「モラハラの最大の証拠はモラ夫自身」と。

◆モラ夫は国を滅ぼす

 モラハラ、モラ夫の概念が定着し、モラハラに関する報道も増えてきた。私は、以前から、日本の男性の8割がモラ男と推測している。2019年、日本の男女平等の世界ランキングは、153ヶ国中121位であった(参考)。

 「女尊男卑」「男性差別」などと無反省、無自覚なモラ男が大量発生し、モラハラが蔓延る日本の現状は、ランキングにも現れている。

 ところで、韓国では、特殊合計出生率(女性1人が生涯に産む子どもの数)が0人台となった(参考)。

 儒教文化を基礎とする強烈な男尊女卑が結婚を不幸なものとし、出生率が下がっているのだ。これは、まさに、日本でも起きていることでもある。

 モラ文化を撲滅しないと、日本は滅びる。

<文/大貫憲介 漫画/榎本まみ>

【大貫憲介】

弁護士、東京第二弁護士会所属。92年、さつき法律事務所を設立。離婚、相続、ハーグ条約、入管/ビザ、外国人案件等などを主に扱う。著書に『入管実務マニュアル』(現代人文社)、『国際結婚マニュアルQ&A』(海風書房)、『アフガニスタンから来たモハメッド君のおはなし〜モハメッド君を助けよう〜』(つげ書房)。ツイッター(@SatsukiLaw)にてモラ夫の実態を公開中

関連記事(外部サイト)