未練タラタラ!「共通テスト・記述式」見送りに対する賛成派の「愚痴」に反論する<入試改革のあやまちを繰り返さないために1>

未練タラタラ!「共通テスト・記述式」見送りに対する賛成派の「愚痴」に反論する<入試改革のあやまちを繰り返さないために1>

未練タラタラ!「共通テスト・記述式」見送りに対する賛成派の「愚痴」に反論する<入試改革のあやまちを繰り返さないために1>の画像

◆今になって湧いて出てきた記述式への未練

 2019年12月17日に萩生田光一文部科学大臣の発表によると、2020年度から実施される共通テストにおける数学と国語の記述式試験が見送られることとなりました。萩生田大臣の言葉を借りると「まっさらな状態」から考え直すこととなるようなので、もう一度原点に立ち戻り、大学入試改革をオープンな形で議論されることが期待されます。

 数学と国語の記述式の導入が見送られたことで、当初予定されていた大学入試改革の目玉である「英語の民間試験の導入」「数学と国語の記述式の導入」が両方とも頓挫した形になりましたが、これらの案は現実的に厳しいことと議論の進め方に不備があったことがわかったことは文科省にとっては一つの財産になったと思います。

 さて、せっかく多くの専門家と高校生の声によって正常化の流れに近づいた入試改革ですが、今からでも元に戻す(それでも記述式を入れたい)流れもあるなど、今後も予断を許さない状況です。

 今回は、記述式への未練をしっかりと断ち切り、今後設計されるであろう入試改革について提言をしていきたいと思います。まずは、今になって湧いて出てきた記述式への未練がいかに間違っているのか説明していきましょう。

 共通テストの記述式の導入が白紙になったとたんに記述式導入の賛成者達がもう一度考え直すようにと、持論を展開する事態になりました。中には、記述式の設計者が「自分は悪くなかった」を主張するための無理なこじつけもあります。

 この記述式の設計者達の恨み節は、一般の方が考える素朴な疑問(「なぜ記述式でないの?」など)とは異なり、特殊な数値を使い、普通は知りえない情報を利用して説得を試みたりするのですが、それが中身がないことも含め解説しましょう。一般の方の素朴な疑問については、すでに過去の記事で説明してあります。

 今回は、「識者」「記述式の設計者」を名乗る方の意見に対する回答です。

◆記述式賛成論者が見落とす「論点」

◆意見1:マークシート試験は、「人から与えられた選択肢の中から、一つ一つ重箱の隅をつつくように間違いを探して、消去法で正解を選ぶ」という試験であるから、マークシート試験はよくない。

【回答】

 この意見を「マークシートはよくないから記述式に戻すべきだ」との主張と理解すると、その対象は数学と国語になります。私の専門は数学ですので、まず、数学の試験の現状を説明しましょう。

 センター試験の数学では、そのように消去法で正解を選ぶことができるものは全体の中のわずかであることを知ってください。ほとんどの問題は結果の数値を求めなければ正解に達することができない問題なのです。ただし、いくつかの問題については、数式の中に埋め込まれた解答欄の形から多少は答の予想がつくものがあります。また、センター試験の癖を知っておけば安直に解決できる問題がありますが、これはマークシートに起因するものではありません。

 次に、この指摘に対する回答ですが、そもそも記述式が見送られたのは、マークシート方式には欠点がないからではなく、記述式の採点が公平にされないであろうということが理由です。それは、50万人もの採点が正しくできるものかという点と、採点を請け負う「学力評価研究機構」が最近になって幽霊会社という話も持ち上がるなど不安を与えている点もあります。

 私も、11月20日の段階でこの会社の所在地とされる西新宿2丁目のビルに行きましたがビルの下の案内板には見当たりませんでした。登記はされているので、存在しないことはないのでしょうが、この会社について大学入試センターが野党の議員から質問をされると「企業秘密」を繰り返すことで、「そもそも存在しないのでは?」という印象を与えるなど、実態が不透明なので早い段階でその不安を払拭するようにしてもらいたいと願います。

◆意見1:四択問題だけに慣らされると誰かが作ってくれた仮説の中に必ず正解があると思い込む癖がつく。

【回答】

 考えすぎだと思います。一度、センター試験の問題をご覧になるとわかることですが、数学の試験ではそのようなものはごくわずかですので、「慣らされる」ということはありません。また、仮にそのような問題が多いとしても、国公立大学では、それ以外の問題が多くあります。センター試験と2次試験をあわせたものを試験と考えるとよいと思います。もちろん、センター試験だけで選抜する大学もありますが、そのような大学については、個別試験を実施するように促すのが直接的な解決でよい方法です。

◆意見2: 数学の力はマークシートより記述式でないと測れないではないか。記述式を反対した人達はマークシートでよいと思っているのだろうか。

【回答】

 まず、共通テストの記述式に反対していた人達は決して「マークシート方式が記述式よりも優れている」と思っていたわけではありません。繰り返しになりますが、記述式では、短い時間に正確に採点ができないから反対しているのです。今の採点態勢では、間違った答が正解になり、逆に正解が不正解になる可能性もあります。これは受検者の努力では補えない部分ですので問題になるのです。この問題点については過去の記事にまとめて記載してあります。

【採点の問題についてはこちらの記事を参照】大学入試共通テスト問題。「記述式」で生じる3つの大きな問題<短期連載:狙われた大学入試―大学入学共通テストの問題点―>

 もちろん、今後、現在指摘されている問題点が解消されたのであれば、共通テストに記述式を導入することの議論はあってもよいことです。

◆教育を良くするために「入試を変える」の本末転倒

◆意見3:教育をよくするためには、入試を変えなければならないのではないか。(だから、記述式を入れるべき)

【回答】

 入試によって教育を変えていくという考え方は、本来は本末転倒なのですが、これには文科省側の苦しさも理解できる部分はあります。

 数学に関する部分で一つ実例を紹介しましょう。高校数学の現行課程による入試は2015年春から始まりました。現行課程では、数学Aは、「場合の数と確率」「整数の性質」「図形の性質」の3項目からなり、この中の2項目を選び学習すると数学Aは履修したことになります。

 ところが、まず、東京大学が入試の出題範囲にこの3項目をすべて入れました。文科省は2項目でよいというのに対し、東京大学は3項目を要求し、その結果多くの大学も3項目を出題範囲に入れ、高校現場でも3項目を学習せざるを得なくなったのです。つまり、多くの高校現場が、東京大学の方に従ったのです。これでは文科省が面白くありません。似たようなことはそれ以前にもありましたが、つねに東京大学の方に軍配が上がるので、文科省あるいは制度を設計する側からすると「入試が変わってくれないと教育は変わらない」と思ってしまうのは理解できる部分はあります。

 しかし、そのように思うところがあったとしても、教育課程そのものをよくしていくことを考えずに、入試によって教育を変えていくという考え方は、制度設計側が言うことではありません。あくまでも学習指導要領を変え、それに沿った形で試験も変わるというのが正しい形ではないでしょうか。

 また、大学に進学しない高校生、入試を受けない高校生も多くいることも考えるべきです。

◆「センター入試」の問題点は記述式導入の是非とは無関係

◆意見4:今のセンター入試が子供達を伸ばす良問ですか?

【回答】

 センター試験の問題がすべて良問というわけではなく、まだまだ改良の余地があります。しかし、入試問題全体からすれば、よくできているほうで、数学の試験の場合は正しく考えなければ正答に達することができないようになっています。ごく一部(必要条件か十分条件かを選ぶ問題など)に、一か八かで正解してしまう問題もあります。

 また、ある問題が良問かどうかを判断するときは、その試験の役割を考えることも大切です。国公立の2次試験があることも踏まえて、良問かどうかを判断すべきなのです。「センター試験はテクニックがあれば点が取れる」という発言も多々見かけますが、そのようなものはどのような試験にも多少はあります。センター試験の後継の「共通テスト」の試行調査の問題が、あまりにも雑な問題になっていたことも共通テストへの不安を増幅する要因になっています。

◆意見5:記述式の採点は、「ブレる」と言われるから、ブレない問題にすると、今度は、「記述式の意味がない」と言われる。記述式反対者はどうすればいいと考えているのだろうか。

【回答】

 少なくともきちんとした採点ができるまでは記述式は見送るべきと考えています。

◆意見6:ブレない採点が本当に必要だろうか。国立大学の2次試験の採点ではブレないのだろうか。

【回答】

 国立大学の2次試験の採点が絶対にブレていないかということは保証できませんが、ブレないようにかなりの努力をしているのは事実です。その精度は模擬試験とは比べ物にはなりません。しかし、それ以上に忘れてはならないのは、国立大学の2次試験とは異なり、共通テストには「自己採点」をしなければならないというステップがあります。採点者がブレるような試験を受検者がどのくらいブレるかは説明が不要かと思います。

◆本質を見ていない、海外事例の一部だけを取り上げる批判

◆意見7:PISAの問題は、ジャレイドダイアモンドの文明崩壊から出題され、資料を読み込んだ上での記述式だったことを知っているのですか?

【回答】

 細かいところを指摘するようですが、「ジャレイドダイアモンドの文明崩壊」からの出題ではなく、その書物の書評とその対抗仮説について説明した記事からの引用です。

 また、この意見のようにPISAを持ち出す人も少なくないのですが、現在では、PISAを採点する業者がきちんと採点しているのかを問題視している人もいます。PISAの採点は国内の業者が請け負っていますが、それについても共通テストの記述式と同じ問題があるのではないという指摘もあります。

◆意見8:フランスの大学入試「バカロレア」は記述式オンリーで、大問が3つあって、4時間、書いて書いて書きまくる試験です。採点は、高校教師が行っています。彼らは「採点基準があるから大丈夫だ」としか答えない。しかもバカロレアでは、1つの答案を採点者一人で採点するんだそうです。

【回答】

 人を説得するときに、多くの人が知らない情報、持ちえない情報を持ち出して説得するのは、悪意のある人の常套手段です。この説明が、そういうことでなければよいと思います。

 まず、フランスの「バカロレア」について説明します。「バカロレア」には、これとは別の「国際バカロレア(IB)」がありますのでご注意ください。ここでは、フランスのバカロレアについて触れます。なお、バカロレアは日本で言えば大学入試全体に対応しますので、大学入試の「一部」である共通テストと比較することはそもそも適当ではありません。

 少し古い資料ですが、2009年の時点で大学は私立も含めて94校(うち国立は86%)、学生は140万人でうち学部生が88万人、学部進学率41%という記録があります。2015年のデータでも148万人が大学に在籍しているそうです。ただし、フランスではグランド・ゼコールという大学以外の高等教育機関があるそうです。こちらは選抜があり授業料もかかりますが、優秀な人材はこちらも選択肢となるようです。

 バカロレアは3種類(普通・技術・職業)あり、一週間かけて複数科目を受験します。普通バカロレアでも文学、経済社会、科学の部門に分かれており、部門によって科目が異なります。体育などで通常の高校での評価を利用したり、化学の実験など実技試験やフランス語の口述試験などが一部あるものの、ほぼ全科目が論述試験となっています。なお、バカロレアは、大学入学のための最終試験でもあるため、日本のセンター試験、共通テストよりもかなり高度な内容となっています。

 2019年は6月17日から始まり約74万人が受験しました。年齢制限はなく、最年少記録は11歳であることからもわかるように、日本の大学受検年齢までに何度でも受検ができます。今年の発表は7月5日でしたので、採点期間はおよそ2週間です。採点者は総勢17万5千人で、およそ400万枚の答案を採点します。この試験のために年度末の5月〜6月に受験生以外の授業に支障が出ている状況なので試験数を減らしたり、筆記試験の比重を低めるという改革が行われ2021年から実施される予定だそうです。

 バカロレアに合格すれば大学に入れるものの、大学に入学してからの進級などがとても厳しく留年や中退が頻発するため、進学率が高くならないのだそうです。また、どこでも自由に希望できるわけではなく、居住場所やその他の条件で優先順位があり希望者が定員を超過した場合は、優先順位が同じなら抽選により振り分けが行われるそうです。人気に応じた偏りが生じにくいのはこうしたシステムによるものと思われます。また、フランスでは大学名よりも取得した資格を重視する風潮があるそうで、それも一つの要因かもしれません。

 このような状況ですので、日本の大学受験においてこの制度の部分だけを真似をするのはいかがなものかということになります。このようにするのであれば、全体を変えていき、大学の序列がないようにすることが先決です。

 最後にもう一度、記述式が見送りになった理由と現在の問題点を確認しましょう。

?記述式導入が反対された主な原因は、50万人の答案を公平に採点されないことである。

?すべての数学と国語の試験に記述式が不要だと主張しているわけではない。

?今の大学入試センター試験(以下センター試験)がベストであると考えているわけではない。

※近日公開の続編では、「入試改革を失敗させた残念な人達」について述べます。

<文/清史弘>

【清史弘】

せいふみひろ●Twitter ID:@f_sei。数学教育研究所代表取締役・認定NPO法人数理の翼顧問・予備校講師・作曲家。小学校、中学校、高校、大学、塾、予備校で教壇に立った経験をもつ数学教育の研究者。著書は30冊以上に及ぶ受験参考書と数学小説「数学の幸せ物語(前編・後編)」(現代数学社) 、数学雑誌「数学の翼」(数学教育研究所) 等。 

関連記事(外部サイト)