一方通行な会話で部下の真意をスルー。ダメ上司に足りない「質問力」

一方通行な会話で部下の真意をスルー。ダメ上司に足りない「質問力」

photo via Pexels

 相手と話しをしていても、話がはずまない……こんな相談を受けることが多い。話がはずまない人は、同僚同士で話している場合、部下や後輩と話している場合、上司と話している場合のいずれの場合でも、話がはずまないということが多いようだ。

◆話がはずまないことには理由がある

 話しぶりを観察していると、話がはずまない人には明らかな共通項があることがわかった。それは、相手が話している時間よりも、自分が話している時間のほうが、圧倒的に長いということだ。

 このように申し上げると、自分が話している時間が長いということは、話がはずんでいるということではないかと思う人がいる。しかし、当の本人に聞いてみると、話がはずんでいないと感じている。

 つまり、自分が話し終えて、相手の意見を聞いても、相手から「別にありません」「わかりました」「ありがとうございました」というように、意見がもたらされず、話が終わってしまって、はずまないというのだ。

 しかし、それは、当たり前だ。自分が話している時間が圧倒的に長いということは、一方的な話はできていても、話のキャッチボールができていないので、はずまないというわけだ。

◆相手への質問がカギとなる

 ということは、話をはずませるためには、相手にもっと話をさせればよいことになる。そこで、相手の関心のありそうなことを話す、相手の趣味を話す、共通の話題である天気の話をするという工夫をしている人がいる。

しかし、実は、相手の関心のありそうなことや、趣味を知らない場合は、話がはずまない。天気の話をしても、「今日はいい天気ですね」「そうですね」、「雲行きがあやしいですね」「雨が降りそうですね」くらいの一往復で終わってしまったりする。

 さまざま演習してきたなかで、演習参加者が最も話をはずませることができた話法は、相手に質問することだ。こちらが話すのではなく、こちらから相手に質問する。相手に質問するのだから、相手が話すしかないことになる。

◆トップダウンの指示・命令が壁に

 相手に質問するといっても、何を質問すればよいのかという反応に接することがある。そのような反応をする人のほとんどは、指示・命令のトップダウンのマネジメントが染みついている人といえそうだ。「ああしろ」「こうしろ」という指示・命令には慣れているので、指示・命令をしないで質問することに慣れていないようだ。

 最も簡単な質問は、指示・命令をしたうえで、「わかりましたか」と、理解の程度を聞く質問だ。これを実施していると「ほとんど、『わかりました』」としか相手が言わないので、話がはずまないことに変わりない」という感想を持つ人が、トップダウンのマネジメントが得意な人には多い。

 「わかりました」としか言わなさそうな相手には、「わかりましたか」と聞く代わりに、「何か気になる点がありますか」という質問のほうがベターだ。それでも返答がない場合、「何も言わない相手がけしからん」と思ったり、「何も言わないので気になることがないので問題ない」と思う話し手が多いが、実もいずれも当たらないことが多い。

 相手に何も言わせない話し手に問題があり、気になる点は多々あるが言っていないというケースが多いのだ。これまでトップダウンの指示・命令を繰り返したツケが、相手をそうさせてしまっている。

 

 そのようなケースでは、「今日は、何か決めつけて、こうしろと言っているのではない」「いつもの指示・命令ではなく、虚心坦懐に意見を聞きたいと思って質問している」……というような前置きがいる。

 相手に話してもらえるかはどうか、トップダウンの指示・命令によるマネジメントだけでなく、ボトムアップの質問によるリーダーシップも発揮できているかどうかを測る、バロメータなのだ。

◆質問が会話と仕事の質を左右

 質問:相手に話してもらうにはどうすればよいか

関連記事(外部サイト)