取材期間1年7ヶ月、撮影時間700時間! テレビ業界騒然『さよならテレビ』の舞台裏<映画を通して「社会」を切り取る5>

取材期間1年7ヶ月、撮影時間700時間! テレビ業界騒然『さよならテレビ』の舞台裏<映画を通して「社会」を切り取る5>

(C)東海テレビ放送

◆『ヤクザと憲法』がヒットした東海テレビドキュメンタリーシリーズの最新作

 戸塚ヨットスクール校長・戸塚宏氏を描いた『平成ジレンマ』、オウム主任弁護人安田好弘氏の弁護活動を追った『死刑弁護人』、43年間死刑執行が見送られるも10回にわたる再審請求が実現していない名張毒ぶどう酒事件を描いた『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』『眠る村』を送り出し、近年では『ヤクザと憲法』『人生フルーツ』などのヒットを飛ばす東海テレビドキュメンタリー劇場シリーズ。

 いよいよ1月2日、自身のテレビ業界にカメラを向けた『さよならテレビ』がポレポレ東中野、名古屋シネマテークを皮切りに全国各地で公開となります。映画版『さよならテレビ』(109分)は、2018年9月に東海地方限定で放映された番組『さよならテレビ』(77分)に新たなシーンを加えた映画ですが、テレビ版の録画DVDは番組放映当初からまるで密造酒のように全国の映像制作者に出回っているという噂も。そんな同作の阿武野勝彦プロデューサーと?方宏史監督にお話を聞きました。

◆みんなテレビが大好きだった

――宣伝文には「マスコミがマスゴミと揶揄されるようになって久しい」とありましたが、80年代には写真週刊誌等によるプライバシー侵害、90年代に入ってからは過剰な疑惑報道がもたらす誤報や報道機関が捜査側へ未公開の取材資料を渡した事件などもあり、今までにも報道のあり方について考え直す契機はあったように感じます。「叩くことはあっても叩かれることはない」と言われていたマスコミ業界でしたが、マスコミに対する批判についてはどのように感じていますか?

 阿武野:大学時代、新聞学科に在籍していましたが、僕個人はマスコミがどうあるべきかということよりも、情報の受け手としてどういう市民になるかということを学んでいました。大学は、記者養成所ではないという校風でしたので、個人がメディアとどのように関わるのかということを大学生の頃から考えていました。

 当時は、学生運動の名残もあって、階級闘争をやるべきだと主張する人もいましたし、激しい人はブルジョア新聞・ブルジョア雑誌、NHKのことを「犬HK」と揶揄する人もいました(笑)。

 テレビ局に入社して、アナウンサー、記者、営業、そしてプロデューサーと経験してきましたが、自分がエリートであると思ったことはないですし、自分が批判を受けない立場だと考えたことはないです。

――80年、90年代はこのような企画が生まれる雰囲気ではなかったと思います。インターネットが登場して、個人がマスコミに批判を展開するようにもなり、テレビに対する見方も変わったのかもしれません。

阿武野:僕は1981年入社なのですが、当時名古屋地区の高速道路は「東海テレビです」と言うと、「ご苦労様です!」と言って料金所の職員さんがゲートをシュッと上げてくれました。メディアに対して「早く事件・事故現場に行かせてあげなくちゃ」という感じだったんですね。メディアは公共のものと意識されていたと思います。ニュースの取材に行くとありがたがられてお昼ご飯をごちそうになったりしていましたね。もらったことはないのですが、下手をするとご祝儀を包まれることもありました。影響力が大きく、テレビに扱われることが名誉だったんですね。

――あの頃はみんなテレビ大好きでしたよね。

阿武野:そうですね。みんなテレビカメラに向かってピースしてましたよね。ところが、1990年代に入ると、名古屋の繁華街で路上でインタビューをしていると、「映ってました?映ってます?映っていたら使わないでください」と。ただの通りすがりの人にも、そんなことを言われてしまうようになりました。

 テレビを忌避する人たちが現われたということを肌で感じました。昔は、路上インタビューは恥ずかしいけど出たいという感じでしたが、今では「迷惑です」とはっきり言われることが多くなりました。

◆働き方改革とジャーナリズム

――90年代におけるマスコミ産業における問題点は、スクープ合戦によってもたらされる取材の自由と取材を受ける側の人権という点にあったように感じましたが、働き方改革等により、この点は改善されたのでしょうか。

 ?方:名古屋だけかもしれませんが、予算がないので取材力も落ちているのを感じますね。スクープを取るためには効率の悪い取材をしなくてはいけません。例えば、かつては夜遅くまで取材相手に張り付いていた場合、デスクに電話して「他局がいます」と言うと「もっと残れ」と言われていました。ところが、今はコストを意識してこのようなことはなくなりつつあります。そうすると、自然と記者クラブなどの発表報道に頼ることになるんですね。ある時期からどの局もこのような方針にググっと舵を切ったような気がします。

――阿武野さんはどのように感じていますか?

阿武野:『さよならテレビ』にもありましたが、働き方改革は、メディアの取材力というか足腰を弱くする恐れがあると感じています。記者の仕事を時間で区切れるか、ということです。時間に合わせて仕事をしていくと、こだわってこだわってということもなくなるだろうし、取材では、人に会って人に会って、ということもできなくなってしまいます。誰が何のために働き方改革をやっているのか。

 日本の物づくり全般に対して言えることかもしれませんが、メディアの世界では、権力がそれを望んでいるのではないかと思えてなりません。徹底的な調査報道による批判によって、大きな打撃を受けることがなくなる。つまり、足腰を弱くすれば、安易にコントロールしやすくなってしまいまいますよね。もちろん、労働環境への配慮は重要ですが、そこをもっと考えなくてはならないのではないかと。作品を見て同じことを考える人はいると思います。

――最近の若い記者の方についてはどのように感じていますか?

阿武野:自分の周りにいる若い記者は「公共」ということを常に考えていると思います。大きな災害が起きた時に「東海テレビの若い人たちは、さすがにこれだけの仕事ができる人たち」と実感できると思います。

◆身内にカメラを向けた日々

――作中では、結果的には番組を降板になる東海テレビの福島智之アナウンサー、1年で契約終了となる制作会社から派遣されて来た新米記者、そしてベテランの契約社員の報道記者に焦点が当たっています。彼らは、テレビ業界の社会的弱者なのでしょうか?

?方:そこまで俯瞰で見て構造的な考え方はしていません。結果的にあの3人が残ったというだけです。ただ、アナウンサーの福島(智之)だけは、東海テレビで2011年に生放送中に「汚染されたお米 セシウムさん」と表示されたリハーサル用のダミーテロップを流してしまった「セシウムさん事件」があったので、取り上げようとは思っていました。

 この人とこの人とこの人を配置するとうまい具合になる、とすると上手くいかないので、残りの2人についてはスタート時点では決めていませんでした。派遣されてきた新米記者の渡邊(雅之)さんに関しては、結果的に1年で会社を去るということがわかったので、彼をメインの取材対象のひとりに据えようということになりました。撮影をスタートした段階では決めていません。

 ――あの3人以外にも撮っている方々はいるんですね?

?方:います。とにかく報道部員をたくさん撮っていて、最終的にあの3人が残ったという感じですね。

阿武野:取材期間は1年7ヶ月でVTRが回った時間は700時間ありました。深いものを作るには、それぐらいの日数と労力を要するということです。このスタッフに働き方改革はどうなっているんでしょうね(笑)。

◆報道マンと視聴率

――名張毒ぶどう酒事件を追い続け『約束』『眠る村』など今まで数々のドキュメンタリーを監督してきた報道部長の齊藤潤一さんが印象的でした。

?方:齊藤さんが報道局長から残業代の圧縮を命じられて、納得しないデスクとやり取りするシーンですね。上司としては現場に思いっきりやらせてあげたい。でも一方で規定の労働時間を越えたということで会社が罪に問われてはいけない。どこの会社にもあることですよね。

 どこの報道部でも起こりえることで、カメラマンはメインの取材対象のひとりに齊藤さんを含めるべきでないと言っていましたね。

――齊藤さんが、視聴率を上げるためにスタッフを叱咤激励するシーンがある意味皮肉にも感じました。でも、視聴率を上げなければドキュメンタリーの取材もできなくなってしまいますよね。

阿武野:全国の民放で毎年300億の売り上げが減少していると聞きました。名古屋の局が1つ無くなる計算ですね。視聴率がお金の指標になるので、ニュースでも数字を「上げろ、上げろ」という状態は当然と言えば当然です。その意味では東海テレビも入っているフジテレビ系列はかなり視聴率を落としています。その中で一生懸命に報道部の管理職は視聴率を上げる旗振り役をしなくてはならないわけです。

――なるほど。

阿武野:経営サイドがどんな風に「数字を上げろ」と言うかは人によって変わります。例えば、「作りたいものを作りなさい、伝えたいものを伝えなさい」という人もいます。一方で「マーケティングをやれ。数字を上げろ」という人もいます。

 社長が変わると会社の方針が変わるように、誰が指揮するかでニュースの現場も変わります。そういう意味では視聴率、マーケティングに比重をかけるリーダーの時もあれば、そうでない時期もある。ただ、ジャーナリズムをどう考えるか、報道の役割をどう守れるか。その場でどう踏みとどまれるか、それぞれの人間力が試されているのかもしれませんね。

 *後編では東海テレビ初の大ヒット映画『ヤクザと憲法』の制作秘話、ドキュメンタリーにかける思いなどについてお話を聞きます。

<取材・文/熊野雅恵>

2020年1月2日(木)東京・ポレポレ東中野、名古屋シネマテークにてお正月ロードショー、ほか全国順次公開

【熊野雅恵】

くまのまさえ ライター、クリエイターズサポート行政書士法務事務所・代表行政書士。早稲田大学法学部卒業。行政書士としてクリエイターや起業家のサポートをする傍ら、自主映画の宣伝や書籍の企画にも関わっています。

関連記事(外部サイト)