「好きを仕事に」する前に「やりたくない仕事」に直面したら人はどうすべきか?

「好きを仕事に」する前に「やりたくない仕事」に直面したら人はどうすべきか?

株式会社バンダイナムコビジネスアーク人事部健康推進室マネージャー・鈴木裕光氏(右)とモチベーションファクター株式会社代表取締役社長・山口博氏(左)

 「誰しもやりたい仕事に就けるわけではない」「仕事だからやりたくない仕事でもがんばれ」……とはよく言われることで、やりたいことを仕事にすることを諦めている人も少なくありません。しかし、もしやりたいことを仕事にすることができる、仕事がやりたいことになる確度が高まる方法があれば、その方法を試してみたいと思わないでしょうか。

◆大手保険会社から転職

 今回は、やりたいことを仕事にしてきた人で、しかもやりたくない仕事にも直面したこともある、元映画プロデューサーの鈴木裕光氏に、本連載「分解スキル反復演習が人生を変える」でお馴染みの山口博氏が迫ります。

山口博氏(以下、山口):「鈴木さんは、大手生命保険会社総合職として企画業務に従事した後、20代でギャガ株式会社へ転職され、映画プロデューサーとして活躍されています。大胆なキャリアチェンジだと思いますが、きっかけは何だったのですか」

鈴木裕光氏(以下、鈴木):「大学4年の就職活動時、自分はマスコミ業界、特に当時はテレビ局しか眼中になく、とにかく映像を作る仕事をしたかったんです。数社、最終面接にまで辿りついたものの内定とれず。まったく橋にも棒にもだったら諦めもついたのですが、最終まで残れたのに……。それが悔しくて。

 でもゼミの同期が次々と一流企業に内定していくなか、自分も夢と現実を分けて考えるしかなくなり『就職は生活を豊かにするため、お金を稼ぐための手段なんだ』と割り切りました。当時給与水準が高いと言われていた銀行、生損保に内定をもらって、結局そこに就職したわけです。自分の中では『割り切った』と思っていた『映像を作る仕事』への想い、実は根底に残っていたんですよね」

山口:「しかし、'90年代のことですね。まだまだ転職する人は少なく、特に大手企業では、ほとんどいなかった時代だと思うのですが、転身することへの葛藤はありませんでしたか」

鈴木:「はい、その時は少しテンションあがってたんでしょうね、葛藤はなかったです。当時の上司・同僚からは『もったいない!』『うちのような大手企業を辞めるなんてあり得ない!』という声も多かったですが、不思議と気にならず。

 でも実は転職してから『あれ?』と思ったことは何度もありました。というのも、転職した会社は当時ベンチャー企業の映画配給会社であり、転職前の大手生保と比べ、給与面はもちろん福利厚生など待遇面では前職の半分レベルに落ちてしまい、やりたい仕事ばかりに目が行き、待遇面など深く考えず飛び込んでしまった自分に対して、『あれ?』と思ったわけです(笑)。やっぱり大手企業は恵まれていたんだなぁ〜と改めて実感したというのはありました」

山口:「周りからどう見られるかという自分の外側の価値基準ではなく、自分自身の内なる声に従って行動した結果なのですね。いつ頃から、自身の内面の価値基準に従って行動できるようになったのですか。もともとですか」

◆ライバルの活躍で内なる声が沸き上がった

鈴木:「生保入社後は、青森支社・本社を経験したのですが、楽しく仕事ができていました。いまでもハッキリ覚えているのは社会人2年目の青森支社時代、自宅に持ち帰った仕事をテレビを見ながらしていたのですが、見ていた番組のエンディングクレジットに友人の名前が! 彼は就活時代に知り合った友人で良きライバルでした。それを目の当たりにしたのが、自身の内なる声に気づいた最初のきっかけだと思います。

 またその後、本社勤務の時、当時独身寮の食堂にあった日経新聞の求人記事に映画配給会社があって、思い切って飛び込んでみようと、自分の価値基準、自分が本当にやりたいこと、実現したいことは何かに従って行動してみたのです」

山口:「世の中を動かしている人は、行動の価値基準が自身の内面にある人で、鈴木さんもその一人だと思います。そうした人を少しでも増やしたいと思い、私は自分や相手のモチベーションファクター(意欲を高める要素)を見極めて行動することを提唱しています。

 ところで、保険会社企画担当から、映画プロデューサーとは、キャリアチェンジの度合がとても大きいですね。保険会社の経験が役立つ業務とは思えないのですが。一から再スタートという気持ちだったのですか」

鈴木:「私も一から再スタートになるだろうと覚悟していましたが、業界特有の商慣習や用語などを早期に習得できさえすれば、あとは何とかなるでしょう!と楽観的でした(笑)。その考えの根底には生保時代に上司に教わった『段取り力』があったからこそ、だと思っています。社会人2年目のころにそれを体得し、その後10年くらいはその『段取り力』だけで飯が食えました(笑)」

山口:「前職で修得したスキルを、転職先で生かすことができれば、まさにキャリア開発になりますね。その後、映画プロデューサーからバンダイナムコグループへ転身しています」

鈴木:「映画というのは『権利の塊』のなんです。前述したように、原作権から始まり、映画配給権、DVD化権、テレビ放映権、商品化権など、つまり、映画は『権利ビジネス』そのものなのです。私は映像だけでなくエンターテイメント全般にも興味があったので、映画の版権ビジネスで得た経験・知識を他のエンタメ分野でも活かせないかと30代中盤にさしかかるとき考えるようになっていました。

 そんな折、ちょうどバンダイで中途採用の募集があり、商品化権にかかわる仕事、それも運よく映画コンテンツ関連ができるという。再度自分の中に『内なる声』が出てきました。バンダイと言えば、誰もが子供の頃大変お世話になったキャラクターの玩具を作っている夢ある会社でしたし、『自分の経験値が活かせるならシフトチェンジしてみよう!』と思ったわけです」

◆コミュニケーション力を人事部門で活かす

山口:「ここでも、映画プロデューサーとしての経験を、次のキャリアに活かしているのですね。逆にいえば、活かせるポジションでの転職を考えたということですね。しかし、現在は、同じバンダイナムコグループの人事部への異動は、さすがにキャリアを活かしづらかったのではないですか」

鈴木:「確かに人事部への異動は少し戸惑いもありました。転職後12年間、映画や女性向けキャラクターの商品化権を取得する業務に従事し、商品化権ビジネスの知識・経験とも自信がついてましたので、『このままキャリアを重ねよう!』という気持ちもありました。その反面、自身も40代半ばとなり、定年まで働くとしたらあと15年もあり、もうひとつ別のスキルやキャリアを身につけておかないと、と思う気持ちもあり今後のキャリアプランに悩んでいた時期でもありました。

 当時、そんな私を人事部へ来ないかと声をかけてくれたGMからの言葉『社員を顧客と思って接し、社員からの信頼を勝ち取れるか、そこだから人事の業務の根幹は。あなたは仕事柄、各部署の社員と数多く接してきているし、持ち合わせているコミュニケーション力を活かせば充分に人事部で活躍できますよ!』が背中を押してくれました」

山口:「20代の読者の方々に、これだけは伝えたいということがありますか」

鈴木:「売り手市場だからといって自分が希望する会社・職種につける人は、実はごくわずかだと思います。私も大学卒業時は、希望かなわず、とりあえず大手企業に就職しておけば何とかなるだろう、『就職する=お金を稼ぐ』というくらいのモチベーションで社会人生活をスタートさせました。

 その後転職し、運よく自分が一度はやってみたかった仕事(職種)に就くことができました。しかし、希望の仕事に就けた後でも、何度も自身のキャリアを見つめなおす機会が訪れたのです。その時々で判断をしなければいけない場面がきますが、『自身の内なる声』にその価値判断をゆだねていれば、おのずと答えは出るなぁ、と今思い返すとそう感じます。自分の気持ちと言いますか、働くモチベーションをどう保つか、これが重要だと思います」

山口:「なるほど」

鈴木:「働き方改革が世の中に浸透しつつあり、仕事に対する向き合い方、モチベーションの保ち方は人それぞれだと思います。だからこそ、自分の志向を知っておくことは大切なのはもちろん、出来る限り一緒に働く相手の志向も知っておくことが、部署やチームといった複数集団で仕事をしていく上で大切になってくるのだと思っています。私は幸い上司・同僚・前職の仲間たちに恵まれていたのかもしれませんが、まずは自分で自分の志向を知ったからこそ、周囲ともうまくやれていたのだとも思います」

<対談を終えて>

 表面的には異なる業務も、実はその奥底に共通項があり、それを見極めることができれば、前のキャリアを後のキャリアに生かせるというモデルを、鈴木さんは示してくださったように思います。

 それは、自身の内なる声に耳を傾けて生きてきた鈴木さんだからできてきたことだろうし、そのためにモチベーションファクターを見極めることが必要なのだと思います。(モチベーションファクター株式会社・山口 博)

【山口博[連載コラム・分解スキル・反復演習が人生を変える]第170回】

【山口博】

(やまぐち・ひろし)

モチベーションファクター株式会社代表取締役。国内外企業の人材開発・人事部長歴任後、PwC/KPMGコンサルティング各ディレクターを経て、現職。近著に『チームを動かすファシリテーションのドリル』(扶桑社新書)、『クライアントを惹き付けるモチベーションファクター・トレーニング』(きんざい)、『99%の人が気づいていないビジネス力アップの基本100』(講談社+α新書)、『ビジネススキル急上昇日めくりドリル』(扶桑社)がある

関連記事(外部サイト)