どうしたら「上から目線の嫌な上司や先輩」を脱することができるか? 前置きひとつで印象は大違い

どうしたら「上から目線の嫌な上司や先輩」を脱することができるか? 前置きひとつで印象は大違い

photo via Pexels

 トップダウンの指示・命令ではなく、相手を巻き込む5質問を駆使して相手を巻き込んでいく。しかし、相手を巻き込む5質問が大事だという説明を何度受けても、その記述を何度読んでも、聞いたり、読んだりしただけでは、実践の場面で繰り出せない。

◆理屈よりも行動で身につける

 相手を巻き込む5質問ではなく、指示・命令に終始してしまったり、途中から気づいて相手を巻き込む5質問に切り替えたりするケースが実に多い。しかし、これでは、相手を巻き込む5質問の効果は全く期待できない。最初に指示・命令をしてトップダウンのマネジメントを繰り出してしまっているからだ。

<相手を巻き込む5質問>

1.やってみてどうでしたか?

2.うまくいったことは何ですか?

3.うまくいかなかったことは何ですか?

4.どのように改善したいですか?

5.サポートを得たいことは何ですか?

 こうした例は、相手を巻き込む5質問が大事だということを頭だけでわかっているケースで多発する。頭だけでわかっているので、実践の場面では、普段から染みついてしまっているトップダウンの指示・命令が出てしまうのだ。それもとっさのときに繰り出されるのは、普段している言動なのだからだ。

 むしろ、頭でわかっている必要はない。5つの質問をスマホで自撮りしながらロープレし、ロープレするたびに録画を再生して自分で確認するということを何度か繰り返していくと、頭ではなく話法を繰り出すというという行動と話法で身につけることができる。そうなると、とっさのときでもトップダウンの指示・命令ではなく、相手を巻き込む5質問の方が先に言葉に出るようになる。

 このように申し上げると、「それはそうかもしれないが、とっさの場面でも言葉に出るようにするには、長年の経験が必要なのではないか」という反応に接することがある。

◆上司としての立ち位置に不安

 しかし、実際には長年の経験は必要ない。2時間、集中的に反復演習すれば、ほとんどの人は相手を巻き込む5質問を繰り出せるようになる。そして、その後、1か月程度、常に指示・命令したくなる前に、相手を巻き込む5質問を繰り出すことを心がけて過ごしてもらう。すると、相当程度、スキルが定着する。

 このようにして、スキルを定着してもらうわけだが、その過程のなかでよく受ける質問に、「相手を巻き込む5質問をするだけで、指示・命令をしなくてよいのか」というものがある。「相手を巻き込む5質問をして、部下や後輩の言うことを聞いて、しまいにはサポートを得たいことを聞いてサポートしてあげるとは、部下や後輩の言いなりになっているだけではないか」という意見だ。

◆指示や命令はサポートのあとに

 しかし、その心配には及ばない。相手を巻き込む5質問を繰り出したあとに、指示・命令をすれば良いだけだ。5つの質問の「サポートを得たいことは何ですか?」という質問に対して、全てではなくても一部でもよいので、サポートすることを約束したあとに、指示・命令を繰り出せば、如何に効き目が高まるかを実感できるに違いない。

 要は、指示・命令のあとに相手を巻き込む5質問を繰り出しても意味はない。相手を巻き込む5質問を繰り出してから指示・命令を繰り出せば効果が高いという、順番だけの問題なのだ。そのためには、とっさのときに指示・命令ではなくて、相手を巻き込む5質問を繰り出せる程度に、体に染み込ませておかなければならないのだ。

◆感想を聞く前にワンクッション置く

 質問:「やってみてどうでしたか?」の質問の繰り出し方

 「やってみてどうでしたか?」の質問は、具体的にどのように繰り出せばよいのでしょうか?

 回答:相手の気持ちを和らげる前置きをする

 「やってみてどうでしたか?」の質問も、いきなりこの質問を突きつけたら、相手は抵抗感を持ってしまいがちです。そこで、相手が話しやすくなるように前置きをして質問をすると、スムーズに相手の答えを引き出しやすくなります。

<質問例>

・よく努力されましたが、やってみてどうでしたか?

・3か月取り組んできて、自分としては、いかがでしたか?

・先週はお疲れさまでした。自分なりに、どのように振り返っていますか?

 「相手を巻き込む5質問」は、いずれも質問の表現の骨格ですから、その相手が答えやすいように、状況に合わせて表現を変えていきます。「よく努力されましたが」「3か月取り組んできて」「先週はお疲れさまでした」という前置きが、相手の気持ちを和らげる効果を生みます。「自分としては」「自分なりに」「振り返っていますか?」というフレーズは、話す内容を絞る効果がある一方、ストレスを与えるリスクのある表現です。

【山口博[連載コラム・分解スキル・反復演習が人生を変える]第173回】

【山口博】

(やまぐち・ひろし)

モチベーションファクター株式会社代表取締役。国内外企業の人材開発・人事部長歴任後、PwC/KPMGコンサルティング各ディレクターを経て、現職。近著に『チームを動かすファシリテーションのドリル』(扶桑社新書)、『クライアントを惹き付けるモチベーションファクター・トレーニング』(きんざい)、『99%の人が気づいていないビジネス力アップの基本100』(講談社+α新書)、『ビジネススキル急上昇日めくりドリル』(扶桑社)がある

関連記事(外部サイト)