障がい者福祉事業の倒産が過去20年で最多。かつては0件だった業界の変化

障がい者福祉事業の倒産が過去20年で最多。かつては0件だった業界の変化

障がい者福祉事業の倒産が過去20年で最多。かつては0件だった業界の変化の画像

 東京商工リサーチが1月30日、2019年の障がい者福祉事業の倒産状況を発表した。前年比30.4パーセント増の30件が倒産し、過去20年で最多となった。

◆倒産の理由は販売不振と放漫経営

 本調査は、生活介護やグループホームなどの居住支援事業や雇用関連の就労支援事業を展開する企業の倒産を集計したものとなる。これまで過去最多の倒産は2017年と2018年の23件だったが、大幅に更新された。

 倒産の原因として最も多いのが、販売不振の16件で全体の半数以上を占める。次いで多いのが放漫経営の6件。補助金を頼りにした事業所が倒産しているのではないかと東京商工リサーチは分析している。

 小規模の事業所の方が倒産しやすい傾向にあり、2019年は負債額1億円未満の倒産が30件中25件となっている。従業員数で見ると5人未満の事業所の倒産が21件と負債額同様に小規模事業所の倒産であることが伺える。

◆かつては倒産0件が当たり前

 あまり良くないニュースといえる障がい者福祉事業の倒産だが、2000年から2006年までは倒産は0件だった。2006年以降も2011年までは1件か0件で推移。2012年から微増するが、それでも2015年まで3件から6件の間に留まっている。

 倒産数が2桁に突入するのは2016年以降で、この原因のひとつとして法改正があげられる。

 発端になったのは、2006年4月に施行された「障害者自立支援法」。それまで障がい関連事業は資産を筆頭にいくつかの条件を満たして認可された社会福祉法人しか運営主体になれなかったが、この規制が緩和され、NPO法人なども参入できるようになった。

 2013年4月には「障害者自立支援法」で指摘されていた問題点を改善したとする「障害者総合支援法」が施行。「障害者自立支援法」にはなかった目的・基本理念が明示されたほか、各種見直しが図られた。また倒産に関連する点としては民間企業の参入がより容易になったと見られている。

 どんな法律にも功罪あるだろうが、倒産が生まれる背景のひとつとしてこのような法改正がある。2013年以降に倒産が増加していく原因として、この流れは見逃せないだろう。

◆増える障がい者雇用

 障がい者そのものを取り巻く雇用環境の変化も、障がい者福祉事業の倒産増加の背景にある。

 障害者雇用促進法で定められた法定の雇用率(従業員に占める障がい者の割合)は、上昇傾向にある。2018年の改正で2.2%まで引き上げられたが、2021年4月までにさらに0.1%引き上げられる予定だ。

 その結果、2001年には約25万人だった障がい者の雇用者数は、2019年には約56万人にまで増加。約20年の間に障がい者の雇用は倍以上に増えている。

 数値を見てもわかるように、現在ほど障がい者の雇用がフォーカスされた時代はないと言えるだろう。障がい者の雇用が増えるということは、その分だけ関わる人や企業が増えることになる。そして、その結果として就労支援事業の倒産も生じやすくなっている。

◆支援事業に参入する営利企業が増加

 就労支援事業は、障がい者の労働力に期待が集まるのと比例するように事業としての注目も高まっている分野となる。就労支援事業はいくつかに分類できるが、ここでは就労継続支援A型事業について詳しく見ていきたい。

 就労継続支援A型事業は、現状においては一般企業で働くことが難しい障がい者が雇用契約を結び、一定の支援を受けた上で働く福祉サービスだ。A型事業所は2010年には全国で646件だったが2014年には2431件にまで増加している。

 A型事業所増加の背景には営利法人の参入の増加がある。2010年は社会福祉法人による運営が約半数を占めたが、2014年には約2割にまで減少。一方の営利法人は2010年は約2割だが2014年は48.2%と約半数を占めている。社会福祉法人と営利法人が入れ替わる形となっており、その分だけ営利企業の数が増えたことになる。

 数で見ると2010年には144件しかなかった営利企業が2014年には1172件と10倍以上となっている。社会福祉法人も2010年は298件で2014年は496件と増えているが、営利法人は社会福祉法人を大きく上回るペースで参入数が増えている。

 当然であるが、参入する企業が増えればその分だけ倒産する可能性のある企業も増える。もちろん倒産しないに越したことはないのだが、現状の法体制では以前のような0件に戻るのはあまり現実的ではないだろう。

 倒産数の増加には、こういった法改正と社会の変化がある。いずれにしても、障がい者支援と障がい者雇用は共に重要性が高まってきている分野である。試行錯誤を繰り返しながら、誰にとっても安心して暮らし働ける社会の方向へと少しずつで進んでいってほしいと願うばかりだ。

<文/菅谷圭祐>

【菅谷圭祐】

大学受験情報誌、IT情報サイトなどでライター経験を積み、2018年よりフリー。最近の趣味は休日の農業、リサイクル業も兼業。

関連記事(外部サイト)