国際的行事開催の通例だったパチンコ業界の「新台入替自粛」。東京五輪の今年はいったいどうなる?

国際的行事開催の通例だったパチンコ業界の「新台入替自粛」。東京五輪の今年はいったいどうなる?

清十郎 / PIXTA(ピクスタ)

 2018年2月1日に改正された遊技機規則により、2021年2月1日までには、検定期間の残る一部遊技機以外の旧規則機をすべて撤去しなくてはならない。

 パチンコ、パチスロを合わせ、全国のパチンコ店に設置されている台数は約400万台。その内の約300万台がいまだ旧規則機と言われており、この1年間パチンコ店は、大量の資金を投下し遊技機の入れ替えをしなくてはならない。

 そのような状況下において、パチンコ業界内でにわかに話題になりだしたのが「東京オリンピックの話」である。パチンコとオリンピックに、何の関係があるのか――

◆パチンコ業界に影響を与えるオリンピック

 パチンコ業界の大きな懸念の一つが、オリンピックやパラリンピックの開催期間中に、遊技機の入れ替えが出来るのかということ。いわゆる「新台入替」のことである。国際的なイベントや行事がある際には、その規模や期間によって、業界全体または地域限定で「入替自粛」を行うのだ。

 なぜ国際的なイベントや行事があると、パチンコ遊技機の入れ替えが出来なくなるのか。

 それは、パチンコ店が風営法に基づく営業をしており、店内の遊技機等を入れ替える場合は、いちいち地元の警察署に申請書類を提出し、警察担当官の検査を受けなくてはならないと決まっているからだ。

 国際的なイベントや行事があれば、警察からは大々的に警備人員が割かれることになり、警察署における通常業務の人手が薄くなる。そのような警察行政の事情を踏まえて、警察行政に協力をするという名目で遊技機の入れ替えを自粛するのだ。

◆この夏、入替自粛が行われるのかが最大の焦点

 この入替自粛の始まりは、2000年の九州・沖縄サミットの時であり、その後、2002年日韓共催のサッカーワールドカップの時、2008年洞爺湖サミット、2010年APEC、2016年伊勢志摩サミット、直近でいえば、2019年に開催された大阪サミット時に入替自粛を実施している。

 2020年の東京オリンピックは、過去のこのような国際的な行事にも引けを取らない、いやそれ以上とも言えるイベントである。

 パチンコ業界が、通例的な対応をするのならば、入替の自粛は不可避な事案である。しかし、冒頭の問題である。この1年以内に300万台とも言われる旧規則機の撤去。もし繁忙期でもある夏場に入替自粛が行われれば、遊技機入替の年間計画に支障が出る。

 入替自粛はあるのか、無いのか。業界内ではその話題で持ちきりだ。

◆「今年は入替を行わない」説が有力!?

 入替自粛のやるやらないを決めるのは、最大のパチンコホール団体である全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)と、各都府県方面の遊技業組合である。より詳しく言えば、パチンコ業界側が警察行政を慮ってすすんで入替自粛という協力をする場合もあれば、警察行政側から協力を要請する場合もある。

 今、パチンコ業界内では「今年は入替自粛を行わない」という決定が下されたという話がまことしやかに広まっている。

 全日遊連をはじめ、主要な業界団体がそのような話し合いをしたという。ちなみに、オリンピックの開催地でもある東京の遊技業組合は、「この期間での過剰な入替を避け、所轄との連絡を密に取りながら入替を進めて欲しい」というメッセージを都内のパチンコホールに発している。配慮はするが自粛はしないという意向だ。

 ここからが本題である。これはあくまで業界内の話ではあるが。

 果たして本当に日本全国で入替自粛は実施されないのか。万が一、実施されたらどのようなことが想定されるのか。

◆2020年はパチンコホールが生存をかける年になる

 7月下旬から8月中旬までは、パチンコ業界にとって、年末年始と同等の繁忙期であり、市場が活性化する期間である。メーカー各社もこのタイミングに合わせて、大型版権の遊技機を積極的に市場投入する。

 パチンコ業界が、1年間で300万台の撤去を実施することを前提にするのであれば、この期間に遊技機の入れ替えが出来ないということは、即ち旧規則機から新規則機への付け替えを秋以降年末までに一気に行わなくてはいけない状況に陥ることになるのだ。

 もしそうなれば、その時に対応すれば良いと思うパチンコホールがあるかも知れないが、そのような形で需要が集中した場合、遊技機の供給が間に合わなくなるのは火を見るより明らか。結果、(一部の機種を除く)旧規則機の設置期限である2021年1月31日までに、すべての旧規則機を取り換える事がとても難しくなる。

 実際に入替自粛が行われるのか、行わなくてはならない状況になるのか。

 現時点では変数の要素が多分にある。そのような状況下で「入替自粛はやらない」と安易に決めつけ、旧規則機の撤去もまだ先の事であると安穏としているホール関係者がいるとするならば、それは危険だと思う。

 2020年の1年間は、パチンコホールが個々の店の生存をかけた1年間になる。

 想定されるすべてのリスクをなるべく回避することが、今、個々のパチンコホールに求められている。

<文/安達夕>

【安達夕】

Twitter:@yuu_adachi

関連記事(外部サイト)