労働運動の衰退した社会と自己責任論。関西生コン弾圧をめぐって<佐高信×木村真>

労働運動の衰退した社会と自己責任論。関西生コン弾圧をめぐって<佐高信×木村真>

労働運動の衰退した社会と自己責任論。関西生コン弾圧をめぐって<佐高信×木村真>の画像

 連帯ユニオンの関西地区生コン支部(関西生コン)の組合員が述べ81人も逮捕される事件が起きている。関生が孤立する背景には何があるのか。前回の対談では、労働組合運動が衰退し、関西生コンだけが突出して孤立しているという指摘があった。

 ではなぜ労働組合運動が後退したのか。ジャーナリストの佐高信さんと大阪府豊中市の木村真(きむらまこと)市議に話を聞いた。

◆企業別に組織された日本の労働運動

――前回の対談で、関生以外の労働組合が闘わなくなってしまっているというお話がありました。なぜなのでしょうか。

佐高:高度成長期に大手の組合は企業の分け前に与って潤っちゃった。非正規の人たちにとって今の連合のような存在はむしろ敵だったんだよね。敵というか、自分たちの利権だけを守る傾向があった。労働組合も経営参加という形で組み入れられていったでしょう。松下電器が組合の委員長を役員にしたりもした。あの辺りからズブズブと闘争心を失っていったんだよね。

木村:やっぱり企業別に組織されているところが弱みですよね。会社が儲からなかったらどうしようもない、会社が潰れたら終わりだということで企業の論理に絡め取られていってしまう。もともと組織率が低い上に、大半が会社の言いなりの「御用組合」なので、労働組合運動っていうのは、かなり停滞してしまっている。

◆非正規雇用の労働者を組織できない

木村:高度経済成長の間は、会社も利益が上がるんで、賃上げもどんどんしてくれた。だから社員の生活は安定するようになってきた。

 その後バブルが弾けて低成長の時代に入ってきて、構造的に利潤が上がらない状況になってきた。すると企業は生き残りのために、人件費を削ろうとして派遣や非正規を増やしていく。

 その時に、まさに企業別労働組合という弱みが出てきた。とにかく会社が生き延びないといけないという理屈に絡め取られてしまったんです。同じ職場で働いてる労働者がまったく違う待遇で、細切れ雇用で働いてるってことについて、組合員は全く関心がない。非正規の労働者は組合に入れないわけだから。

 そうするといわゆる非正規労働者にとっては、既成の労働組合、大きな労働組合ってのは、既得権益を守るための団体という風にしか映ってないんですよね。だからまったく魅力のない集まりになってしまっている。

佐高:だから経営側がある種先取りというか、賃上げだけはやってきて、それで非正規というものが増えた、という。で、みんな自分たちだけの生活を守るという風になってしまった。

木村:自治労なんかもね、自治体の職員組合は、いわゆる正職員以外はそもそも組合に入れないらしい。だから、正職員以外の人たちは、別の組合に入るそうなんです。自治労として組織してないわけじゃないようですけれども、同じ自治体の職員でありながら、正職員と非正規では別の組合になっている。地方公務員法の「職員団体」の規定が関係しているらしいので、たぶん全国どこでもそうなんじゃないかな。

 一つの職場の中でも、正社員・契約社員・アルバイトやパート・派遣社員等々、いろんな雇用形態があって、労働者同士が分断されて孤立して、「連帯」っていう意識がすごく芽生えにくい状況に放り出されてるわけですね。でもそれでは、経営側に全然太刀打ちできないんですよ。

◆一般の人も運動に反発する

木村:僕は市議会議員になる前から、誰でも一人でも入れる労働組合をやっていて、今でも自分の担当を持っているんです。それで団体交渉や抗議行動をやったりしているんですけれども、とある会社の前で抗議していたら、争議に関係ない通行人から「あんたらこんなんやって許可取ってんの?」と言われるんですね。「許可なんかいらんねん」と返しました。

 要するに街頭宣伝やってるだけで、経営側じゃない普通の通りがかりの人から文句を言われる。冗談を言うなと(笑)

 またデモ行進で赤信号を渡ったりするわけですが、運転手がラクションをブーブー鳴らしてきたり、怒鳴ってきたりする。もうなんなんかなと思います。

 その人に話を聞いたわけじゃないから分からないけれど、雰囲気としてはね、「ワシらしんどいこととか理不尽なこととかあっても我慢して、黙って働いとんねん。せやのにお前らは権利ばっかり主張しやがって」みたいな感じなんじゃないでしょうか。

 みんな本当に抑圧されているんだけど、今の会社を辞めても他に働くところがないみたいな感じでとにかく我慢して働いている。そうすると正当な権利を主張する人に対してね「なんやあいつらは!」みたいな気持を抱いてしまう。歪ですわ。

◆自己責任論の蔓延

佐高:一般の人たちも、追い詰められてるわけだよね。余裕がなくなっていて、組合とか、そういうもので助けられるって経験がなくて、「裸」で生活に追われてるわけでしょ。そうすると、もうどっかに当たり散らすみたいな話になってきちゃうわけよね。

 「自己責任」という考え方の影響も大きいと思う。一人で放り出されて、一人で責任取れっていうことになっちゃってる。

 活動家で作家の雨宮処凛と話しててなるほどなと思ったのは、彼女は中学・高校時代はリストカットしてたと。つまり自分が今上手くいかないのは全部自分のせいだと思っていた。それで東京に出てきて、最初は右翼のバンドに入るわけでしょ。それで日本が悪いのは全部アメリカのせいだ、左翼のせいだ、みたいな話になって。で、そこで逆に社会を発見したんだと言っていた。あ、私だけの責任じゃないんだ、っていう。そこで自己責任から解放されたんだっていうんですよ。社会にも責任がある、っていうことを発見したんだね。で、社会を発見していない、あるいは社会を見ようとしない奴らが自己責任にこだわって、そいつらが今権力の座にいるから、すごく生きづらい社会になってるんですよね。

※近日公開予定の続編では、日本で進行する「警察国家化」について取り上げます。

<収録・構成/HBO編集部>

関連記事(外部サイト)