残業月100時間が年0.02時間に減少。ブラック企業だった介護・看護施設運営企業が変わったワケ

残業月100時間が年0.02時間に減少。ブラック企業だった介護・看護施設運営企業が変わったワケ

残業月100時間が年0.02時間に減少。ブラック企業だった介護・看護施設運営企業が変わったワケの画像

 2月上旬、6回目となる「GOOD ACTION アワード」受賞式が都内で行われた。「GOOD ACTION」とは、働き方の多様化が求められる現代において、一人ひとりがイキイキと働くための職場の取り組みに光を当てるプロジェクトのこと。多数の応募企業の中から審査を経て、独自の取り組みを進める7社が参加した。

 大賞に輝いたのは、介護施設運営のエーデル土山(滋賀県)。4つの部門賞の一つで、働き手のバリエーションの多様化に貢献したアクションに対する「ワークスタイルバリエーション賞」には、訪問看護の「ソフィアメディ株式会社」(東京都)が選ばれた。両社に共通するのが、一般的には「きつい」「ブラック」の印象が強い介護・看護業界であることだ。

 労働集約的な業種でありながら2社はどのような施策を行い、「GOOD ACTION」に繋げたのか。エーデル土山・施設長の廣岡隆之氏、ソフィアメディ株式会社・人材開発グループ グループマネジャーの宗梨恵子氏に話を聞いてみた。

◆離職率4割の施設がスタッフ定着のため掲げた「3つのゼロ」

 エーデル土山では、施設長の廣岡氏が一貫して「スタッフファーストの施策」を推進してきた。

 10年ほど前には労基署から是正勧告を受けたほど労働環境が劣悪で、離職率は40%台。廣岡氏は働き方改革を「とにかく、やるしかなかった」と振り返る。

 当時は残業が当たり前で、月に100時間を超えるケースもあった。また利用者を人力で抱えるため、腰に多大な負担がかかっていた。

 離職の要因は「腰痛」「長時間労働」「メンタル不調」の3つで、廣岡さんはこれらをなくす「トリプルゼロ」を掲げて行動を開始。廣岡氏を含む4人がスタッフを辞めさせない環境整備に向けて動き出した。

 「腰痛については電動リフトという機械を導入し、スタッフが利用者を抱えない環境を作りました。私も経験がありますが、男性でも腰を傷めます。

また余剰人員を配置して、一人当たりの負担を和らげ残業を減らしました。スタッフは時間にも体力にもゆとりができ、プライベートを楽しめるようになりました」

 福利厚生として、マッサージチェアや酸素カプセルなどを施設内に設置してスタッフがリフレッシュできる場も用意している。

◆スタッフが気持ちよく働くことが、介護の質を上げる

 しかしすんなりと改革が進んだわけではない。スタッフの中には介護の機械化に反対する者もいた。

「介護職に就く人はもともと『困った人の役に立ちたい』という奉仕精神が強い。電動リフト導入を話した時 『人を機械で吊り上げるなんて酷い』と抵抗を感じるスタッフもいました。私もその気持ちはわかるので、彼らの心境に丁寧に向き合いました。一人ひとりと話をして、働き方を変えていくことのメリットを伝えていったのです」

 エーデル土山では毎月、役職者がスタッフと一対一で話す「トーキング」(個人面談)を行なっている。仕事のことだけでなく、プライベートのことなど何でも話せる。気軽に気持ちを打ち明けられる相手がいることでスタッフは心理的な負担が減る。

 トリプルゼロ以外には、業務を棚卸ししてやめられるものを手放した。たとえば、朝会や全員参加の会議、研修を廃止。コストカットで生まれた財源は、余剰人員の配置に充てる。これらの施策を経て年間総残業時間は0.02時間と、業界では驚異的な数字に繋がった。結果として、離職率は7〜8%に低下した。

「スタッフの満足度が向上すると、利用者に優しく接することができるんです。より多くの利用者を受け入れる余裕も生まれ、収入も上がってきました。利益をスタッフの働きやすい環境に還元できる流れを作れました」

 現在は看護師、介護福祉士といった人材が募集枠の空きを待っている。廣岡氏の努力が「エーデル土山で働きたい!」という入職希望者待ちの状態を実現した。

◆少しのミスが命に関わるプレッシャー。スタッフが安心して働けるようサポートしたい

 続いては、東京都内や東海、北陸、関西で訪問看護を展開する「ソフィアメディ株式会社」の取り組みを紹介する。

 訪問看護とは、様々な疾患や障害を持ちながら在宅で生活する人、終末期で入院できない人や、最期を住み慣れた自宅で迎えたい人のサポートを看護師が行うこと。地域内で看護を必要とする人に対し、家族、医療機関、介護施設などが連携してケアを行うことを「地域包括ケアシステム」と呼び、訪問看護は重要な役割を担う。訪問看護の需要は近年高まっており、同社は直近2年で拠点数、スタッフ数ともに増やしている。

 ソフィアメディの看護師は定期的に患者宅へ赴き、患者の医療的ケアや、リハビリなどを行う。しかし介護と同じように、現場での判断ミスが患者の命の危険に直結するプレッシャーのある仕事だ。また患者の容態急変に備え、24時間体制で臨む必要もある。そこで同社が徹底して取り組んでいるのが「スタッフが安心して仕事に取り組めるサポート」だ。

「組織が大きくなりつつあった2018年に、会社がどうあるべきかを定める『北極星プロジェクト』を立ち上げました。経営陣だけでなく、現場責任者を中心に代表の看護師、セラピスト20名以上が集まって議論を重ね、ビジョン、ミッション、5つのスピリッツを定めました」

<ビジョン>

安心であたたかな在宅医療を日本中にゆきわたらせ、ひとりでも多くの方に、こころから満たされた人生を。

<ミッション>

英知を尽くして「生きる」を看る。

<スピリッツ>

あの手この手、打つ手は無限。ソフィアの5 SPIRITS。

1.お客様第一主義に徹し、常に相手本位に行動する。

2.プロとして誇り高く、あらゆる可能性を追求する。

3.品質は人の質と心得て、感性と徳性を磨く。

4.学ぶ心を忘れず、自ら率先して変化の原動力となる。

5.仲間を認め、おせっかい、お人好しの精神で支え合う。

◆「WOW!」に「HAPPY75」親しみやすいネーミングをつける

 北極星プロジェクトと並んで、同社ではスタッフがイキイキと働けるよう「ソフィアWOW!(Work for Our Wonderful life!)」という施策を打ち出した。

 WOWの一部を紹介する。

「2時間単位で取得可能な有給休暇」

「LGBTQのスタッフの結婚・育児・就労支援」

「弁護士ホットラインを社内外に設置(仕事でもプライベートでも相談可)

「社内融資制度、給与前払い制度」

「HAPPY “75” (定年後の再雇用制度の上限年齢を65歳から75歳へ引き上げる制度)」

「2時間の有給休暇制度は好評です。たとえばお客様からキャンセルが出た時に申請すればリフレッシュする時間に充てられます。周りに気兼ねなく仕事から離れられることで、気持ちの切り替えができます。

命に関わる仕事なので、何か心配事があり仕事に支障を来たす状況は避けたいですよね。そこで公私を問わず弁護士に相談できるサービスをスタートしました。生きていればさまざまな問題に直面するものです。そんなときに気軽に悩みを打ち明けられる場があると、心理的な負担が和らぎます」

 また働き方改革を推進する際には、「ネーミングは大切」と宗氏は語る。たとえば再雇用ではなく、HAPPY75とすることで会社が歓迎しているというメッセージを強化できる。実際、「この制度があるから入社を決めた」という人もいるという。「ソフィアWOW!」や「北極星プロジェクト」もシンプルで覚えやすい。

◆マニュアルと面談を通じて、700人の医療職に企業理念を伝える

 組織が大きくなるとトップのビジョンが全社員に伝わりにくくなるリスクが懸念される。会社が定めた「ビジョン」「ミッション」「スピリッツ」を約700人の医療スタッフにどう伝えているのか。

 同社が活用しているのが、「経営方針書」というマニュアルだ。北極星プロジェクトで作り上げた内容を盛り込んだ冊子で、A4で60ページほどある。仕事への心得や患者への向き合い方などがシンプルな表現で書かれている。毎朝10〜15分ほど行う朝会では全員で1ページずつ読み上げることで、理念の定着を図る。

 また同社は現場との対話を重視しており、定期的にエリアマネージャーが管理者・スタッフと面談する。

「医療や介護業界には、奉仕精神が強い人が集まります。なので経営サイドが『残業を減らそう』と訴えても、現場からは『自分たちにはまだやることがあります』といった反発が起こることもあります。だからこそ対話を行い、現場スタッフの心情に寄り添いながら改革を進めています。また年に一度の経営方針共有会でトップの考えをシェアしています」

 こうした取り組みを経て、残業時間は減少。離職率も下がっている。

◆現場に寄り添い、改善を続ける

 エーデル土山、ソフィアメディ株式会社に共通するのは、スタッフを第一に考えた施策を整えていることだ。介護業界では経営サイドがスタッフの「奉仕の精神」に甘えてしまい、労働環境の改善をしないケースがある。しかしそのままでは、現場で働くスタッフはいつか疲弊してしまう。

 余力があるうちに不要な業務を廃止したり、スタッフの負担となっていることを突き止めたりして、現場が求める制度を作る。働き方改革を進める際には経営側の理屈を押し付けず、現場との対話を繰り返していく。 両社の「GOOD ACTION」の背景には、日頃からの努力があった。

<取材・文/薗部雄一>

【薗部雄一】

1歳の男の子を持つパパライター。妻の産後うつをきっかけに働き方を見直し、子育てや働き方をテーマにした記事を多数書いている。

関連記事(外部サイト)