医薬品もマスクもなく、医療も崩壊しているベネズエラ。新型コロナウイルスが感染拡大すれば国家危機は必至

医薬品もマスクもなく、医療も崩壊しているベネズエラ。新型コロナウイルスが感染拡大すれば国家危機は必至

ベネズエラの病院で医療放置状態にある入院患者 (photo by Adriana Loureiro Fernandez/Bloomberg via Getty Images)

 新型コロナウイルスの感染が遂に南米で最近確認された。最初に感染が確認されたのがブラジル。その後、アルゼンチンとチリと続いた。

 今後感染拡大も予測される中、非常に懸念されている国がある。ベネズエラだ。

 なにしろ、医薬品、マスク、医師の防護服など医療に関して全てが手に入らない国だからだ。感染が確認されるような事態になると、2015年頃から保健衛生システムが機能しなくなっているベネズエラでは国民の間で悲劇をもたらすことは確実だ。

◆入院すると8割が院内感染で別の病気を併発!?

 それを示す具体例として、患者が一旦病院に入院すると、その8割は別の病気を併発しているという。これはまさしく、保健衛生システムが機能していないことを証明している。隔離が必要な患者をそのようにできないからだ。その為の医療設備が完全に不足しているということだ。(参照:「El Nuevo Herald」)

 更に、昨年は12州で麻疹が552人ほど確認されている。2017年から昨年までだと7058人が感染したことが国連の人権センターが報告している。それに加えてマラリアとジフテリアの発生も報告されている。(参照:「Infobae」)

 保健・社会保障省相を経験したホセ・オレタは、現在の保健システムが嘆かわしい状態にあるかについて次のように述べている。

「(保険衛生システムが)極端なほどに衰えており、普段の治療対処さえできない状態にある。その上に、新しく発生した病気だということで緊急治療を必要とするのに、それに即座に応えることができない」

 ホセ・オレタに同調するかのように「手を縛られたようなものだ」と指摘したのは看護師でカラカス大学病院の組合代表マルゴット・モナステリオだ。この病院はベネズエラを代表する病院で専門治療では最大規模の病院だとされている。

マルゴット・モナステリオが言うには、2月27日から集中治療をするための医療技術が機能しなくなっているというのである。

 また、ベネズエラ感染医学協会の会長マリア・グラシエラ・ロペスも、「他の病院でも同じように集中治療が出来なくなっている」と語っている。(参照:「Infobae」)

◆7割の病院が水不足で週に1〜2回給水を要する状態

 国連が2月17日付けで発表したレポートによると、この4年間で医薬品を生産していた多国籍企業の半数がベネズエラから撤退し、医師や医療技師の25%が公立病院から私立病院に籍を移すか、あるいは外国に出て行ったそうだ。

 また、昨年3月にベネズエラの全国規模で大停電が発生したが、その影響で医療設備の30%が故障し、そのどれもが今も修理できないままになっているそうだ。

 更に、深刻なのは昨年70%の病院が水不足で1週間に1度か2度水の供給を受けていた。電気も63%が停電などを繰り返していたということで、それが影響して死亡した患者が164人と公立病院アンケート調査で明らかになっている。(参照:「Infobae」)

◆感染者が出ても「すべての準備が不足している」

 現在までコロナウイルスの国内での感染は報告されていない。しかし、どの病院も医薬品などの不足から強い警戒心を抱いているという。疑わしい症状のある患者はカラカス大学が対応することになってはいるが、その為の準備がすべて不足している。

 保健相カルロス・アルバラドは2月28日に「各州には少なくとも一か所の病院が緊急を要する治療のための機能を備えている」と述べたが、それ以上の詳細説明は避けた。それを明らかにすると、どの病院でも十分な治療を受けられないでいる患者がそこに駆け付ける可能性があるからだ。

 また同日、マドゥロ大統領が感染監察委員会を設置し、その指揮をデルシー・ロドリゲス副大統領が執ることを明らかにした。しかし、その構成メンバーの詳細は控えた。

 カラカス大学の感染医学専門のマリア・エウヘニア・ランダエタは「インフルエンザ感染の時のプランはあった。しかし、今回の問題はどのようにしてプランを満たすのかということだ。何しろ、医師の手袋もマスクもない状態だ。集中治療に必要な使える医療機器も必要だ」と述べ、「一人の感染患者を治療するのであればできる。しかし、できないのは多数の患者が出た場合だ」と指摘した。

 また必要な医薬品も手に入らない可能性もある。(参照:「Infobae」)

◆死亡率は他国に比べて高くなるのは必至

 米国マイアミ大学の感染フォローシッププログラムの代表パオラ・リヒテンバーガーは「ベネズエラでは死亡率は他国に比較して高くなるであろう。というのも適切な医学治療を受けるのが非常に厳しいからだ」と指摘した。(参照:「El Nuevo Herald」)

 カラカス大学病院では防護ゴーグル、マスクN95、手術着コスチューム、手袋、水分補給ソリューション、酸素セラピー、シーツ、水、石鹸などを求めている。しかし、それがもう数年ほど十分に手に入らない状態にあるそうだ。

 更に、患者の方の問題点は長期の食料難で多くの人が栄養不足で病原菌が体内で活発に活動し易い状態にある。

 もう一つ問題点は感染医学専門医が不足しているということだ。「2年前と比較して13%減少した。昨年7月まで380人いたのが54人が国外に出てしまった」とオレタ元保健・社会保障相が述べた。

 経済危機で外国からのフライトも大幅に減少している現在、国外に脱出する住民は多くいても、外国からベネズエラに入国して来る人は少ない。その分、コロナウイルスに感染する可能性は低いが、感染率ゼロを今後も保つことはほぼ不可能であろう。何れは感染する。しかし、一旦感染するとそれが拡大するスピードは他国と比較して相当に速くなるように思われる。

<文/白石和幸>

【白石和幸】

しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身

関連記事(外部サイト)