新型コロナにおける偏見と無知だらけのパチンコ店批判。批判するなら少なくとも現状を知ってからせよ

新型コロナにおける偏見と無知だらけのパチンコ店批判。批判するなら少なくとも現状を知ってからせよ

photo by yamahide / PIXTA(ピクスタ)

◆偏見が先走る新型コロナに関するパチンコ店批判

 新型コロナウイルスの感染状況の深刻度が日ごと増していくなか、いくつかのメディアに、ウイルス感染危険度が高い場所として、パチンコ店が度々紹介される。「アゴラ 言論プラットフォーム」に掲載された「休業させるなら学校よりパチンコ屋」(3月3日、池田信夫)や、「BLOGOS」に掲載された「マスメディアが表立って取り上げないパチンコホールのリスク」(3月12日、木走正水)がその代表格である。

 しかしこれらの報道に対し、当のパチンコ業界関係者らは強い憤りを示している。彼らはこれらの記事の何に憤っているのか? 一言で言えば、これら2つの記事は、パチンコ店の現状を全く知らないまま書かれているのではないかと容易に察する事が出来るからだ。

 池田氏の記事に至っては、あたかもパチンコ店で新型コロナウイルスに感染したかのようなミスリードすら行われている。(実際には、ウイルス感染者の行動経路にパチンコ店が含まれていただけで、当該店舗は店内消毒と従業員の検査のため長期に渡り臨時休業をした)

 本当にパチンコ店は他の施設と比べ感染危険度が高いのか?

 感染危険度が高いのに、あえてマスメディアがそれを伏せているのか?

◆集団感染が起こりやすい3条件をパチンコ店は満たしているのか

 パチンコ店の現状について、政府が提示している新型コロナウイルス感染の「クラスター(集団感染)が起こりやすい3つの条件」に沿って分析する。政府が提示している3つの条件とは、3月9日に新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が明示したもので、3月14日の総理大臣記者会見でも同じ内容が強調されている。曰く、

@換気の悪い密閉空間であること

A多くの人が密集していること

B近距離(お互い手を伸ばせば届く距離)での会話や発生が行われること

 これらの条件が重なった時に、集団感染の危険性が高まる。これらの条件が、昨今のパチンコホールに当てはまるのかを検証してみる。

@換気の悪い密閉空間であること

 パチンコ業界関係者らが口を揃えて強く主張するのが、特にこの@の問題である。遊技客の喫煙率の高さや煙草自体の臭いがするというイメージが先行するのか、「換気が悪い」と思っている人が多くいるが、実際には、パチンコ店の換気は、1時間当たり6回〜10回も店内の空気を入れ替えられているのだ。

 これは建築基準法に則ったもので、そもそも設計段階からそのような換気システムが設置されている。パチンコ店の歴史は、煙草の煙との戦いの歴史であったと言う業界関係者もいる。設計の前提自体が、500台の遊技機を設置する場合、500人の客がタバコを吸うというものだ。

 まして最近では、空気内の様々なウイルスを除去するシステムを空調に導入していたり、店内の空気が一か所に滞留しないよう、空調コントロールシステムを導入していたりする店舗も多い。パチンコ店は密閉されており、また換気が悪いというのは、単なる先入観や偏見に過ぎない。

A多くの人が密集している

 パチンコ店には多くの人が密集しているというのはどうなのか。

 そもそも「密集」とはどの程度の状態を指すものなのかという問題があるが、既に集団感染が発生している、屋形船やライブハウス等に比べれば、仮に隣同士で遊技をしていたとしても、肩が触れ合う距離ではない。

 またこの点においてのポイントは天井高だ。空気中に滞留するウイルスを考える時、人が座る(立つ)場所の面積だけではなく、天井までの高さを含めた容積までを想定するのが妥当だ。多くのパチンコ店の天井高は、@で説明した煙草の煙の問題もあり、他の商業施設に比べ高く設計されている。その点までも考慮すれば「密集」と言える状況ではない。

 何よりも昨今の「コロナ騒動」の影響で、そもそもパチンコ店の客数は大きく減っている。全国のパチンコ店や遊技機の稼働等データを集計する「DK-SIS」データによれば、パチンコ店の平日の稼働は平均値として全体の3割に満たない。悲しいかな多くのパチンコ店はすでにガラガラな状況なのだ。

◆人より遊技台と向き合っている時間のほうが長い

 そして、三つ目。

B近距離での会話や発生が行われること

 これもパチンコ店の現状には当てはまらない。そもそも客は遊技台に面し座るので、他者と対面する状況にはならない。夫婦や友達同士が隣同士で遊技をする場合は、会話をする場合もあるだろうが、あの騒音である、圧倒的に話さず遊技台と向き合っている時間の方が長い。

 また多くのパチンコ店では、遊技客同士の間に、煙草の煙を遮るための「分煙ボード」が設置されており、この分煙ボードは客同士の接触のほかにも、飛沫感染等を防ぐ用も足している。

 政府は、これら3つの条件が重なる場合は感染の危険度が増すと言っており、総合的に勘案しても、他の商業施設に比べ、パチンコ店の感染危険度がとりわけ高いとは到底言えるものではない。

 冒頭の「パチンコ店は危険」という事を趣旨とする記事は、パチンコ店はこれら3つの条件に該当するという前提で書かれているものだが、パチンコ店の取材を長く続けている筆者にすれば、的外れもいい所である。

 無論、だからと言って、パチンコ店が「安全」だという訳ではない。本稿は、パチンコ店を槍玉に挙げる記事についての反論ではあるが、そもそも現状において、まして不特定多数の客が出入りする商業施設のなかで、絶対に安全なところなど無い。あくまで、パチンコ店が他の商業施設と比べて、感染危険度が高いという論調は違うというだけだ。

◆開店前の行列には十分注意を

 最後に、パチンコをする人には気を付けてもらいたいこともある。

 例えば開店前の行列。人気店には、開店前から多くの客が並ぶことがある。

 決められた時間内に入場抽選を行い、開店時間までに整列し、決まった時間までに入店させるには、或る程度、来店客の統率が必要不可欠であり、その際には客が密集する。客同士、情報交換等の会話も頻繁に行われる。また並ぶ場所も駐車場であったり、店舗外に設置された階段であったり、店内に比べ比較的狭い空間になっている。この状況は、政府が示した「危険な状況」に該当する場合があるので注意を促したい。

 最近では、開店前の入場抽選ではマスク着用がハウスルールで義務付けられていたり、そもそも入店時のマスク着用を義務付けていたりする店舗もあるが、そうでない店舗もあるが、すべての店舗がそのような対応をしている訳ではない。

 不特定多数が触ることになる遊技台のハンドルなども危険性は高いことは認識しておくべきだろう。

 また駅前立地の小型店舗や、古くから営業している店舗では空調機能が劣化していたり天井が低かったりする店もある。また分煙ボード等の設備が無い場合もある。すべてのパチンコ店が同じ条件ではないという事を予め知った上での遊技をお勧めしたい。 

 パチンコ店ばかりではない。映画館やカラオケ、ボーリング場やゲームセンター。多くの娯楽施設の営業は苦しい。

 稀にみる「非常事態」である。不要不急の娯楽施設に行くも行かないも、個々人の判断に拠る部分が大きいが、リスクは常に付きまとう。施設側では、しかし来てくれるお客様のために、そのリスクを最小化するための努力を怠ってはいない。

 「行かない」自由もあれば、「行く」自由もある。ただ正確に知りもせず、間違った論拠で、「行ってはいけない」と言ってはいけない。

参照/Greenbelt

<取材・文/安達夕>

【安達夕】

Twitter:@yuu_adachi

関連記事(外部サイト)