コーチングしているつもりがただの命令に……。部下をがんじがらめにする上司がすべきこと

コーチングしているつもりがただの命令に……。部下をがんじがらめにする上司がすべきこと

コーチングしているつもりがただの命令に……。部下をがんじがらめにする上司がすべきことの画像

 トップダウンの指示・命令によるマネジメントではなく、ボトムアップの傾聴によるコーチング型リーダーシップを発揮するリーダーが増えている。しかし、演習をしていると、コーチング型リーダーシップを発揮し始めていても、いつの間にトップダウンに移行してしまっているケースが多い。

◆コーチングが途中からトップダウンに

 私はコーチングを実践するために、5つのコーチング質問を繰り出す演習を実施している。この5つのコーチング質問で対話を始めても、途中からトップダウンになってしまっているケースが多い。

 話しているリーダーは、5つのコーチング質問を口に出すことを意識している。そして、たしかに5つのコーチング質問を繰り出しているので、コーチングを実施していると思っている。

 しかし、自撮りしたビデオを確認してもらうと、コーチング質問を繰り出しているようには見えない。トップダウンの指示・命令によるマネジメントが強調されてしまっているのだ。

 どういう状況かというと、たしかに5つのコーチング質問は口に出しているのだが、それらの質問にメンバーが答えるたびに、リーダーが指示・命令をしている。メンバーが答えた内容に対して、リーダーが指示・命令を繰り出して以降、トップダウンの面談になってしまっているパターンもある。

 一方、トップダウンの指示・命令も口にはしているが、全体として、コーチング型リーダーシップが発揮されている面談もある。それは、5つの質問に対するメンバーの返答に対して、指示・命令を一切加えずにリアクションし、指示・命令は5つの質問の最後に伝えている場合だ。

◆対話の順番を間違えると機能不全に

 つまり、コーチング型リーダーシップを発揮するポイントは、指示・命令ではなく5つのコーチング質問を繰り出し、メンバーが答えたあとにも指示・命令ではないリアクションを行う。指示・命令をしたかったり、しなければならなかったら、5つのコーチング質問が終わってから、最後の5つの質問の「サポートを得たいことは何ですか?」の質問に対してリアクションを終えてから、指示・命令を行うことだ。

 つまり、「5つのコーチング質問」をはじめに行なって、完了させたから「指示、命令」をするという、対話の構成の問題なのだ。この順番を間違えてしまうから、コーチングが機能しない。

【5つのコーチング質問】

@どうでしたか?

Aうまくいったことは?

Bうまくいかなかったことは?

C改善したいことは?

Dサポートを得たいことは?

「指示・命令」

 コーチングを繰り出さなければと頭で思っていても、普段から指示・命令をする習慣がついてしまっているので、とっさのときに、指示・命令が出てしまうというケースもある。

 中には、リーダーなのだから指示・命令するのが仕事だとはき違えていて、メンバーが発言したら指示・命令を組み込まなければならないと誤解しているケースもある。

 最初はコーチングを繰り出していても、途中からトップダウンに移行してしまうケースは、「改善したいことは何ですか?」の質問のあとにメンバーが返答すると、そこから指示・命令に移行してしまうケースが多い。そこをぐっとこらえて、「サポートを得たいことは何ですか?」と質問することが、トップダウンに陥るか、コーチングが実施できるかのターニングポイントだ。

◆質問に対しては5つの受け身をとる

 このように申し上げると、「5つのコーチング質問をしてメンバーが答えたあと、リーダーはどのようなリアクションをすればよいのか」という質問があがってくる。「そもそもリアクションの方法がわかっていないから、いつもの指示・命令が口に出てくる」というわけだ。

 指示・命令の代わりに、5つのリアクションスキルを発揮することがお勧めだ。5つのリアクションスキルとは、反復、詳細、要約、例示、経験のフレーズでリアクションすることだ。

 反復とは、メンバーの発言を繰り返すだけだ。詳細とは、メンバーの発言をリーダーがもっている知識の範囲で詳しく言い換えることだ。要約とは、リーダーがメンバーの話の要点を話すということだ。メンバーの話に関連している、リーダーの思いつく例や実話を挙げるのが、例示や経験だ。

 これらの5つの質問と5つのリアクションスキルを発揮していると、メンバーから信頼されるリーダーになろうということを思わなくても、信頼度が高まる。

 これらのリアクションには、指示・命令が含まれていない。リアクションに注力しながら、5つ目の質問である「サポートを得たいことは何ですか?」までこぎつけることができれば、コーチングが実施できているということと同じことなのだ。

◆改善するための助けを探る

 質問:「サポートを得たいことは何ですか?」の質問の繰り出し方

 「サポートを得たいことは何ですか?」の質問は、具体的にどのように繰り出せばよいのでしょうか?

 回答:指示しないで質問する

 「どのように改善したいですか」という質問に答えてもらったあとに、それを実現するために、サポートを得たいことを聞きます。

改善したいことを聞くと、上司としては、つい「それをやれ」「そうではなくてこれをやれ」と指示したくなるものです。しかし、そうしてしまうと、結局トップダウンの指示になってしまいます。

 上司は、部下からサポートを得たいことを聞いて、全てでなくても一部であっても、できるだけそれをサポートすることを約束します。そうすることで、改善したいことを実施しようという部下の意欲が格段に高まり、パフォーマンスが飛躍的に向上します。

「サポートを得たいことは何ですか?」の質問表現の例は、次のとおりです。

〈事例〉「サポートを得たいことは何ですか?」の質問例

・改善するために、サポートを得たいことは何ですか?

・その取組のために、どのような支援があれば嬉しいですか?

・壁を乗り越えるために、私で応援できそうなことは何でしょうか?

【山口博[連載コラム・分解スキル・反復演習が人生を変える]第180回】

<文/山口博>

【山口博】

(やまぐち・ひろし)

モチベーションファクター株式会社代表取締役。国内外企業の人材開発・人事部長歴任後、PwC/KPMGコンサルティング各ディレクターを経て、現職。近著に『チームを動かすファシリテーションのドリル』(扶桑社新書)、『クライアントを惹き付けるモチベーションファクター・トレーニング』(きんざい)、『99%の人が気づいていないビジネス力アップの基本100』(講談社+α新書)、『ビジネススキル急上昇日めくりドリル』(扶桑社)がある

関連記事(外部サイト)