夜の街を襲う「コロナショック」。困惑する性風俗産業

夜の街を襲う「コロナショック」。困惑する性風俗産業

普段は風俗嬢と客がそこかしこに見られる鶯谷ホテル街。今や歩く者はほとんどいない

 濃厚接触を超えた“超濃厚接触”が行われる風俗業界は今、コロナ騒動の煽りでどこもかしこも売り上げが激減。そこで取材班は関東、関西の風俗業者に緊急アンケートを実施。風俗業界の悲痛な叫び声に耳を傾けた。

◆男の欲望も今回ばかりはコロナに負けてしまうのか

 新型コロナウイルス(以下、コロナ)の新たな感染者が現れるたびに、その行動履歴が詳しく調べられる。もしもスポーツジムや飲食店などの閉鎖空間にいたことがわかれば、そこで同じ時間を過ごした濃厚接触者に注目が集まる。もはや「濃厚接触」は、今年の流行語大賞獲得間違いなしの広がりを見せているキーワードだ。

 このパニック気味の風潮の折、割を食っているのが風俗業界だ。あらゆる業態の中でも最も濃厚な接触が行われるサービスゆえ、世間の反応はとりわけ敏感だ。風俗好きの男性であっても、さすがに腰が引けるという。

「もし感染したら、自分がどこのお店でどんな人と会ったかも調べられて報道されかねない。リスクが高すぎますよね」(風俗好きの男性会社員)

 こうした世相を、当事者たちはどう見ているのかを正面から調査すべく、取材班は、関東と関西の風俗店15軒にアンケートを実施。WHO(世界保健機関)が緊急事態宣言を出した1月31日以降の商売の状況を聞いてみた。

▼Q.1 コロナショックで売り上げが減ったか?

・YES 14件

・No 1件

※1月の売り上げと比べ2月の売り上げを比較したのがこちらの回答

▼Q.2 2月の売り上げ

・1〜2割減 7件

・3〜4割減 4件

・5割以上減 3件

・変わりなし 1件

※売り上げの比較対象は1月。最大8割減を筆頭に約半数が3割減となった

▼Q.3 コロナ対策をしているか?

・している 12件

・していない 3件

※していないと答えた3店も「そもそも衛生管理はしっかりしている」と回答

▼風俗店が実施しているコロナ対策ベスト5

1位 アルコール消毒剤設置

2位 うがい手洗いの徹底

3位 出勤時に嬢の体温測定

4位 料金割引イベント連発

5位 ラッシュを避けた出勤

※「値引きをしても反応は薄かった」という声もあり、状況は厳しい。今は嵐が過ぎ去るのを待つばかりの日々

◆2月は売上が5分の1近くになった店も

 まず、1月と比較して2月の客入りはどう変化したか尋ねたところ、影響なしと答えたのは千葉県のデリヘルのみ。人影もまばらな郊外をカバーする商圏の店では、客たちの危機意識はまだ低いようだ。対照的に都市部では壊滅的な8割減の大阪・梅田の人妻ヘルスを筆頭に、各店舗とも軒並み数字を落としている。

「1月には240万円あった売り上げが、2月は50万円まで落ち込んでいます。ウチの店の規模でこれだけ減ると、本当に厳しい。風俗街を歩いている人も減っていますね」(大阪・梅田の人妻ヘルス)

 さすがに同店ほどの減少は極端な事例だが、アンケート結果を見ると、おおむね2〜3割程度の減少幅が一般的のようだ。各店とも予約のキャンセルが増えている実感があるという。

「予約キャンセルの理由として多いのが、お客さんの体調不良。『もし僕がコロナだったら女のコにうつしちゃうと申し訳ない』とおっしゃいますね。コロナ対策で勤務先が在宅ワークを導入したので家にいなくちゃいけないとか、東京出張に合わせて遊ぶ予定を立てていたのに、出張自体が延期になったという話もよく聞きます」(東京・五反田のデリヘル「otocha〜大人のおもちゃセールスレディ〜」)

 テレワークの影響が風俗界まで及ぶとは、誰が予想したことか。もともと風俗業界では、年末年始の繁忙期の反動で2月は落ち込むのが常とはいえ、「外国人観光客がめっきり来なくなった」(東京・歌舞伎町のデリヘル)、「新規客が先月の半分に激減」(大阪・谷九のホテヘル)といった情報も多く寄せられており、コロナの影響は甚大なのだろう。

 もちろん、そうした移り気なインバウンド需要やお試しの客だけでなく、日頃から店に足繁く通っている常連客たちも、コロナ禍には戦々恐々だ。

「お店に遊びに行きたいが、周りからストップをかけられていると嘆く声を聞きますね」(大阪・梅田のホテヘル)

 また、大阪日本橋の人妻ヘルスには「店は大丈夫なのか?」と心配する問い合わせが相次いでいるというし、大阪・梅田のデリヘルでは、「外国からの客を受け入れるな」という差別的・排外的なメールが届いたそうだ。

◆風俗嬢たちも戦々恐々の日々

 一方、未知のウイルスへの恐怖から人々の心が荒むなか、風俗店で働く嬢たちも動揺している。

「コロナに感染するのが心配で、女のコたちの接客モチベーションが下がっていますね。コロナが落ち着くまで出勤を控えると言っている女のコもいます」(大阪・梅田のホテヘル)

 また、感染への不安ではなく、収入面も日銭商売である彼女たちの懐を圧迫している。

「お客さんも少ないから、どこか働ける昼間の仕事を探しています」(東京・吉原のソープランド嬢、ユキコさん)

 もともと性感染症のリスクに裸でさらされている彼女たちではあるが、よく効く薬もあり、治療法も確立している。むしろ治療法が確立されていないコロナを不安がるのは当然だろう。

 また、安倍晋三首相が全国の小中学校に要請した休校措置も、嬢の出勤に大きく影響している。

「小さなお子さんを抱えている女のコが、出勤できないことが多くなりました。この業界にはシングルマザーが多いですから、学校が休みになるともろに影響が出ますね」(大阪・梅田のデリヘル)

 そんな苦境の嬢たちを思ってか、来店客の間に新しいルールが自然発生するケースもある。

「自発的にマスクを着けたり、消毒液を持参して来店するお客さまが急増しています。中には、これからソープ遊びをするというのに、自宅で入浴を済ませてくる方も多数いらっしゃいますよ。コロナ以前から直前にイソジン、手洗い、歯磨きは絶対でしたが、お客さまの希望でゴム使用も増えました」(茨城・水戸のソープランド「ラブハーレム」)

 東京鶯谷の「鶯谷デリヘル倶楽部」では、「お客さまの要望でキャストとともにマスクをしたままプレイした」との事例もあるというから驚きだ。

◆店側は割引だけでなく衛生管理徹底に努力も

 こうした状況を打破するべく、多くの風俗店では大幅な割引イベントを打っている他、店側も衛生管理意識が向上している。ただ、そこも「物不足」が障害になる。

「プレイ道具は、ていねいにウエットティッシュで拭き掃除をしていますが、今はどこの店に行っても品切れ状態。抱えている手持ち在庫がなくなったら困る」(千葉・市原のデリヘル)

 などと、マジメな業者ほど昨今の衛生用品不足に苦慮しているのだ。

「ソープランドには世間で不足しているアルコール除菌グッズやイソジン、ウエットティッシュなどは大量に在庫があります。働く女のコも日頃から感染症の防止に力を入れるように教育されているので安全です。カラダも心もスッキリしに来てください!」(東京・吉原・ソープランド「銀馬車」、戸田ゆりあ嬢)

◆コロナ騒動で急増!?“困った客”の呆れた実態とは……

 コロナショックで風俗界が頭を悩ませるのは、売り上げや客の減少だけではない。

「酔っぱらって入ってきて、コロナじゃないって証明できるコがいる店ってある?とか、濃厚接触はヤバくないか?とかいう人はいますね」

 苦笑いで話してくれたのは、新宿・歌舞伎町の風俗案内所スタッフだ。コロナ騒動以降、こうした“困った客”は少なからずいるようで、前出のソープ嬢、ユキコさんも困った客から受けた被害を語ってくれた。

「大量のイソジンを持ち込んで、お風呂とマットで使うローションに入れてくれって言うんです。2日くらい体からイソジンの匂いが取れなくてツラかった。そんなにコロナが不安なら来なきゃいいのに……」

 ほかにも、取材では「コロナに効く」と言って怪しいサプリメントを渡されたというデリヘル嬢もいた。

「コロナ騒動以降、夜の歌舞伎町はすっかり寂しくなりました。冷やかしでも来てくれる人は大切ですよ」

 騒動が終息するのはいつになるのだろうか。

<取材・文/野中ツトム(清談社) 望月珠美 中山美里 加藤 慶 佐藤永記 取材協力店/ラブハーレム 池袋サイドライン 鶯谷デリヘル倶楽部 otocha〜大人のおもちゃセールスレディ〜 銀馬車・戸田ゆりあTwitter@toda_yuria>

関連記事(外部サイト)