人生の軸を見つめ直す!? 外出自粛期間中にすべき心のエクササイズ

人生の軸を見つめ直す!? 外出自粛期間中にすべき心のエクササイズ

photo via Pexels

 こんにちは。皆さまはどうお過ごしでしょうか。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、学校は休校になり、各種イベントは中止され、在宅勤務を実施する企業が多くなり、家にいる時間が増えた方も多いのではないかと思います。

◆エクササイズで自分をよりよく知る

 せっかく在宅時間が増えたなら、普段はあまりそんなことを考える余裕もないと思いますので、この時間を利用してあらためて、自分のことを見つめ直す時間にあててみてはいかがでしょうか。

 本日は、自宅で簡単にできる「自分を見つめ直す」ための、さまざまなエクササイズをご紹介します。

 1.「自分のやりたいこと」を知るエクササイズ

 

 初めにご紹介するのは、『心に響くことだけをやりなさい!』(著:ジャネット・アットウッド/クリス・アットウッド)でとりあげられている、「自分のやりたいことを知る」ためのエクササイズです。やり方は次の通りです。

 「理想の人生を生きているとき、私は_____。」

 上記の文章の空欄に、あなたが理想とする人生を生きているときに「自分がなっているもの」「していること」「持っているもの」などを考えて、埋めていきます。最低でも10個、できれば15〜20個書き出しましょう。

 次に、書き出した項目の優先順位をつけていきます。まず1番目の項目と2番目の項目を比較し、「どちらのほうが自分にとって大切か?」「どちらかしか選べないとしたら、どちらの方を選ぶか?」という観点でどちらかを選びます。

 そして仮に2番目を選んだら、今度は2番目と3番目を比較し、今度は3番目を選んだら、3番目と4番目を比較する……といった調子で上から順番に一対比較を行なっていきます。

 そして最後に残っている項目こそが、あなたの最もやりたいこと、というわけです。

◆人生を豊かにする要素とは

 2.「自分の人生を豊かにするもの」を知るエクササイズ

 次にご紹介するのは、自尊心研究で知られる精神分析医、ナサニエル・ブランデンが考案した「自分の人生を豊かにするものを知る」ためのエクササイズです(『HAPPIER』著:タル・ベン・シャハーより)。

 やり方は簡単で、まずは次の文章の空欄に入る文を自分なりに考え、全体の文章を完成させます。ひとつの文章につき、入れる文はいくつ作っても構いません。

 「もしも私が、もっと鋭い知能を人生に使えるとしたら、_____。」

 「もしも私の人生に、もっと幸せを持ち込むとしたら、_____。」

 「もしも私が、自分の願望を満たすことに貪欲になるとしたら、_____。」

 「もしも私が、自分の価値観にもっと忠実に生きるとしたら、_____。」

 「もしも私が、もっと素直に『YES』『NO』を言えるとしたら、_____。」

 「もしも私が、もっと自由に幸せを感じるとしたら、______。」

 「私が今、気づきつつあることは、______。」

 

 次に回答が出揃ったら、それらをじっくり見直してみましょう。きっと人生に有意義な変化をもたらす、重要なアイデアを得ることができるはずです。

◆どんな価値基準で行動しているか

 3.「自分の大切にしているもの」を知るエクササイズ

 次にご紹介するのは、『成功と幸せのための4つのエネルギー管理術:メンタル・タフネス』(著:ジム・レーヤー)の中でとりあげられている、「自分の大切にしているものを知る」ためのエクササイズです。

 まずは、次の質問に対するあなたなりの答えを考え、書き出してみましょう。

 あなたが人生で学んだ最も大事なこと(子供たちに伝えたいこと)を3つ挙げてください。また、その理由を挙げてください。

 あなたが心から尊敬する人は誰ですか。その人について、あなたが最もすばらしいと思う点を3つ挙げてください。

 自分の良いところを100%発揮しているときのあなたは、どんな人ですか。

 人生におけるあなたの真の姿が墓石に一文で刻み込まれるとしたら、あなたはどんな文章が刻まれることを期待しますか。

 次に、書き出した答えをすべて見直してみて、それらの裏に隠れている、あなたの行動の指針となる根本的な価値基準を探り出してみましょう。それこそが、あなたが人生で最も大切にしている価値観であるはずです。

◆回答から見える自分の真の声

 4.「自分の人生の目的」を知るエクササイズ

 最後にご紹介するのは、心理学者、ローラ・キングらが開発した「自分の人生の目的を知る」ためのエクササイズです(『ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則』著:バーバラ・フレドリクソンより)。

 まずは次の文章を読んでみてください。

 あなたが、これから10年間懸命に努力して、能力を最大限に活かし、目標を全て達成し、夢を実現したと仮定します。

 その時あなたは、何処でどんな生活を送っているでしょうか?

 上記の文章を読んで想像した、周囲の状況や自分の気持ちなどを細かくノートに書き出します。

 次に、書き出した文章を見直してみて、そこから浮かび上がってくる、自分にとって一番大切な人生の使命を導き出してみます。「このために自分は毎日生きているのだ」と思えるようなことです。それを短い文章にまとめます。

 その内容は、もし仮にあなたが亡くなったとして、あなたの葬儀の際に誰かが弔辞で「あなたは生前、〇〇をした人間でした」と読んだとしたら、納得のいくものになっているでしょうか。もしそうであれば、その夢を達成するために今後の10年間をどう生きるのか、あらためて考えてみましょう。

 いかがでしたでしょうか。どのエクササイズにも共通する重要な点は、自分が書き出した答えの背景にある、自分の真の声に気づくことです。それができれば、あなたはあなたの人生に揺るぎのない「軸」を得ることができるでしょう。空いた時間などを利用して、ぜひチャレンジしてみてください。

<文/高田晋一>

【高田晋一】

たかだしんいち●(株)成功データ研究所 代表取締役。作家。データアナリスト。成功哲学/自己実現の専門家。早稲田大学第一文学部哲学科卒業、英国国立ウェールズ大学経営大学院Postgraduate Diploma取得。電通グループ各社で10年以上にわたり、リサーチ・ディレクターとして市場調査やデータ分析を担当。

「一生懸命努力してきたのに、なぜ自分は成功を手にできないのか?」という長年の疑問から、成功哲学に関する研究を始め、1000冊以上の文献を調査してあらゆる自己実現法を自ら試し、独自のメソッドを確立。その後独立し、「叶ャ功データ研究所」を設立。これまでの研究結果を書籍やセミナー、記事などを通じて発表しているほか、「本当にやりたいこと」を発見し、実現するためのコンサルティングサービスなどを行なっている。

著書に、『「人生成功」の統計学 自己啓発の名著50冊に共通する8つの成功法則』(ぱる出版)、『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人生の変え方』(サンクチュアリ出版)、『大富豪の伝記で見つけた 1億稼ぐ50の教え』(サンクチュアリ出版)、『成功法則大全』(WAVE出版)『やってみてわかった 成功法則 完全実践ガイド』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など

HP:「成功データ研究所」 メルマガ:「今日の成功データ」

Facebook:高田晋一 Twitter:@shinichi_exp 無料相談:successful-data.com/consultinglp/

関連記事(外部サイト)