5日間で自殺未遂を6回。大便を床に塗りつける……。それでも拘束する入管の異常

5日間で自殺未遂を6回。大便を床に塗りつける……。それでも拘束する入管の異常

デニズさんは過去何度と自殺未遂を繰り返している。2017年に首吊り自殺未遂したとき、入管側が記録として撮影した画像

◆入管に「殺されかけた」クルド人男性

 3月24日。出入国在留管理庁(以下、牛久入管)に延べ4年も収容されていたデニズさん(トルコ国籍のクルド人)が仮放免(収容を一時的に解く措置)された。迎えに来ていた日本人妻さんをハグすると、デニズさんは絞り出すような声で泣いた。

 すでに昨年、長期収容による「拘禁反応」との診断も受けていたデニズさんは、今年2月になってからは約10回の自殺未遂を起こすほどに精神状態が乱れ、関係者の誰もが近いうちに未遂では済まないと心配しただけに、そのハグを見て筆者はほっとした。

 昨年1年間だけでも、デニズさんは入管職員による暴力的な制圧を受けたり、仮放免を求めての集団ハンストに参加したり、その結果として仮放免はされるがわずか2週間後には再収容されるという奈落の底に突き落とされるような処遇を2回も経験した。

 今回の仮放免は1か月間という普通の仮放免であり、今後はその更新(延長)が重ねられると思うが、それでも、デニズさんが負った心の傷を癒すには長い時間がかかる。デニズさんが牛久入管でどんな経験をしてきたのかを2回に分けてリポートする。

◆5日間で自殺未遂を6回

 5日間で自殺未遂を6回。大便を床に塗りつける。目の焦点が合わない……。牛久入管では、心を壊す外国人が続出している。

 牛久入管には、何かしらの理由で日本での在留資格がない外国人が約300人収容されている。彼らは「本国送還」を前提に収容されているが、問題は、2016年頃から、2年や3年といった長期収容が常態化していることだ(最長は約6年)。本国送還という前提は変わらないが、一時的に収容を解く「仮放免」という措置を受けられる人もごくわずか。

 いったいいつ外に出られるのか。自分の将来が一切見えない境遇に多くの人が「抑うつ状態」や「拘禁反応」などの精神疾患を抱えている。

2月27日。筆者は牛久入管でデニズさんに面会した。

デニズさんはクルド人が差別や弾圧される日常から逃れるために2007年に観光ビザで来日。難民認定申請が認められず、オーバーステイをしたこともあり在留資格が付与されず、幾度と収容と仮放免を繰り返してきた。

 2016年6月に3度目の収容となるが、2016年から出された入管庁の「2020年東京オリンピックまでに、不法滞在者等『日本に不安を与える外国人』の効率的な排除に積極的に取り組むこと」や「重傷者でない限りは収容を継続する」との通知に従い、デニズさんも長期収容されることになる。

◆天井のエアコンの通風孔で首を吊ろうとしたが、死ねなかった

 牛久入管では、外出禁止、家族との面会もアクリル板越しに30分だけといった処遇に加え、何度も仮放免申請を出しても、ほとんど許可されないことで「いったい自分はいつここを出られるのか」との絶望感から心を壊す人が現れる。

 この現状を打破するために、被収容者たちは昨年、最大時で100人規模のハンガーストライキを実施した。水以外の一切を飲まないハンストを1か月もすれば、誰もが10kg以上も体重を減らし、倒れても血を吐いてもハンストを続けた。

 さすがに牛久入管も動いた。少人数ずつだが、ついに彼らに仮放免を許可したのだ。だが、通常、1か月間は許可される仮放免(その後も更新される)は、彼らには2週間という超短期。しかも、ほとんど誰にも更新(延長)は許可されなかった。デニズさんもその一人で、ハンストによる仮放免を昨年2回経験したが、いずれも2週間だけで再収容された。

 入管から仮放免されるときは、被収容者は最低でも10万円、高い人で50万円という保証金を支払わなければならない。知人に無理を言ってお金をかき集めても2週間後には再収容。そしてハンストをやるたびに自身の体も干からびていく。

 皆、疲れてしまった。2020年2月の時点で、もうハンストをやる被収容者はほとんどいない。デニズさんも、愛する日本人妻と話し合い、健康な体を維持するためにハンストはもうしないと決めた。だがそれは同時に、2週間であれ、仮放免の可能性も小さくなったことを意味する。

「もう出られないのか」

 2月21日。そう思ったとき、デニズさんは何も考えずにシーツを天井のエアコンの通風孔に通して輪を作り、そこに自分の首をかけた。

 だが死ねなかった。気づけば、被収容者が言うところの懲罰房(入管は「隔離室」と呼ぶ)にいた。デニズさんは意識を失った後、救急搬送され、病院で処置を受けたあと、牛久入管に戻るが、そのまま懲罰房へと入れられたのだ。

 そして翌日も、その翌日も自殺を図る。

◆数回続いた自殺未遂

 2月27日。筆者はデニズさんに面会したが、2月21日から25日までの5日間で6度も自殺を図った。6回のうち3回は首つり、2回はビニールを飲む。1回は頭をドアに思い切りぶつける。このうち3回は救急車が出動したようだ。

 ところが、この6度とも計画的自殺ではない。「死にたい」と思ったら衝動的にやる。だから自殺を図った前後の記憶はほとんどない。デニズさんは自分の行為に「私は怖い。私はまた自殺をするのでしょうか」と震えていた。

 果たして、その後も数回の自殺未遂が続いた。精神状態が極めて不安定だ。デニズさんは長期収容の影響から、昨年の2週間だけの仮放免で精神科を受診しているが「拘禁反応の疑い」と診断された。だが、結局はその病巣に戻された。病気が悪化することは素人でもわかる。

 3月4日にデニズさんから筆者に電話が入る。飲んだビニールはまだ胃か腸に残っているそうで、医師は自然と排泄されるはずと言ったそうだが、そんな気配はゼロで、気持ちが悪くて食事が進まないそうだ。

 彼がまた自殺を企てないという保証はどこにもない。もし最悪の事態が起きた場合、牛久入管はどう責任を取るのだろうか。

◆ある日突然、排泄ができなくなった

 2月27日。筆者はデニズさんのほかにもう一人と面会した。トルコ人のY.Sさんだ。Y.Sさんは、今、排泄のコントロールができない。昨年のある日突然トイレで排泄ができなくなり、大便を床などに塗り付ける行為を繰り返している。本人もそれを「異常」だと認識しているのに止められない。

 ズボンの上をめくってもらうと、紙パンツをはいていた。本人曰く、シャワーもここ1か月浴びていないという。そして来ていたシャツも異様に黄ばんでいたので尋ねてみれば、そのシャツを1か月間着続けている。だから「私は臭い。でも体も服も洗おうという気が起きないんです」。

 Y.Sさんは昨年の牛久入管での集団ハンストに加わり、それが功を奏したのか、10月上旬に仮放免された。だがやはり2週間だけ。2週間経った10月16日の朝、仮放免更新手続きに出かけるとき、Y.Sさんの2人の娘(小学生)が「行かないで!」と泣いた。

 そして再収容されるが、11月11日、Y.Sさんは突然成田空港に連れていかれ、無理やりトルコ行きの飛行機に乗せられようとした。驚いたY.Sさんは、徹底して搭乗を拒否。このときのことをY.Sさんはこう振り返る。

「もし、私に娘がいなかったらトルコに帰ります。でも、娘が私を待つ以上、帰るわけにはいかないんです」

 ハンストで弱った体、娘との辛い別れ、突然の強制送還手続き、長期収容への絶望感…。次々と我が身に降りかかる不運に、ある日突然、「頭がパーンと吹き飛んだ」感覚に襲われ、Y.Sさんは以後、トイレでの排泄ができなくなった。 

「ウンコを床に塗り付けるのもヘンな行為と判っていても、止めることができません。私はこのままでは、頭がおかしくなる。ここでは私、命がないみたいです。死にたいです」と訴えていた。だが、2人の娘の存在がそれを思いとどまらせている。

◆デニズさん「私は入管で何が行われているかをどこででも訴えます」

 実は、娘たちにはY.Sさんが茨城県で長期出張中ということになっているそうだ。娘たちに会いたい。でも、会えば娘たちは自分の実情を知る。だから、会えない。あまりに切ない話である。

 Y.Sさんは今も収容されたままだが、デニズさんは外に出た。だが、仮放免されたからといって手放しでは喜べない。ハンストによる仮放免ではないので、再収容の可能性は低いが、問題は、この4年間で負った心の傷がいつ癒えるかだ。デニズさんだけではない。長期収容の末に仮放免された外国人のなかには、フラッシュバックによるPTSDや躁鬱状態に襲われる人が少なくないのだ。

 デニズさんは「私はこれからも入管で何が行われているかをどこででも訴えます」と決意していた。だが妻のHさんにしてみれば、ボロボロになるまでに追い詰められたその心と体を癒すことを優先したい。3月24日の仮放免のあと、Hさんは「すぐに病院に連れていきます」とデニズさんを車に乗せて牛久入管を後にした。

 そして仮放免は一般社会に住めるとはいえ、本国送還が前提とされているので「就労禁止」と「許可なき移動の禁止」が大原則。だが2011年にHさんと入籍しているデニズさんには、なぜ自分に在留資格が与えられないかの疑問を払しょくすることができない。今後は在留資格を得ることもデニズさんの闘いになる。まずはゆっくりと体を休めてほしい。

<文・写真/樫田秀樹>

【樫田秀樹】

かしだひでき●Twitter ID:@kashidahideki。フリージャーナリスト。社会問題や環境問題、リニア中央新幹線などを精力的に取材している。『悪夢の超特急 リニア中央新幹線』(旬報社)で2015年度JCJ(日本ジャーナリスト会議)賞を受賞。

関連記事(外部サイト)