当時の主力蒸気機関車には劣ったが、四国鉄道無煙化を担った国鉄電気式ディーゼル機関車<コロラド博士の鉄分補給>

当時の主力蒸気機関車には劣ったが、四国鉄道無煙化を担った国鉄電気式ディーゼル機関車<コロラド博士の鉄分補給>

展示中の電気式ディーゼル機関車DF50-1 2019/11/23撮影 牧田寛 四国鉄道の無煙化に貢献したDF50のトップナンバー(三菱重工製造)で、準鉄道記念物です 下り(松山方、1エンド側)から撮影

◆四国鉄道無煙化の担い手DF50-1

 前回、四国鉄道文化館北館に展示されている新幹線0系電車21-141をご紹介しました。今回はその隣に展示されている国鉄電気式ディーゼル機関車DF50-1をご紹介します。今回も写真とそのキャプションで多くの説明をしています。

 DF50-1は、1957年に製造されたDF50の先行試作車で、準鉄道記念物です。量産型を含めて138両製造された、本邦初の実用型として量産に成功した大型ディーゼル機関車です。当時、日本には鉄道用大型ディーゼル機関の製造能力がなかったために、エンジンはドイツからのスルザー型、マン型二系統の技術導入となりました。

 日本は今でこそ内燃機関技術に優れていますが、当時は、戦前からこの分野では著しく後進的で、とくに国鉄ではディーゼル機関の開発が思わしくありませんでした。

 結果として気動車(ディーゼルカー)の大量配備においては、戦前のたいへんに遅れた技術によるDMH17系ディーゼルエンジンが1951年(昭和26年)に採用され、1960年代末まで大量に配備されました。そのため今世紀になっても基本設計が戦前のDMH17系エンジンが現役で大量に使われていましたが、2010年前後に急速に廃車となり、今日では小湊鐵道などの民鉄に残る状態です。

 機関車用大型ディーゼルエンジンの開発も当時の国鉄には困難で、ドイツからの技術導入となりましたが、同様に変速機の製造技術も未発達であったために電気式ディーゼル機関の採用となりました。

 電気式ディーゼル機関とは、ディーゼルエンジンで発電機を回し、発電した電力でモーターを動かすというもので、機関が複雑で重くなると言う弱点がありました。一方で起動トルクが電車同様に大きいなどの利点もたいへんに多いのですが、残念ながら当時の技術では電気式駆動の利点は生かせませんでした。

 DF50は、残念ながら当時の主力蒸気機関車であるD51やC57などに比べると性能不足のために代替となりませんでしたが、軸重を小さくできたために規格の低い亜幹線に乗り入れることができ、四国では土讃本線と予讃本線(高松・伊予市間)の無煙化に貢献し、C58などの蒸気機関車を駆逐して行きました。

 筆者は、日豊本線の延岡・宮崎間でDF50牽引の客車列車によく乗ったものでした。当時の南延岡機関区には、蒸気機関車D51(なめくじ型)とDF50がいたと記憶しています。

◆静態保存中のDF50-1

 このDF50-1は、四国で大活躍した後、1983年に引退、その後、準鉄道記念物に指定され、多度津工場で動態保存されてきました。2007年10月13日の多度津工場一般公開の時には、既にエンジンは起動するものの部品不足のために走行は不可能になっていたとのことでした。この多度津工場での一般公開を最後に同年11月26日開館の四国鉄道文化館へ移設されました。このDF50-1は、車籍を残しているとのことです。

 四国鉄道文化館では静態保存に移行していますが、ピッカピッカに磨かれていて、説明プレートもたくさん貼られ、運転席に入って触り放題です。これは素晴らしいです。

 DF50-1の周囲を一回りし、ウッドデッキに登って機関室を覗いたあとで運転台に入りました。

◆触り放題なのに保存状態のよい運転席!

 すでに60年以上経過し、現役時代に地球を67周分も走っただけあってかなりくたびれていますが、保存状態はたいへんによいです。準鉄道記念物として多度津工場で大切に動態保存されてきただけのことはあります。

 さらに降車して、次は足回りをみてまわります。

◆足回りも状態良し!

 足回りも丁寧に手入れされており、さらに説明シールがこまめに取り付けられています。さすがに26年間走り回ったために痛みもありますが、丁寧に磨かれ、塗装されており見事な保存状態です。

 なお車内には、DF50コック類配置図の複製が展示されています。かつての国鉄職員の親族が提供したとのことで、四国鉄道文化館にはかつての国鉄職員よって提供された展示物がたいへんに目立ちます。

 DF50はこの1号機のほかに大阪市東淀川区菅原天満宮公園に保存されている4号機、大阪の交通科学博物館からに津山まなびの鉄道館に移設された18号機(量産型)の僅か3両が現存します。残念ながら4号機は檻の中かつ厳重にフェンスで囲われており近づけません。18号機は、扇形庫で管理されていますのでこれも状態は維持されそうです。

 これら3両の中で、四国鉄道文化館北館で静態保存されている1号機は、常時展示車両に乗り込む事ができ、触ることもできますので満足度が高いです。

 さて、ここで最後に2007年10月13日、多度津工場での動態保存最後のDF50-1の姿を撮影した姿をご紹介します。

◆多度津工場で動態保存中だったDF50-1

 2007年10月13日に開催された多度津工場きしゃぽっぽまつりでは、動態保存中のDF50-1が西条へ移転する前最後の公開となりました。筆者は、当然見学にゆきましたが、高知から多度津までは、南風号でラクチンでした。

 現地で、多度津工場のご年配の方にお聞きしたところ、エンジンはかかるものの走行は無理とのことで、実質的には静態保存となっていました。

 鉄道車両の保存方法、状態には、様々な意見がありますが本邦では、大概の鉄道遺物がいつの間にか重機の餌食になって消えてしまいますので、少なくとも目立った破損がなく間近で見て触れる、できれば中に入れる状態で維持されていることは貴重と思います。

 ここまで、四国鉄道文化館北館で展示されているDF50-1の勇姿を多度津工場で最終展示されていたときとあわせてご紹介しました。

 さて次回は、四国鉄道文化館北館の他の展示物についてご紹介し、西条シリーズの最後にしようと思います。

<取材・文・撮影/牧田寛>

【牧田寛】

Twitter ID:@BB45_Colorado

まきた ひろし●著述家・工学博士。徳島大学助手を経て高知工科大学助教、元コロラド大学コロラドスプリングス校客員教授。勤務先大学との関係が著しく悪化し心身を痛めた後解雇。1年半の沈黙の後著述家として再起。本来の専門は、分子反応論、錯体化学、鉱物化学、ワイドギャップ半導体だが、原子力及び核、軍事については、独自に調査・取材を進めてきた。原発問題についてのメルマガ「コロラド博士メルマガ(定期便)」好評配信中

関連記事(外部サイト)