日本における民衆蜂起。放射「脳」と揶揄された人々と10万円支給要求に通底する、リーダー不在の民衆のうねり

日本における民衆蜂起。放射「脳」と揶揄された人々と10万円支給要求に通底する、リーダー不在の民衆のうねり

(Photo Adryel Talamantes/NurPhoto via Getty Images)

◆フランスや香港と違って日本では暴動が起きない?

 WHOも「パンデミック」と宣言した新型コロナウイルスをめぐる諸々で一気に後景化した感もあるが、世界中で都市暴動、民衆蜂起とでもいうべきできごとが起きていたことは記憶に新しい。燃料税引き上げに反対する中で2018年11月に発生したフランスの「黄色いベスト」運動や2018年より香港やフランスなどで起こったような都市暴動、民衆蜂起と言うべきものは日本では起こっていないが、3.11から10年目に突入するいま、考えてみたいのはある種の「民衆蜂起」が実は日本でも起こっていたのではないだろうかということだ。

 この都市暴動、人びとが街頭に出て火炎瓶を投げたり、発煙筒を燃やしたり、といったものとはちょっと出方が違うので、たとえばフランスや香港などの状況と比較して、世界では暴動が多く発生しているが、日本はそれが発生しない、というように見えるかもしれない。人によっては、それが日本の良さだ、素晴らしい、という人もいるだろうし、また日本における運動の不在を嘆く人もいるかもしれない。

 けれども、火炎瓶を投げたり発煙筒を燃やすだけが暴動ではないだろう。

 

 すでにある政治的、社会的な秩序を、人びとが自発的にものを考え、怒り、崩し、溶解させていくプロセスとして「暴動」を捉えれば、おそらく放射「脳」問題は、暴動的だったのではなかろうか。

 放射「脳」という言葉がある。これは、いろいろな定義があるようだが、概して放射能恐怖症に対する揶揄や否定の言葉として一般に流通していると考えてよいのではないか。さらに、恐怖に基づいて行動する人、というのも加えられるかもしれない。ともあれ3.11後に現れた放射「脳」をめぐる問題は、地球スケールではたとえば2011年のアラブの春などとの連関を考えることもできるだろうが、それはさておきその「暴動性」ということについて考えてみたい。

◆アンチ・システムだった放射「脳」たちの暴動

 この暴動は指導する人間もいなかったし、統一的な指揮系統も基本的にはなかったと言ってよいだろう。参考にする人や情報はあったが、それに指導される、というものではなかったといって良い。

 動機も、「放射能怖い」かもしれないし、「子供を守れ」かもしれないし、もしかしたら「猫を守れ」かもしれないし、「俺はずっと体調が悪い」かもしれない。「子供を守れ」というのも、もしかしたらそれはなぜかそう言っているだけで、生存そのものが脅かされる、という恐怖はあったろうとはいえ、本当はそうじゃないのかもしれない、というくらいに曖昧といえば曖昧なものだった。

 むしろ恐怖や怒りを共有している人たちがただ単に横のネットワークを作る。たとえばツイッターやフェイスブックを使い、関東や東北のどこかの町の公園の土壌を計測し、食べ物の放射線量を計測する。その数字を共有する。街頭に出てデモンストレーションをするのではなく、口コミやSNSで情報を共有していったという経験が重要だった。

 行政や政府のいうことを鵜呑みにせず、データを自分たちで計測し、思考を組み立てていく。避難、計測、食べない、というのは対抗的な運動やシステムを作るというより、反システム的な運動という性格があったと言えるだろう。香港の暴動で、どこに警察がいるのかをリアルタイムで知ることができるマップがあったが、各地における放射能の線量マップが存在したことなども思い出される。

◆リーダー不在の蜂起

 香港の都市暴動について興味深い分析がある。「2014年の雨傘運動の時にはリーダーがいたが、今回の暴動ではリーダーがいない」というのだ。

リーダーがいない…。被曝を恐れる人々による、放射性物質の計測をする動きと同じだ。小グループを作って土壌や食品に含まれる放射性物質を測定したりするのだが、統一的な運動として展開されたというよりも、個別の人間が自発的に行ったのである。

 もちろん、こういうことを言うと東北のことをどう思っているのか、とか、福島のことをどう思っているのか、と言う批判が来るのはわかる。パニックを肯定するのかという批判もあるだろう。ただ、政治的な好悪や価値判断、善悪、といった問題設定を超えて、「放射脳」とも言われる人たちがとった行動に「蜂起」性があったことは認めても良いのではないだろうか。

 これはもしかしたら悪魔的なことかもしれないし、もしかしたら恐ろしいことかもしれない。そして、この動きが反政治的であったことも記しておきたい。放射能に対する施策を行政や政府に求めることもあるかもしれないが、その動き方は、むしろいわゆる政治からこぼれ落ちるものを重視していた。そして、その中に大衆的な知見、知性を作り出そうとする動きでもあった。「蜂起は終わりなき動詞だということを忘れない『大衆知性』だ」(マニュエル・ヤン『黙示のエチュード』新評論)なのである。

◆「放射能」とコロナウイルス

 放射能について怯えることは様々な時間のスケールを知ることである。放射性物質の半減期を考えると、その被害がなくなるまでにどれほどの時間がかかるのだろうか、ということだ。

 来年7月までの延期が決まった東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレーの出発地、福島県楢葉町のJヴィレッジでは、その周辺の駐車場の線量が昨年12月に環境省が線量低減措置をとる前で1.79マイクロシーベルト(地面から1mの高さ)、線量低減措置後も0.39マイクロシーベルトという数値を出している。

 昨年10月のグリーンピース・ジャパンの調査では、一帯の一部に毎時71マイクロシーベルトのホットスポットが見つけられている。原発事故前の数値の1,775倍という数字だという報道があったが、事故から10年目でもホットスポットはこのようなことになっている。

 放射性物質の半減期を考えてみると、原発の放射能によって、いやでも時間のスケールの複数性や遠大さを知らねばならないことになったのだ。放射能そのものに対して運動は目標を設定しようがない。世代を超えて、といっても収束までに何世代かかるのだろうか。放射能問題はどうにもならない澱として心にずっと引っかかる。問題はそう簡単に解決しない、という諦念も養われる。

 それでも、自分や他人の身体や生活を守るためにはどうするか、考えなくてはならない、という状況を見すえざるを得なくなる。

 

 自分ひとりで時間も諦念も引き受けなくてはならない。集団的である一方で、たったひとりでの蜂起、暴動でもある。

 新型コロナウイルスに世界が揺れている。世界中がロックダウンしている。日本でも非常事態宣言が全国に拡大されている。発症者もいまだに増えている。4月21日時点で、ジョンズ・ホプキンス大学によれば世界では247万8634人が発症しているという。この状況の中で日本の放射能をめぐる一連の民衆的な動きが何かの知見となるだろうか。コロナウイルスと対峙しながらなお「非常事態」の言葉の中で吹き飛ばされない思考や行動のために、放射能問題で揺れた日本の人たちの経験は役立つことができるだろうか。

 追記すれば、1人10万円の支給をめぐる要求の中に、リーダー不在の民衆のうねりがあるとは言えるだろう。10万円欲しいというむき出しの声。事態は切迫している。実際に生活が脅かされている人は多い。生存のためには金という声。政党も政治も行政も手段でしかない。そういったものの指導に服するのではなく、金を出すべきだという無媒介の要求、むき出しの声にも、ある種の暴動性があるといっていいだろう。

 給付申請に給付を希望しない人はチェックを入れる、撤回したものの、湯崎英彦・広島県知事が県職員に給付された分は県のコロナ対策のために使用するというのは、むき出しの要求に対して為政者側が対抗しているというわけだ。放射「脳」が無媒介に自分で計測などに動いたということと、新型コロナ禍を受けて、政府に生存そのものの保証を求める人びとの動きには、通底するものを読み取るのは不可能ではない。

<文/福田慶太>

【福田慶太】

フリーの編集・ライター。編集した書籍に『夢みる名古屋』(現代書館)、『乙女たちが愛した抒情画家 蕗谷虹児』(新評論)、『α崩壊 現代アートはいかに原爆の記憶を表現しうるか』(現代書館)、『原子力都市』(以文社)などがある。

関連記事(外部サイト)