在宅勤務、外出自粛、公園の遊具閉鎖。続く休校や休園での自宅育児を前向きに乗り切る人々。

在宅勤務、外出自粛、公園の遊具閉鎖。続く休校や休園での自宅育児を前向きに乗り切る人々。

在宅勤務、外出自粛、公園の遊具閉鎖。続く休校や休園での自宅育児を前向きに乗り切る人々。の画像

 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、休校や休園、保育園登園の自粛が続いている。自宅育児をしながらの仕事にヒーヒー言っているのは、筆者だけではないはず……。

 緊急事態宣言は5月6日までと思っていたら、31日まで延長(39県については14日の安倍首相会見で解除が表明された。東京、大阪や北海道、埼玉、千葉、神奈川、京都、兵庫の特定警戒の8都道府県については、21日に再検討し、場合によっては31日を前に解除になる可能性もある)。感染状況を見れば仕方がないとはわかっていても、きついのも事実。そんな状況ではあるが、現実に向き合って工夫で乗り切っている人もいる。

 何かと暗いニュースが目立つので、ちょっとは明るい面を見つめたい。そこで、「わたしたち、こんなふうに休校、休園、登園自粛生活を楽しんでいます」というアイデアを聞いた。

◆ネット通販で増えたダンボールで秘密基地をつくる

 6歳と3歳の男の子を育てる田村さん(仮名、20代女性、小学校の休校と幼稚園の休園)の気がかりは、小学校に入学後一週間で休学になった上のお子さんだった。

「息子は小学生生活を待ち望んでいただけに、かなりがっかりしていました。自宅にずっといる毎日にストレスがたまり、イライラしたり、下の子とケンカをすることも増えてしまって……」

 息子さんが不満に感じるのも無理はない。本来であれば学校にいるはずの時間に家にいる。もう少しで送れるはずだった日々を過ごせないことのストレスは大きい。

 そんな長男に対して、田村さんはどんな対応をしているのか。

「普段ならすぐに捨ててしまう乳酸菌飲料の容器を洗って取っておき、ある程度ストックができたらボウリングのピンにして親子一緒に遊びます。またネット通販で溜まったダンボールを使って秘密基地をつくり、同じくダンボール製の武器で戦いごっこをして楽しんでいます」

◆小学校の授業と同じ45分を使い、「ママちゃん先生の特別授業」を実施

 ほかには、「小学校の雰囲気を自宅に取り入れています」と田村さんは話す。小学校の授業1コマと同じ45分を使い、「ママちゃん先生の特別授業」を行っているという。

「毎日できているわけではないのですが、息子に英単語を教えたり、算数の問題を作ったり解いたりすることが多いです。また課外授業として、息子に自宅近くの地図を見せて『もし変な人がいたら、交番以外のどこに助けを求めればいいと思うか』を質問し、どうすればいいかを一緒に考えることもあります」

 そのほかにも、子ども用の包丁やキッチンハサミを使って一緒に料理をしたり、塗り絵や楽器演奏をしたりして過ごしている。

 毎日同じことを繰り返すのではなく、「違い」を演出することで息子さんを飽きさせない。田村さんの努力のかいあって、息子さんは「今日も楽しかった!」と笑顔になることが増えている。

◆声かけを工夫したら、「オレ、頑張ってる」とご機嫌に

 続いては小学校4年生の男の子を育てる大石さん(仮名、40代女性、小学校の休校)のケース。大石さんは、「子どもが自発的に勉強をしたくなるような声がけ」を意識している。

「ちょっと前まで毎日顔を合わせていた友だちや先生に急に会えなくなるわけですから、子どもが戸惑うのは当然です。休校のせいで『自分はしかたなく自宅で勉強をしている』というやらされ感を抱くことなく勉強して欲しいと思っています」

 単に「勉強をしなさい」と言うのではなく、どんなことに興味があるのか、どんなところでつまずいているのかなどを親子で話し合う。大石さんが息子さんのできていることを褒めると、「オレ、頑張ってる」と得意げな表情を浮かべるという。

「あとはこんなこともありました。息子が以前から読みたいと言っていた『時間の使い方』についての本を買って読ませた時、『どんな内容だった?』『お母さんに教えてくれないかな?』とお願いしてみました。息子が一生懸命に内容を説明する姿が印象に残っています。息子が面白さを感じ、興味を持てることを伸ばしてあげたいと思いました」

 息子さんは時間の使い方の本を気に入ったことで、毎朝5時すぎに起き、午前10時にはやるべきことを終える生活が定着。午前中の残り時間で好きなことをして、満足度が上がっているという。

◆仕事は朝に終え、日中はひらがなや数の勉強。3密を避けて公園遊びも

 3歳の女の子を持つ阿部さん(仮名、20代女性、登園自粛)は、朝の時間帯に仕事をして、仕事が終わった後はお子さんと遊ぶ時間に充てて仕事と育児の両立を図っている。

「私の仕事中にはネット動画を見せることが多いですが、仕事がすんだら娘と知育玩具で遊んだり、お菓子をつくったりして過ごします。3密にならないように混雑状況を見ながら、週に数回は公園で体を動かすようにしています。娘は体を動かすのが好きなので、嬉しそうにしていますよ」

 阿部さんは、緊急事態宣言発令前の3月から自主的に保育園への登園を自粛していた。娘さんは自粛生活開始時にはネット動画を楽しそうに見ていたが、すぐに飽きて不機嫌になることが多かったという。「今でも遊びのネタ探しには必死ですよ」と阿部さん。

「以前のように登園できるようになるまで時間がかかると思い、子ども用の通信教育を始めました。反応が気がかりでしたが、予想以上に喜んでくれたホッとしています」

 現在、娘さんはひらがなや数字、シール遊び、絵本などに興味津々で、阿部さんと一緒に学んでいる。

◆社内のオンライン会議に子どもが入ってきても「仕ない」と割り切った

 3歳の男の子を育てる和田さん(仮名、30代男性、登園自粛)は、「できるだけ保育園と同じ生活リズムを心がけています」と話す。

「保育園からは5月31日までの登園自粛をお願いされていますが、『感染状況によっては自粛延長を切り上げる可能性がある』と言われています。息子が元の生活にスムーズに戻れる様に、規則正しい生活を大切にしています」

 それ以外の工夫としては、「子どもがある程度仕事に入り込んでくることを許した」という。

「会社のミーティング中に息子が寄ってきて画面に映るのが嫌だったのですが、彼からすれば画面にたくさんの人がいて私が喋っている様子が面白いのでしょう。社内の人には『子どもが映るかもしれませんが、よろしくお願いします』と伝えて、リラックスしてミーティングに臨んでいます」

◆長く一緒に過ごして気がつく子どもの成長

 4人の方に自宅育児の工夫を聞いた。それぞれ大変さを感じながらも、知恵を絞って緊急事態宣言発令下の生活に向き合う様子が伝わってくる。生活の変化に戸惑いを感じつつも、今だからこそ感じた気づきもあると4人は口を揃える。

「ここ一年は夏休みも冬休みも幼稚園に行っていて、家で過ごす時間が少なかったんです。子どもたちの可愛い姿をたくさん見られるのは嬉しいです」(田村さん)

「自宅学習では、お友達や先生との関わりが希薄になりますし、仲間とのつながりをどう構築するかが課題です。一方で登校しなくても学習はできるし、子どもが力を発揮できるリズムで過ごせるのはいいかなと感じました。学校と自宅学習の双方の良さを知ることができました」(大石さん)

「子どもとずっと一緒にいることで、『こんなことが好きなんだ』『こんなことができるんだ』のように今まで知らなかった、気づいていなかった子どもの一面を知ることができました。同時に『私はこれまで本当に子どもと向き合えていたのか』と、子どもへの接し方を考えるきっかけになりました」(阿部さん)

「平日の日中から子どもと遊ぶ生活が新鮮!『いつの間にかいろんな言葉を覚えているんだだな』や『車の名前を覚えているんだな』のように子どもの成長を実感できるのが嬉しいですね。家族が揃って夕飯を食べる生活を送ったことで、自分の働き方を見つめ直すようになりました」(和田さん)

<取材・文/薗部雄一>

【薗部雄一】

1歳の男の子を持つパパライター。妻の産後うつをきっかけに働き方を見直し、子育てや働き方をテーマにした記事を多数書いている。

関連記事(外部サイト)