新型コロナで女性の家事・育児負担増「休校や登園自粛により、ケア労働が女性にのしかかっている」

新型コロナで女性の家事・育児負担増「休校や登園自粛により、ケア労働が女性にのしかかっている」

新型コロナで女性の家事・育児負担増「休校や登園自粛により、ケア労働が女性にのしかかっている」の画像

◆コロナ禍で女性の生活はどう変わったのか

 静岡市女性会館は5月3日、「新型コロナウィルス禍が女性に及ぼす影響」に関する緊急アンケートの結果を発表した。(参照:静岡市女性会館)

 静岡県では4月16日に緊急事態宣言が発令され、休校やレジャー施設の休業、外出の自粛などかつてない状況に置かれている。こうした生活の変化が女性にどのような影響を与えているのかを調べた。

 調査は今年4月18日〜27日、静岡市内に居住、もしくは通勤・通学をする女性を対象に実施。359人から回答を得た。

 回答者の年代は「40代」(34.8%)、「50代」(23.7%)「30代」(19.2%)の順に多い。家族形態については「夫婦と子ども」(43.5%)が最多で、「夫婦のみ」(21.7%)が続いた。

◆母子家庭の6割超が「収入が減った・なくなった」と回答

 有職者の女性に働き方の変化を聞くと、「特に変わりはない」(34.4%)が約3割だった。

 残りの約7割が経験した働き方の変化で最も多いのが「在宅で仕事をするようになった」(23.7%)で、「出勤する日数が減った」(21.6%)が続いた。ほかには、「会社都合で仕事を休んでいる」(11.3%)という声も挙がっている。

 収入への影響については「変わらない」(51.5%)が最多だが、「減りそう・減った」(36.8%)も約4割に上る。

 家族構成ごとの「収入が減りそう・減った」と答えた人の割合は、「母親と子ども」(50%)が他の世帯よりも多い。さらに、母子家庭では「収入がなくなりそう・なくなった」の回答率が13.3%と、「全体」(7.9%)や「夫婦と子ども」(9.9%)よりも高い。

 母子家庭の回答者からは、

「収入は減らないが、出費(食品、光熱費)が多く、大変な状態です」(30 代・パート・アルバイト)

「児童手当がもらえない高校生、大学生も自宅で3食食べればかなりの経済負担です。1万円欲しいです」(40 代・自営業・フリーランス)

といった苦しい胸の内が寄せられている。

◆3人の子どもの育児と勉強のお世話でイライラ

 生活や行動への変化の質問に対しては、「友達に会えなくなった」(67.7%)、「やりたいことができなくなった」(55.4%)、「運動不足になった」(53.8%)が上位を占めた。

 ほかには、「食事の支度や掃除など家事の負担が増えた」(39.6%)や「学校が休みになり、子どもの世話が増えた」(32.0%)など、家事や育児の負担が増えたという回答も目立つ。特に小学生以下の子どもがいる家庭では、負担増を感じると傾向が高い。

 回答者からは、以下のようなコメントが寄せられている。

「常に子どもがいる環境で、ひとりになれる時間がないことが少しずつ苦痛になってきています」(40 代・専業主婦)

 「みんな大変な状況とわかっているから乗り切らなくてはと頑張っていますが、3人の子どもが毎日いて、相手をしながら三食作り、片付けして、家事もして、勉強させたり直して教えたり、外での遊びに付き合ったり、それぞれの年齢ごとに対応も違うので大変。自分の好きな事をやる時間は一切ないのにやることばかり山になっていてイライラしてしまう」(30 代・契約・派遣社員)

 調査を行なった静岡市女性会館は現況について、「子どもの学校休業や保育園登園の自粛要請で、家事育児などのケア労働の負担が一気に女性に押し寄せている状況が明らかになった。子どもの世話をするために仕事を休んだり、出勤日数を減らしたりすることは、経済的基盤がぜい弱な母子家庭を直撃している」と分析している。

◆夫から無視されたり、暴言を吐かれたりする

 仕事や収入、家事負担以外には、夫婦や家庭内での悩みを抱える女性もいる。

「夫の精神的DV(無視、暴言等)に困っています」(40 代・正社員)

「夫と別居をしているので、給付金の受け取りができない。市役所に問い合わせたが、DVの警察の証明がないと別にできないと言われました。いいにくいし、渡してくれないことも考えられます。あらかじめ伝えたのだから、対応してくれたら……と恨めしく思ってしまいました」 (30 代・自営業・フリーランス)

 そのほか、先行きへの不安の声も挙がった。

「いつになったら普通の暮らしができるのか、大きなパニックが起きないか不安を感じています」(50代・パート・アルバイト)

「みんな、違う大変さと負担を抱えていると思うのでそれを比べて潰し合うような傷つけ合うようなことはやめてほしい。罹患者を犯罪者扱いするような風潮や、不安を煽るような世の中の流れもキツイ」(40代・契約・派遣社員)

 現に、心身の変化についての質問に対して38.7%の女性が「気持ちが沈んでいる」と回答。「イライラしやすくなった」と「新型コロナウィルスのニュースを見ていられない」(ともに24.2%)人もおり、精神的なケアが求められる。

<文/薗部雄一>

【薗部雄一】

1歳の男の子を持つパパライター。妻の産後うつをきっかけに働き方を見直し、子育てや働き方をテーマにした記事を多数書いている。

関連記事(外部サイト)