新型コロナ、英語の民間試験の利用延期…大人の都合と大学受験に振り回され続ける高校三年生

新型コロナ、英語の民間試験の利用延期…大人の都合と大学受験に振り回され続ける高校三年生

新型コロナ、英語の民間試験の利用延期…大人の都合と大学受験に振り回され続ける高校三年生の画像

◆大学入試に振り回されてきた現高3生世代

 現高校3年生(2002年4月〜2003年3月生まれ)は、これまでのどの年の高校3年生よりも大学入試に振り回されてきた人達です。どうしてそのようになったのかは、共通テストの最初の受験生になってしまったことと新型コロナが蔓延したときに受験学年であることが重なったことも要因ですが、それに留まらず、これまでの大学入試に関する決定事項が何度も変更され、目指すものが変えられてきたことによります。

 まず、現高校3年生の大学入試に関わることの主な経緯を振り返ると次のようになります。

◆2017年7月、第11回「大学入学共通テスト」準備・検討グループにて、英語の民間試験の利用の方針が決まる。これによって、共通テストの英語が2技能を測るものに修正され、同時に、共通テストで、数学と国語の記述式の出題が決定される。

◆これ以降、GTEC、英検などに対応ができるようにカリキュラムを組む高校も現れる。

◆2017年11月、共通テスト実施のための第1回試行調査を実施。

◆2018年11月、共通テスト実施のための第2回試行調査を実施。この段階で、数学、国語の記述式の出題形式がほぼ確定する。

◆2019年11月1日、英語の民間試験の利用の延期が決定される。

◆2019年12月17日、共通テストの数学と国語の記述式の問題の出題が延期される。

◆2020年3月〜5月:新型コロナウィルスの蔓延のために、多くの高校が休校になる。

◆2020年6月11日、共通テストが予定通り2021年1月16日、17日に実施される見込みであることが報道される。

◆2020年6月13日:全国高等学校長協会(全高長)が大学入試の大学入学共通テストを含むすべての大学入学選抜の日程を1か月延期することを求める方針を決定し、16日に要望書を提出しようとした。文科省は受け取りを拒否。

◆2020年6月17日:共通テストが本試とその2週間後の追試、さらに2月中に追試の追試が行われるとの発表。

 このように、今の高校3年生は、最初は、試験の形式が確定しないことで振り回され、今年になってからは、試験日、試験の実施方法が定まらないことで振り回されています。

◆発表の遅さと、決定後の大人たちの勝手な主張が受験生を苦しめる

 現在、「大学入試のあり方に関する検討会議」が第9回まで進んでいます。この会議は、そもそも来年度の共通テストの日程を決める会議ではないのですが、来年度の入試日程もここ数回議題にあがっています。文科省の外部団体が陳情書を文科省に届けても門前払いが起こりうることを考えると、文科大臣と文科省に直接声が届く重要な会議でもあります。

 これまでは、第7回の会議では、外部から招へいされた倉元直樹教授(東北大学)が、「受験生が目標にしてきた入試を可能な限りそのまま実現するべき」と唱え、第8回の会議では、芝井敬司委員(日本私立大学連盟)が、入試を実施する立場から、現時点(6月5日時点)での日程の変更、出題の範囲の変更はあり得ないということを強く主張していました。(怒っているようにも聞こえました。)なお、この方以外の委員からも来年度の共通テストを心配した発言をされています。

 この会議の委員の中には、ほとんど存在感のない委員もいるものの、過半数以上は、熱心で優れた専門性をもつ方たちです。しかし、委員を批判するわけではありませんが、一つ物足りないのは、「受験生目線で語れる人がいないこと」です。もちろん、受験生にアンケートをとって調査をすることはできます。しかし、教育は、データの数値を分析したり、たまに授業を覗きに来て様子を見るだけではなく、一定期間、生徒と時間をともにして並走することも大切です。また、大学に合格した学生だけでなく、不合格になった学生に関わることで、今の教育の問題点で浮き彫りになるものもあるのです。

◆会議に必要な”受験生目線”

 受験生目線での指摘として、次のようなものがあるとよいと思いました。一般に、大学受験生は、入試が行われる日に目標を定め、そこから逆算して学習計画をたてます。例えば、1週間後に大学入試がある場合と半年後に大学入試がある場合では、現在の学習到達点が同じであっても受験生がとる行動は異なるのです。

 また、受験生は、問題集を購入するときに、掲載されている問題数を気にすることがあります。それは、「今から始めて、間に合うだろうか」と考えるからです。もちろん、「いつ大学入試があっても大丈夫」という極少数の受験生もいますが、大半は目標に向けてピークをあわせようとします。オリンピックの選手が、試合の日程に合わせて体を作るのと似ているのです。

 したがって、いつ共通テストが実施され、国立大学の2次試験がいつどのように行なわれるかは受験生にとって重要な問題です。6月11日に共通テストは従来通り来年の1月16日、17日で実施される見込みであることが報道されましたので、今後はここにあわせて学習計画をたてることになります。もちろん、この日程になったことに不満の人もいることでしょう。しかし、今年の場合は入試日程に関してはすべての人に満足のいくような選択はないのだと思います。ですので、今後は受験生の目指すゴールを大人が浅い考えから口をはさみ、いつまでもこれを動かそうとすべきではないかと思われます。ゴールがまた動かされると、受験生は勉強に専念できないか、集中力が落ちていくことが十分に考えられます。

 別の話になりますが、大人の都合でという話に関連して、この会議でも以前から指摘されている「9月入試」についても同じことがいえます。「9月入試」については、来年度だけの特例的な「9月入試」ならまだ議論の余地はあったかもしれませんが、恒久的な「9月入試」は、社会に与える影響も大きく、仕組みを大きく変えなければなりません。したがって、「今年のような状態だから移行しよう」ではなく、「今年のような状態だからこそやめよう」となるべきなのです。

◆そもそも十分な情報を高校3年生を始めとする受験生に提示していない

 共通テストは、最後の試行調査のあとで、記述式の中止決定があり形式が変化しました。数学の場合は、「数学I」「数学I・数学A」の試験には当初15点分の記述式の問題(3題)が出題される予定でしたが、それがなくなり、その15点分を何に代用するのかについては未だ無回答です。つまり、受験生は、「受けてみないとわからない」という不安をもとに共通テストを受検することになります。もちろん、この状況は、受験生全員に対し「平等」であると考えることもできますが、情報が少ないときには、よくできた「デマ」が流れるものです。

 さらに、6月17日の報道によれば、共通テストの追試日を従来の1週間後から2週間後にし(過去にもありました)、従来のような「やむを得ない状況でないと受験できない」ではなく、そうでなくても受験できるようになります。そして、2月にも病気で受けられなかった人のために追試の追試が設定されています。

 これまでと異なり、自由に追試を選択できるようになると(これに関しては引き続き検討中とのこと)、十分に情報を与えておかなければ、選択の余地のない一部の受験生を除き「本試と追試のどちらを受けるべきか」と悩むことになります。特に、今のままでは出題形式がわからないままですので、まず本試の問題を見てから追試を受検することも戦略としては可能です。特に、「受験産業」では、本試を見て、追試までの2週間に、急速に共通テストの対策を考えることでしょう。やはり、数学と国語の記述式がなくなったあとの情報を大学入試センターは公開すべきなのです。

 また、これまで年度によって平均点が大きく動く科目もありました。今度は同じ年度の中で起こり得るので得点調整が必要になる場面も考えられます。新型コロナの第2波、第3波が日本全国に来た場合あるいは一部の地域にだけ来た場合の現時点での対応策も発表しておけるのなら発表しておいた方がよいでしょう。私たちは、これ以上、今の高校3年生に負担をかけてはいけません。

<取材・文/清史弘>

【清史弘】

せいふみひろ●Twitter ID:@f_sei。数学教育研究所代表取締役・認定NPO法人数理の翼顧問・予備校講師・作曲家。小学校、中学校、高校、大学、塾、予備校で教壇に立った経験をもつ数学教育の研究者。著書は30冊以上に及ぶ受験参考書と数学小説「数学の幸せ物語(前編・後編)」(現代数学社) 、数学雑誌「数学の翼」(数学教育研究所) 等。 

関連記事(外部サイト)