幸福の科学、コロナ禍に発行された霊言本で、「ポア思想もどき」が出現

幸福の科学、コロナ禍に発行された霊言本で、「ポア思想もどき」が出現

「新型コロナウィルス感染撃退祈願」を宣伝する幸福の科学・東京正心館

◆無神論者はコロナに罹って早く死んだほうがいい?

 新型コロナウイルスの感染が世界で拡大する中、幸福の科学の教祖・大川隆法総裁が、オウム真理教による「ポア思想」を彷彿とさせるメッセージを「霊言」の体裁で発信している。オウムの同等の殺人教義とまでは言えないものの、注意が必要だ。

 大川総裁は今年1月以降、コロナ関連の霊言や法話を連発し書籍化している。7月5日現在で発刊予定のものも含めて14冊。呼び出された霊は、複数の宇宙人、国之常立神、エドガー・ケイシー、北里柴三郎、釈尊、イエス・キリスト、松下幸之助、天照大神、ローマ教皇、P.F.ドラッカー、長谷川慶太郎と言った調子だ。

 「ポア思想もどき」は、その中の1つ、『大恐慌時代を生き抜く知恵 松下幸之助の霊言』に登場した。

〈神様・仏様を信じない人を護る必要はないから。無神論・唯物論を広めて、それでガチガチになってる人は、死んであの世で地獄に行く人達ですけど、早く死なせてあげたほうが、罪が浅くなって天上界に上がれる率が増えるので、早く罹ったほうがいいかもしれない。〉(同書より)

 オウム真理教教祖・麻原彰晃による1989年の説法と比較してみよう。

〈例えば、Aさんという人がいて,Aさんは生まれて功徳を積んでいたが慢が生じてきて,この後悪業を積み,寿命尽きるころには地獄に堕ちるほどの悪業を積んで死んでしまうだろうという条件があったとしましょう。(略)ここで,例えば生命を絶たせた方がいいんだと考え,ポアさせた。大変な功徳を積んだことにならないですか〉(平成16年2月27日東京地方裁判所判決)

 死後に地獄に落ちるような人たちは早く死んだ方が本人のためという論法は、大川総裁も麻原も同じ。しかし麻原によるポア思想は積極的に殺すことを奨励するもので、坂本弁護士一家殺害事件でも地下鉄サリン事件でも、麻原は「ポア」という言葉を用いて犯行を指示し、実行犯たちにとって自己正当化の論理となった。単なる思想ではなく、信者に殺人を実行させる道具だった。

 一方で大川総裁の「ポア思想もどき」は、殺すことを奨励してはいない。「死んだらいい」という願望を述べているだけだ。

 とは言え、いままで「無神論者」「唯物論者」を適ししてきた大川総裁が、人々の死と具体的な死に方を期待する発言をしたケースは、筆者自身、記憶にない。これまでにない変化のように感じる。

◆恐ろしいのは思想より行為

 もっとも、思想だけでは人は殺せない。オウム真理教も、たとえば教祖・麻原彰晃の@支配者志向、A指導者の絶対視(グルイズム)、B終末論等々の思想、C教団の利害、D遵法意識の欠如が、E実際の人権侵害・違法行為につながった。ポア思想も重要ではあるが、こうした諸々の要素の一角にすぎない。

 そもそも、あらゆる宗教は教を広める(あるいは人々を教えに従わせる)ことで幸福や救済を目指しているのだから、広義に解釈すればそれも「支配者志向」と言えなくもない。神や開祖を絶対視することも宗教ではむしろ当たり前だし、終末論ならキリスト教にだってある。「イスラム法」のように教義が世俗の法律以上に重視されるケースもある。ポア思想も、オウムが曲解しているとの指摘もあるがもとはチベット仏教からの流用だ。

 教義や思想の個別の要素だけをあげつらって「はいカルト!」などという判断をしていては、あらゆる宗教が「カルト」になりかねない。そうではなく、実際の行動の有無や、教義がそれと結びつく構造があるかどうか、あるいはその度合が、「カルト」「カルト性」の判断基準だ。

 その点で言えば、幸福の科学はすでに、テロや殺人といった凶悪犯罪以外の小さな違法行為を繰り返し、さらにはそれを「信教の自由」や教義を口実として正当化している。教義が反社会的な行動に結びついている教団だからこそ、「ポア思想もどき」の出現には注意が必要だ。

◆幸福の科学の違法・問題行為

 たとえば2003年。愛知県内の保護観察官を差出人として官名で、県内の保護司約1000人に幸福の科学の出版物が郵送された。2014年にも、公立中学校の元校長である信者が在職時の生徒名簿を使って元生徒たちに布教活動を行い教育委員会から厳重注意される問題が起こっている。

 いずれも、メディアの取材へのコメントや霊言、機関誌『ザ・リバティ』の記事などで、教団は「信教の自由」を振りかざして、この問題行為を正当化して見せた。

 幸福実現党が選挙活動中に応援演説をしたテレンス・リー(タレント)に報酬を支払った買収事件(2016年)では、幸福実現党本部(東京・赤坂の教団施設内にある)が警察の家宅捜索を受けた。これについて機関誌『ザ・リバティ』がウェブ上にこんな記事を配信した。

「幸福実現党への家宅捜索 宗教の聖域に世俗権力がみだりに立ち入ってはならない」

 幸福実現党は自称「祭政一致政党」なので、彼らにとっては同党そのものが宗教団体であり聖域なのだ。

 だから幸福実現党は、信者たちを集めて1人数万円の「布施」を集める祈願や「祭政一致研修」でカネを集めていながら、それを「政治資金パーティー」として告知したり収支報告書に記載したりはしない。たとえば平成30年分の同党の政治資金収支報告書には、この収入は「法輪輾転・祭政一致研修」名目で約5億5000万円が計上されている。「政治資金パーティー」などという俗なものではなく聖なる宗教儀式だというわけだ。

 幸福の科学学園では、歴史の授業で教師が生徒たちに、たとえば「坂本龍馬の過去生は劉備玄徳」といった調子で、霊言に基づいて史実と異なる内容を教えていたりする。寮生活のルールを破った生徒を空き部屋などに隔離し、授業にも部活にも出させずに教祖の説法DVDを見せ反省文や感想部を書かせる「隔離措置」が横行している。マトモな教育を受ける子供の権利も含めて、人権侵害的な要素が集中しているのが幸福の科学学園だ。

 同学園では、生徒たちに幸福実現党を支持する教育も行われている。教育基本法で禁じられている「政治教育」に当たるが、教団側は「政治も教えの一部(つまり宗教教育である)」(2013年当時の教団広報局長)という論理で正当化する。

 政治も教育も全て「宗教」。だから活動の全てを「信教の自由」で正当化する。法律など二の次だ。

◆批判者に対する攻撃

 批判者に対する攻撃も同様だ。1991年に幸福の科学は、批判的な記事を掲載した週刊誌『フライデー』に抗議して、発行元の講談社に乗り込んで騒ぎ立てたり、全国の信者を動員して抗議の電話やFAXを講談社に殺到させ通信を麻痺させたりした。訴訟も乱発した。

 教団は未だに一連の行動を「希望の革命」と称して美化している。

 以降も、布施の返還を求めて訴訟を起こした元信者と代理人の山口広弁護士に対して8億円者損害賠償を求める訴訟を起こしたり(東京地裁が、批判的言論を威嚇する目的であり違法として、幸福の科学から山口弁護士への100万円の損害賠償を命じた)、教団施設の建設に反対する運動をしていた宇都宮市内の弁護士に1億円の損害賠償を求めて提訴したり(後の取り下げ)。

 訴訟を利用して批判者や敵対する者を威圧するという行為を現在に至るまで繰り返しており、筆者自身、2012年に『週刊新潮』で幸福の科学学園の実態について記事を書いた際には1億円の損害賠償を請求され訴訟を起こされた。週刊誌記事にしては珍しく、記事に一切問題がないとする内容の判決で筆者と週刊新潮が完全勝訴したが。

◆繰り返される暴力

 ケガを負わせるほどではないが暴力も用いる。筆者自身、3度ほど経験している。公道や公営野球場での取材の際に、職員らから体を押さえつけられるなどして取材妨害を受けたケースや、路上で信者に引っ叩かれたり組み敷かれて取材メモを強奪されたり。

 昨年は、香港民主活動家のアグネス・チョウ氏の霊言として、チョウ氏が香港への自衛隊派兵を望んでいるかのような内容を公表した幸福の科学に対して、教団施設前で筆者や賛同者が抗議活動を行った。この場でも、垂れ幕越しに教団職員が抗議活動参加者を小突く場面もあった。

 よく、カルト宗教取材は危険ではないのかといった質問をされることがあるが、こうして身体が触れる形での直接的暴力は、幸福の科学関連以外で私は経験したことがない。

◆法律より偉い大川総裁

 前出のオウム真理教の犯罪行為を支えた主要な要素を思い出して欲しい。@支配者志向、A指導者の絶対視、B終末論、C教団の利害、D遵法意識の欠如、そしてポア思想が、E実際の人権侵害・違法行為につながった。

 大川総裁の著書などからその言動を追うと、幸福の科学はこれらの要素を全て備えていることがわかる。今回登場した「ポア思想もどき」が積極的な殺人奨励には至っていない点と、実際の人権侵害や違法行為がテロや殺人よりは軽微なものである点は、オウムと違うが。

 幸福の科学が自らの問題を正当化する上で最大の根拠となるのが、「大川総裁はとにかく偉い。法律より偉い」という設定である。

 1991年7月。東京ドームで開催された生誕祭の講演で、大川総裁は自らを「エル・カンターレ」という名の神であると宣言した。いわゆる「エル・カンターレ宣言」だ。その中に、こんな一節がある。

〈われは、この地球の最高の権限を握りたるものである。われは、この地球の初めより終わりまで、すべての権限を有するものである。なぜならば、われは、人間ではなく、法そのものであるからだ。〉

 もはや「支配者になりたい」という願望を通り越している。「自分はすでに支配者である」と言い張っているのだから。

 ここで言う法とは宗教的な教え(幸福の科学の教義)のことで、教団では「仏法」とも呼ぶ。大川総裁はエル・カンターレであると同時に、仏陀の生まれ変わりでもあるという設定だからだ。これに対して世俗の法律について「王法」という言葉を使って、大川総裁は法話でこんなことも語っている。

〈私は、決して、「世間の常識や法律などを無視してよい」と言っているわけではありませんが、「王法を超えたものがある。王法に優越する仏法というものがある」ということです。〉(法話『選ばれし人となるためには』=2010年)

 そして、法律より優越する大川総裁の教えを信仰するということは、どういうことなのかについては、こうだ。

〈かつての大戦や革命に参画した者たちは、不惜身命の心がなければ、戦えなかったはずですね。だから、自分たちの自覚として肝に銘じているかどうかを問うているのであって、「その人たちを表彰し、その人たちに位階や冠を与えるために、過去世を明かしているのではない」ということです。つまり、「あなたがたも、命を捨てよ」と言っているわけです〉(霊言『天照大神のお怒りについて』=2012年)

〈信仰っていうのはね、会員登録をしただけで「立った」とは言えないんですよ。

(略)

「エル・カンターレは本当に地球神なのか。(略)これを信じきれるか」というところまで問われると思うんですよ〉(霊言『釈尊の未来予言』=2020年)

 幸福の科学に入会しただけでは不十分。法律より偉い大川総裁(エル・カンターレ)を、命を捨ててとことん信じ切らなければ、信仰しているとは言えないというのだ。

 信者にそんな無茶を要求する教団にいると、どうなるのか。その一例が、これだ。

 今年4月17日。大川は黒川弘務検事長の霊言の映像を全国の教団施設で公開した。ところが4日後の21日、『週刊文春』が賭け麻雀問題をスクープ。あっと言う間に辞任に追い込まれたが、黒川霊言はこの事態を全く想定していない内容だった。大川総裁はネット上で笑いものになり、教団は職員による言い訳の動画をユーチューブに投稿。賭け麻雀を「文化」などとした。そしてコメント欄には、こんな投稿をする信者が現れた。

〈当会が肯定するなら私も賭けマージャンは有りだと思います 黒川さんは辞めなくて良かったのに・・・〉

〈法律よりも総裁先生のおっしゃることのほうが私にとっては正義ですし 何よりも大切な守るべきものです〉

〈人間には分かり得ない主の深いお考えがあるのだと 全てを信じます〉

 大川総裁の教えは法律よりも正義。理解できなくても全て信じる。だから賭け麻雀は問題なし。

 そんな幸福の科学や大川総裁を批判する者は、地獄行きだ。

〈仏法流布を妨ぐる悪魔はこれを許すまじ

 仏・法・僧への中傷は極悪非道の所業なり

 もはや人間として生まれるはこれが最後と悟るべし

 この世のいかなる大罪も三宝誹謗に如くはなし

 和合僧破壊の罪は阿鼻叫喚堕地獄への道避け難し〉(経文『仏説・降魔経』)

 和合僧破壊の罪とは、修行者(信者や職員)を惑わせ混乱させる罪のこと。教団の敵であり地獄行きになる存在は、「無神論者」だけではなく「幸福の科学を批判する者」全てなのだ。

 近日公開の後編では、幸福の科学の教えの根底にあった「ゴールデン・エイジ」の破綻と、その結果浮上してきた「終末論」について語る。

<取材・文/藤倉善郎>

【藤倉善郎】

ふじくらよしろう●やや日刊カルト新聞総裁兼刑事被告人 Twitter ID:@daily_cult4。1974年、東京生まれ。北海道大学文学部中退。在学中から「北海道大学新聞会」で自己啓発セミナーを取材し、中退後、東京でフリーライターとしてカルト問題のほか、チベット問題やチェルノブイリ・福島第一両原発事故の現場を取材。ライター活動と並行して2009年からニュースサイト「やや日刊カルト新聞」(記者9名)を開設し、主筆として活動。著書に『「カルト宗教」取材したらこうだった』(宝島社新書)

関連記事(外部サイト)