拘束された「マドゥロの代理人」の米国送還を阻止すべく動いたのはジュリアン・アサンジも弁護する凄腕

拘束された「マドゥロの代理人」の米国送還を阻止すべく動いたのはジュリアン・アサンジも弁護する凄腕

スペイン切手の凄腕弁護士、ジュリアン・アサンジの弁護チームも務めるバルタサル・ガルソン氏(Photo by Peter Summers/Getty Images)

◆マドゥロとともに「甘い汁」を吸っていた男が拘束された

 ベネズエラの大統領ニコラス・マドゥロの代理として世界を飛び回っていたコロンビアの実業家、アレックス・サーブがアフリカのカボ・ベルデ共和国で6月12日に拘束された。米国のFBIとCIAからの要請でインタポールから指名手配されていた。

 米国政府はサーブを米国で裁けばマドゥロと彼の側近らの隠し財産を突き止めることができると見ている。同様に、現在ベネズエラの金塊が当初ロシアそのあとトルコから現在はイランに至るまでの闇ルートを通して密売されているが、その解明もできると見ている。

 ベネズエラの原油が減産に次ぐ減産で輸出が殆どできない状態にある。その代りの役目をしているのが金塊の密売である。最近ではそれをイランに送って、代わりにイランからガソリンを輸入している。この取引を遂行したのがサーブである。

 また、ベネズエラが食糧難であることからメキシコなどから食料を輸入してベネズエラの市民にそれを配給するシステム(CLAPと呼ばれている)をマドゥロは構築した。安いコスト輸入していたにも関わらず、それに過分のマージンを加えてベネズエラ政府が支払っていた。この取引を行うための会社グラン・リミット・グループ(GGL)の経営者はサーブと彼のパートナーヘルマン・ルビオ(本名アルバロ・プリード)の二人とされている。が、実際にはこの企業のオーナーはマドゥロ大統領自身である。それを追及したのはベネズエラの元検事総長ルイサ・オルテガだ。彼女は当初マドゥロに忠実な人物とされていたが、マドゥロの違法な振る舞いについて行けず辞任して逆に今ではコロンビアに亡命して反政府側で活躍している。

 マドゥロがオーナーだとされているGGLは2016年から2018年の間、このCLAPで安価な仕入れコストを2倍の価格で販売して稼いだ額は野党の調査で50億ドル(5400億円)と推定されている。その分、政府はこの食糧の買い付けで余計に歳出しているということだ。(参照:「Infobae」)

◆サーブの米国送還に反対する動き

 カボ・ベルデ政府はサーブの身柄を米国に送還することで合意しているとされている。同政府のジャニン・タティアナ・サントス法務相はこの送還の為の署名も済ませている。同法務相は2018年1月に米国と法務上の協力をすることに署名し、翌年9月にはそれが議会で認定された。ということで、前科のある者の送還もその中に含まれることになる。

 ところが、それを阻止する動きがマドゥロの方とサーブの弁護士の間で既に起きている。マドゥロはサーブの弁護人としてインターポールの元法律顧問ラッセル・シルベストゥレ・ハシント・マルタと契約した。サーブは外交官のパスポートを使って動いていたということで外交特権の適用を主張していく方向にある。(参照:「El Tiempo」)

 更に、サーブの弁護士の方ではポルトガルで著名なアブレウ弁護士事務所とも契約したという。カボベルデはかつてポルトガルの領土だったということからポルトガルの影響力が今も残存しているのも理由の一つだ。

◆スペインの超有名弁護士も登場

 同様にスペインの元判事バルタサル・ガルソンとも契約して米国への送還を阻止すべく既に400万ドル(4億3200万円)を前金として支払ったという。ガルソンはハーグの国際裁判所に今回の逮捕は違法であるという訴えをする意向だ。(参照:「El Tiempo」、「El Tiempo」)

 ガルソン判事はスペインのテロリスト「エタ」の犯罪取締まりで積極的に活動したことで名声を博すことになった。また彼を国際舞台で一躍著名にさせたのは1998年にチリのアウグスト・ピノチェト元大統領に対して、彼のチリでの弾圧の影響でスペイン人が現地で拘束されて殺害されたということで彼に逮捕状を出してスペインへの送還を要求した。スペインで裁くためであった。英国で療養していたピノチェのスペインへの送還を要求した。英国政府はそれを拒否した。

 国際犯罪に対しては、普遍的に司法権を行使できる権利をがルソン判事は適用したのである。今ではスペインは法改正によってこの普遍性による追跡はできないことになっている。このような要請をしたのは当時珍しい出来事で世界的に注目を集めた。この出来事がその後のアルゼンチンで軍事政権での軍人指導者を裁く引き金になった。

◆ジュリアン・アサンジの弁護人も務める凄腕だが……

 ガルソン判事はフランコ体制下で共和制支持者や左派系の人物を銃殺したりしていることの調査を開始した。それはスペインの内戦時代の犯罪は問わないといする恩赦法に違反するとされていた。その一方で、失踪者をもっている家族にとっては彼の決断は歓迎された。しかし、彼のこのような規制を破る行動に法曹界では反発する動きが生まれていた。最終的に彼の公判にもっていくまでの調査のやり方に合法性に欠けるということが問われるようになっていた。結局、法曹界を支配している右派系の判事らによって彼は法曹界から追放された。それ以後、彼は国際的に弁護士として活躍するようになっている。現在ウィキーリクスの創業者アサンジの弁護も務めている。

 その一方で、サーブ自身は内心米国への送還は現実のものとなると見て、彼が関係していたマドゥロとその関係者らの名前などを明らかにして協力する用意があることを米国側に伝えて刑の軽減を要求しているという。恐らく、マドゥロも今となっては危険人物だとみなし彼の命を狙っているとサーブは考えるようになっているようだ。

<文/白石和幸>

【白石和幸】

しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身

関連記事(外部サイト)