日本初上陸を果たした中国大手カフェ「奈雪の茶」―「1杯900円」もする目玉商品、その味は?

日本初上陸を果たした中国大手カフェ「奈雪の茶」―「1杯900円」もする目玉商品、その味は?

「日本企業のロゴ」……ではないらしい。

 火鍋店「海底撈」、中華軽食「沙県小吃」、ラーメン店「馬子禄」、雑貨店「名創優品(メイソウ)」など様々な中国系の大手チェーン店が日本に進出している昨今であるが、この7月にまた新たな大手チェーン店が日本初上陸を果たした。

 しかも、今回のチェーンも「中国式」をウリにしている訳ではなく、「メイソウ」のように一見すると「日本式」を思わせる名前や店づくりが特徴であるという。果たしてどういった店なのか――その店舗があるという大阪・道頓堀へと足を運んでみた。

◆中国大手ティーチェーン、メニューは強気の価格!

 新たに日本初出店を果たした中国の大手チェーンは、その名も「奈雪の茶(なゆきのちゃ)」。

 奈雪の茶は2015年に中国・深?で創業し、2020年時点では中国とシンガポールに約800店以上を展開するティー&ベーカリーカフェ。7月4日に開業した日本一号店・道頓堀店が出店したのは「くいだおれ人形」や「グリコのネオンサイン」近く、大阪・ミナミの一等地にある「ラオックス」の1階エントランスだ。

 店舗を訪れたのは開店から1週間ほど経った日。道頓堀は新型コロナウイルス感染拡大に影響により通常時よりも少し通行量が少ない状態であったものの、店頭には軽く列ができており、早くも盛況のようだ。店構えは至って普通の「ティーカフェ」で、店の内外には思わず写真に写したくなる「インスタ映え」するアイテムが置かれるなど可愛らしい雰囲気。雑貨店「メイソウ」が上陸したときに感じたような、怪しい翻訳があふれる「うさんくささ」は感じられず、客の多くは中国企業とは知らずに訪れているようだった。

 列に並ぶとメニューが渡されるが、その価格帯の高さに驚かされる。多くのティーメニューが700円前後で、多くの看板商品は800円台もする。ちなみに、800円台の商品は中国の店舗でも日本円で約500円ほどするようで「日本だから極めて高い値段設定」という訳ではなさそうだ。列に並びつつ周りを見渡すと、日本人客のほかに中国から来日している留学生とおぼしき客も見られた。

カウンターの接客は一般的な日本のティースタンドと変わらず丁寧。もちろん日本語も通じるし(余談ではあるが、首都圏の中国系飲食チェーンに行くと日本語が十分に通じない場合があったりもする)、クレジットカードや電子マネーで支払うことも可能だ。

 今回は看板メニューである「大紅袍烏龍タピオカミルクティー(コールド)」を味わってみた。

 大紅袍とは中国の高級茶のことらしく、値段も驚きの1杯880円(税込)。もはや「定食1食分」のお値段だ。

◆「映え」るポップなデザインのカップ

 ほどなくして店員から商品が渡されると、独特でポップなデザインのカップに目を奪われた。これはイラストレーターのクリストファー・デービッド・ライアン氏がデザインした「Big Hugs」というキャラクターで、5月20日の「我愛?の日」を記念したものだという。開店時には店の内外がこの「Big Hugs」で飾られており、一緒に記念撮影をする女性客もみられた。

 肝心のタピオカミルクティーの味は高級茶を使っているだけあって「しっかり」とした濃いめのお茶の味を感じることができる。それ以上に香りがいいのが、クリームの上にまぶされたココナッツだ。タピオカはいかにもタピオカらしいニュロンとした食感ながら、格安ファーストフード店とは違い少し固めで、黒糖の豊かな風味が楽しめる。なお、ホットメニューも用意されているため、「柔らかめ」のタピオカが好きな人はホットに挑戦してみるとよいだろう。

「中国企業」と聞いて少し身構えたものの、「中国らしさ」が感じられるユルい面といえば、事前にチェックしていた出店時のニュースリリースにあるメニューと値段が違う商品が目立ったくらい。あとは「道頓堀」という庶民と観光客の町で、顧客がこの「強気な価格帯」について来れるかどうかが成功のカギであろう。ひょっとしたらニュースリリースと店頭での価格差も、店による「試行錯誤の結果」であるのかも知れない。

 ちなみに、価格もあってか「カップ」自体も一般的なティーショップよりもかなり立派。持ち帰って再利用してみてはどうだろうか。

◆ラオックスも「食特化」に――「日本の店は日本人向け」で生き残りを図る中国チェーン

 さて、中国企業といえば、この「奈雪の茶」が出店する免税店「ラオックス」も中国企業の1つだ。

 ラオックスは2009年に中国の家電チェーン最大手「蘇寧電器」(現・蘇寧雲商)の傘下となって以降「日本国内最大規模の免税店」として全国展開を果たした。しかし、現在は新型コロナウイルスの感染拡大により業績が芳しくなく、店舗整理の真っただ中にある。

 そうしたなか、この道頓堀のラオックス新店舗は「食」をテーマとして免税店の面積を削減。「奈雪の茶」以外にも、東京代官山の林檎飴専門店「キャンディーアップル」や心斎橋の苺スイーツ専門店「ストロベリーマニア」を出店させたほか、日本人向けの土産を多く取り揃えるなど、「免税店需要の減少」に合わせて従来の店舗よりも地元客・日本人観光客の取り込みを狙った店づくりとなっている。

 ラオックスのような免税店、そして飲食チェーンを含めて、日本に進出した中国企業のなかには訪日・在日外国人の需要に支えられている店も多いが、今後は「日本人の内需」に応えられる企業でないと生き残りが難しいことは明白だ。奈雪の茶でも、高額なティーメニュー以外に「クリームパン抹茶」や、道頓堀店限定の「たこ焼きパン」など、200円〜300円ほどの比較的リーズナブルなベーカリーメニューが販売されており、道頓堀という立地ゆえに今後さらなる「大阪ローカライズ」も期待されよう。

 次々と上陸を果たしている中国資本の大手チェーン店たち。コロナ禍のなかでも日本市場に踏みとどまることができるのは、果たしてどの企業であろうか。

◆すでに確固たる地位を確立しつつある「メイソウ」

 中国企業は「変わり身が早い」のも特徴である。雑貨店「メイソウ」が2014年に日本初上陸を果たした際の印象は「怪レい日本?(怪しい日本語)」「安かろう悪かろう」であったが、世界大手となった今は「至って普通の便利な雑貨店」として、出店地域の地元客にも親しまれるようになった。

 満を持して日本初出店を果たした「奈雪の茶」や、新業態の開発で生き残りを図る「ラオックス」の今後を含め、新型コロナ時代における海外チェーンならではの「新戦略」が注目される。

<取材・文・撮影/淡川雄太 若杉優貴(都市商業研究所)>

【都市商業研究所】

若手研究者で作る「商業」と「まちづくり」の研究団体『都市商業研究所』。Webサイト「都商研ニュース」では、研究員の独自取材や各社のプレスリリースなどを基に、商業とまちづくりに興味がある人に対して「都市」と「商業」の動きを分かりやすく解説している。Twitterアカウントは「@toshouken」

関連記事(外部サイト)