映画『グレース・オブ・ゴッド』は対岸の火事ではない。性虐待は日本の仏教者や占い師にも

映画『グレース・オブ・ゴッド』は対岸の火事ではない。性虐待は日本の仏教者や占い師にも

※写真は本文と関係ありません 阿野陽 / PIXTA(ピクスタ)

◆映画が描いたカトリックの宗教的性犯罪

 カトリック教会での児童への性虐待事件をモデルにした映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』が公開された。カトリックに行ける性虐待事件は世界の複数の国で問題視されており、日本も例外ではない。またアメリカでは2015年にもカトリック教会での性虐待事件に基づいた映画『スポットライト 世紀のスクープ』が公開されている。

 『グレース・オブ・ゴッド』の映画自体については、すでに本サイトでヒナタカ氏が詳しいレビューを書いているので、作品の詳しい説明はそちらに譲る。

 『グレース・オブ・ゴッド』『スポットライト』で描かれた事件の性格は、以下のようなものだ。

(1)被害者は教会の信者たち

(2)教会組織が問題を認識しながら隠蔽した

(3)被害を知る信者たちにも教会を守る宗教的理由等から口をつぐむ者たちがいた

 加害と隠蔽に宗教組織や宗教的文脈が関わっている「宗教的性犯罪」である。

 そこで、宗教者による性犯罪が日本ではどのような状況にあるのか、過去の新聞報道から調べてみた。宗教者が容疑者となった性犯罪事件は、1991年から2020年の間にちょうど100件(うち10件は不起訴あるいは無罪)。90年代の記事は5件のみで、95件は2000年以降のものだ。21世紀に入ってから年間4〜5件は、宗教者が性犯罪の容疑で逮捕あるいは送検されている計算になる。

 文化庁の『宗教年鑑』(令和元年版)によると日本のカトリック信者数は約44万人。それ以外の非宗教法人も含めたキリスト教全体では約190万人。これに対して神道系は約8700万人、仏教系は約8400万人だ。

 今回は信徒ではなく聖職者など指導的な立場にある人々による犯罪について調べるので、信者数ではなく「教師数」を見る。『宗教年鑑』(令和元年版)に掲載されている「教師数」(宗教法人以外の宗教団体も含む)は、以下の通りだ。

仏教系:約35万人

神道系:約7万人

キリスト教系:約3万人

諸教:約20万人

 信者数では神道が僅差で仏教系を上回るが、教師数で見ると仏教系がダントツの最大多数派だ。神道系は2位ではあるがキリスト教系の2倍強しかいない。

 日本のこうした宗教人口の構成を踏まえた上で、宗教者による性犯罪について考えていきたい。

◆性犯罪が最も多いのは仏教者

 今回の統計に使うデータは、@niftyの「新聞・雑誌横断検索」サービスを使って、通信社と一般紙(全国紙・地方紙)の記事。「僧侶」「住職」「牧師」「神父」「宮司」「神主」「占い」「祈祷」「宗教法人」「宗教団体」などのワードそれぞれを、「逮捕」「わいせつ」「買春」「下着」「盗撮」といったワードと組み合わせて検索したものだ。記事の内容をもとに容疑の内容や宗教の種類などを分類しカウントした。不起訴や無罪判決の続報があった事件もカウントしている。刑事事件のみで、刑事事件化しなかったトラブルや民事裁判は含めていない。

 新聞記事データベースでは、実名報道された容疑者からのクレームによるものかメディア側の自主規制によるものかは不明だが、古い性犯罪記事がいくつか削除されている(何件かは筆者が過去に検索した際に保存しておいたデータで補足した)。そのため実際に報道された件数と検索でヒットする件数との間に多少の差がある可能性がある。

 1991年から2020年までの29年間で、宗教別の内訳は以下の通り。

仏教:55件

神道:9件

キリスト教:7件

祈祷・占い:24件

その他・不明:5件

計:100件

 仏教者が容疑者になった事件が圧倒的に多く、全事件数の半数以上を占める。前述の通り「教師」の数では仏教系が最大多数派なので、当然だろう。

 上の統計では、祈祷や除霊を口実とした性犯罪でも容疑者が「僧侶」を自称したり新聞側が「僧侶」として報じている事件7件は「仏教」に分類している。

 しかし、たとえば仏教の寺で僧籍を取得した人が「僧侶」を名乗り事実上は個人経営の祈祷業である、というケースもしばしばある。寺で僧侶たちが不特定多数の「水子」などを集団で供養する儀式を行うケースもある一方で、個別の信者の求めに応じて個別面談での除霊儀式を行うケースもある。後者は実質的に「祈祷師」に近い。

 そこで、僧侶を自称したり僧侶として扱われている宗教者でも、個人面談の祈祷等での性犯罪については「実質祈祷師」として扱い、「仏教」から「祈祷・占い」に分類し直した。すると、宗教別の内訳は若干変わる。以降は、この統計に基づいて話を進めよう。

仏教:48件

神道:9件

キリスト教:7件

祈祷・占い:31件

その他・不明:5件

計:100件

◆仏教系性犯罪者はアウトドア派!?

 冒頭で触れたように、カトリックでの性虐待問題を扱った2本の映画で描かれていたのは宗教の内部で聖職者が信者を被害者として行った性犯罪であり、宗教組織が隠蔽に関わった「宗教的性犯罪」だ。

 この手の要素があるものを宗教内での事件という意味で、筆者による勝手な造語だが「インドア事件」、宗教と無関係の信仰活動外での性犯罪を「アウトドア事件」として分類した。

 仏教者が容疑者となった性犯罪では、インドア事件の割合は12.5%。神道では22.2%、キリスト教では85.7%、占い・祈祷では87.1%。日本においてインドア犯罪(つまる宗教的性犯罪)の割合が高いのはキリスト教と占い・祈祷である。

 仏教系性犯罪者はアウトドア派が大半で、『グレース・オブ・ゴッド』などで問題視されたような宗教的性犯罪の傾向が極めて弱い。6件だけなので、全て列挙しよう。★がついている3件は、未成年者が被害者である事件。▲は不起訴の続報があった事件だ。

・産経新聞2004.04.08〈住職が下着ドロ 八尾署逮捕 とんだお勤め檀家から帰りに1枚〉

・産経新聞2011.10.03〈僧侶、袈裟まくり下半身ご開帳 大阪府警、容疑で逮捕〉

★中日新聞2015.08.28〈準強制わいせつ容疑の住職逮捕 信長ゆかり円徳寺〉

★佐賀新聞2018.09.11〈60代住職、寺で盗撮か 習い事の女児が発見県中部〉

▲読売新聞2018.11.10〈東大寺僧侶 わいせつ容疑 書類送検 境内でバイト女性触る〉

★中日新聞2020.04.30〈住職が少女にわいせつ行為をした疑い〉

 このうち2004年の檀家の家から下着を盗んだ事件は、法事のついでだったというだけ。2011年の袈裟御開帳事件は路上で通行人を相手にした犯行で、袈裟を使ったプレイだというだけだ。いずれも実質的な宗教性は見いだせない犯行だ。被害者の通報によりすんなり逮捕されており、宗教組織による隠蔽の形跡も報道されていない。

 宗教的性犯罪として扱うには抵抗を感じるが、法事や袈裟を性犯罪に利用されてしまっては宗教と無関係と切って捨てるわけにも行かない。筆者としては笑いながら「インドア事件」扱いにせざるを得なかった。

 2015年の円徳寺の事件は、住職が寺でアルバイトをしていた知的障害のある未成年女性にわいせつな行為をしたというもの。同年10月に岐阜地裁が「被害者に知的障害があり、抵抗できないことを認識しており、身勝手な犯行で誠に卑劣」(中日新聞10月23日記事より)としつつも、示談が成立しているとして懲役3年、執行猶予4年の判決を言い渡している。

 2018年の東大寺の事件も同様で、東大寺の上院院主だった僧侶が東大寺内でアルバイトをしていた女子大生の胸を触るなどした疑いだ。書類送検後、僧侶は全ての役職を辞任し僧籍を返上。被害者と示談が成立し被害届が取り下げられ、不起訴となった。

 2つの事件で被害にあった女性が信者(檀家)かどうかは不明だが、信仰の場というより「アルバイト先」としての宗教団体が性犯罪被害として報道されている。

 神道関係でのインドア犯罪は2件だけだが、うち1件〈みこの着替え姿、ビデオで盗撮 長田神社の元神職、容疑で書類送検 /兵庫県〉(朝日新聞2006.03.15)では、職員の巫女だけではなく学生アルバイトも使用する更衣室で盗撮が行われていた。円徳寺の事件同様、被害者にとって「勤務先」としての宗教団体が犯罪の現場となったケースだ。

 2018年のトイレ盗撮事件は、習い事の会場として提供されていた寺が犯行現場だったため、インドア犯罪としてカウントした。

 『グレース・オブ・ゴッド』では、ボーイスカウトのキャンプが神父による性虐待の場の1つとして挙がっている。『スポットライト』では、神父が監督を務めていた高校のホッケー部員が被害にあったことも描かれている。

 宗教者・宗教団体は宗教活動しかしないわけではない。様々な地域活動に関わることもあれば、地域活動のために施設を提供することもある。直接的には宗教性がない場面でも、宗教者として社会と接する場が性犯罪の現場になることもある。その点では、仏教者による従業員へのわいせつ行為やトイレ盗撮事件の構図は、『グレース・オブ・ゴッド』や『スポットライト』で描かれた神父の性犯罪に共通すると言えなくもない。

 しかし、日本において最大多数派の仏教者が容疑者となったこの種の事件は、上記の通り1件(トイレ盗撮)、多く数えても3件(従業員へのわいせつ行為2件を加えた)しかない。幼児への性虐待や宗教組織による隠蔽など、『グレース・オブ・ゴッド』や『スポットライト』に描かれたカトリックの問題と完全に一致するような事件は、少なくとも刑事事件の報道としては皆無だった。

◆仏教者のロリコン犯罪率はダントツ

 それはそれとして、仏教者が容疑者となった事件では被害者が未成年者である割合が異常に高い。インドア事件6件の半数にあたる3件で未成年者が被害者であり、アウトドア事件も含めてカウントすると、愕然とするような結果が出た。

 パーセンテージを算出するまでもない。件数が多いので全て列挙する気になれないが、いくつか具体例を挙げる。

・共同通信2004.09.27〈少女買春で住職を逮捕 15歳高校生と愛人契約〉

・東京新聞2006.03.10〈住職兼保育園長 児童買春の疑い 警視庁が逮捕〉

・四国新聞2010.04.15〈中尊寺の僧侶を逮捕 女子高生にわいせつ容疑〉

・産経新聞2011.01.14〈女子中学生買春容疑で非常勤講師を逮捕〉

・中日新聞2017.01.11〈埼玉・高源寺住職 少年を買春の疑い 長野県警逮捕〉

・朝日新聞2019.02.28〈「自画撮り」送らせた疑いで住職を逮捕 /岡山県〉

 容疑者と被害者との関係・接点がどのようなものかを分類すると、こうなる。

 信者・相談者が被害者となった事件の割合が高いのはキリスト教と祈祷・占い(これは後述する)。仏教者が容疑者となった事件では、これが8.3%しかない。逆に「ネット(SNSや出会い系サイト)」で知り合った相手が被害者である事件が25.0%、「通行人等」は41.7%で、合わせて7割近くを占める。件数で言えば計32件で、うち18件で未成年者が被害者になっている。

 容疑別の統計でも、仏教者の「児童買春・児童ポルノ禁止法違反」容疑の多さは一目瞭然だ。「条例違反」容疑の中にも、青少年保護関連の条例違反が含まれる。

 僧侶たちが街やネットに繰り出して、寺とも宗教とも関係ない文脈で少女たちを相手に買春をしたり児童ポルノを撮影したり盗撮をしたりする。これが、仏教者が容疑者となった性犯罪の典型的なパターンだ。一般的なロリコン犯罪との違いはなく、容疑者の職業がたまたま僧侶だったというだけ。

 性犯罪というテーマにおいても、日本の仏教の空洞化、形骸化が見て取れる。悪い意味で「開放的」であり、全体としてはカトリックのような宗教組織の陰湿さはない。しかし、これはこれで絶望的な気分にさせられる。

 ちなみに仏教ではなく「その他」に分類しているが、教祖・大川隆法総裁が仏陀の生まれ変わりを自称している幸福の科学でも、教団職員が性犯罪で逮捕されたことがある。

・読売新聞2000.08.21〈「幸福の科学」職員逮捕 女性下着“追いはぎ”容疑/警視庁・大崎署〉

 幸福の科学職員がマンションのエレベーター内で女性を押し倒して下着を奪いケガをさせたとされる、強盗致傷と強制わいせつの容疑だ。当時、都内で同様の被害が相次ぎ45件もの被害届が出され、容疑者宅からは女性用下着が約100枚見つかったと報じられた。この容疑者は大川総裁の運転手だったとする報道もあった。

 幸福の科学における職員は「出家者」との位置づけだが、これは路上での連続強盗・わいせつ事件。仏教者が容疑者となった事件の大多数と同様の「アウトドア事件」だ。

 金光教(神道に分類)でも2017年に1件、街中で女性にわいせつな行為をしたとされる「アウトドア事件」で鹿児島の教会長が逮捕されている。

◆日本の宗教的性犯罪の温床は「祈祷・占い」

 性犯罪は多いものの宗教的文脈がほとんどない仏教者に対して、「祈祷・占い」では、宗教行為そのものが性犯罪につながっている。31件中27件(87.1%)がインドア事件で、この割合は僅差とは言えキリスト教より高い。

 個人面談を基本とする祈祷や占いでは、宗教者が相談者と密室で2人きりになることが多い。性犯罪者にとって好都合な場だ。

 古い話だが昭和5年にも、「高島易者」を名乗る占い師が女性相談者をレイプした事件をきっかけに、法外な見料を取る占い師も含めた「不良易業者」の一斉検挙が都内で行われたことがある。この年だけで165件もの検挙や指導が行われたという(『易学研究』1956年1月号)。

 祈祷や占いを本格的に生業にしているわけでもない人物が、女性を連れ込む口実として祈祷や占いを称するケースすらありそうだ。新聞報道では「除霊と称して」「祈祷を装って」という類の表現がしばしば見られる。

 こんな特殊な事例もあった。〈池袋「JKコミュ」摘発 容疑の31歳元店長逮捕 「裏オプション」横行〉(産経新聞2015.10.01)など、いわゆる「JK(女子高生)ビジネス」の業者摘発に関する報道だ。

 表向きは、女子高生とおしゃべりをする等のサービスを標榜する店舗で、「裏メニュー」として女子高生による性的サービスがあったというものだ。取り締まりを避けるために「JK占い」と称する店舗を構える例も現れており(朝日新聞2014.09.27より)、摘発された業者も「占い」を売りにしていたという。

 未成年者が「占い」に釣られて性犯罪の被害にあうのとは違い、実質的には宗教性があるとは言いにくい。宗教者による性犯罪でもなさそうだ。しかし「占い」を性犯罪の隠れ蓑にできると考える人間が実際に存在していることを示す事例だろう。

◆宗教者の社会的ペナルティ事情

 祈祷や占いは個人事業として行われているケースも多い。事件化しても組織による処分や非難はない。もともと芸名で活動しているケースも珍しくはなく、本名を報道されても有罪判決を受けても活動再開は難しくない。今回調べた新聞報道では、性犯罪で複数回逮捕されている占い師もいた。

 仏教者や神職が容疑者となった事件では、東大寺の事件のように有名寺社の聖職者・役職者が辞任したケースはある。しかし同時に、性犯罪で逮捕された副住職が後年、別の性犯罪で再び逮捕された際にも「副住職」のままだったケースもある。その他にも、報道された容疑者名でネットを検索してみると、いまだに住職を務めていると思われるケースが複数あった。

 寺の住職は基本的に世襲であり、人事権は宗派より寺(先代の住職)にあることが多い。東大寺のように寺単体が組織化されている大規模寺院はともかく、小規模寺院は事実上、住職の個人経営状態にある。

 こうした状況にある寺や、そもそも宗派等による拘束がない個人経営の祈祷・占いでは、教会組織が性犯罪神父を他の教区に異動させることでうやむやにするというカトリック的な隠蔽手法はとりにくい。ところが、隠蔽できず職を失うとは限らず、むしろ「発覚したとしても失職しない」ことすらあるのが、日本の宗教の実情だ。

 神職(神道)では9件全てについて、容疑者の進退にかかわる情報は得られなかった。

 次回は、映画『グレース・オブ・ゴッド』は対岸の火事ではない現実として、日本でも起きているキリスト者の性犯罪について取り上げる。

<取材・文/藤倉善郎>

?

【藤倉善郎】

ふじくらよしろう●やや日刊カルト新聞総裁兼刑事被告人 Twitter ID:@daily_cult4。1974年、東京生まれ。北海道大学文学部中退。在学中から「北海道大学新聞会」で自己啓発セミナーを取材し、中退後、東京でフリーライターとしてカルト問題のほか、チベット問題やチェルノブイリ・福島第一両原発事故の現場を取材。ライター活動と並行して2009年からニュースサイト「やや日刊カルト新聞」(記者9名)を開設し、主筆として活動。著書に『「カルト宗教」取材したらこうだった』(宝島社新書)

関連記事(外部サイト)