すかいらーく系レストランでミスト噴霧される謎の除菌液。運営会社によって主張が食い違う「成分」

すかいらーく系レストランでミスト噴霧される謎の除菌液。運営会社によって主張が食い違う「成分」

レジ横で噴霧される謎のミスト(7月27日、都内、撮影:藤倉善郎)

 前回に引き続き、すかいらーくグループが、新型コロナウイルス感染予防対策として、ガスト・バーミヤンなどで行っている除菌液&ャ霧についての話を続けていく。

 医師や科学者だけでなく、厚労省や経産省、消費者庁が連名で「空間噴霧」について非推奨とするなど、「空間除菌」については常に否定的な声がつきまとう。そこで、前回記事では筆者はすかいらーくグループで噴霧されている謎の除菌液について、同社広報部へと質問状を送ってみたが、その回答は「弊社では、メーカーによる第三者機関での検査の結果、安全性が確認されているため、店舗内の快適な環境維持のために使用しております」というものであった。

◆すかいらーく側の説明と矛盾する販売サイトの説明

 前回、筆者が店舗の責任者に聞いた、噴霧されている液体の製品名は「アピノンエアー」というものだった。また、6月末にすかいらーくグループお客様相談室へ問い合わせた人物は、同社からの回答では、その成分は問い合わせした人物が指摘した安定化二酸化塩素ではなく、チ・アルキル・アミノ・アリール・スルフォネート還元化水とアピザスを主成分とするアピノンAir≠ニいう製品で、人体に有害な次亜塩素酸関連は使用していないと強調していたという。

 そこで筆者はノンチとアピザスを主成分としたアピノンスプレーを入手。そのボトルを確認してみた。すると、〈品名〉には「消臭除菌剤」、〈成分〉として「両性界面活性剤」「抗菌剤(AP-W)」「精製水」と表示されている。

 しかし、経済産業省所管の独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)が物の表面消毒に有効と認めた計9種類の界面活性剤を含め、空間へ界面活性剤を噴霧することによるウイルス除去効果は確認されていない。

〈参照:News Release|nite〉

 また、アピノンシリーズの専門オンラインショップ『Apinonn』には、前回記事で明らかとなっていたすかいらーくサイドの説明とは相反するような記述があった。

 同ショップサイトでは、前述のように二酸化塩素が主成分のアピノンエアーは「自己責任において加湿器に少量を入れて空間除菌にも使用できます」とあるが、ノンチとアピザスが主成分のアピノンスプレーについては「加湿器に薄めて入れたり、ミストとして空間に噴射して吸っていただくことは出来ません」となっている。〈参照:アピノンスプレー アピノンシリーズ|Apinonn〉

 また、同ショッピングサイトのFAQには以下の内容も掲載されている。

>Q:アピノンスプレーの中身を加湿器に入れて空間除菌に使用しても良いですか。

>アピノンスプレーとアピノンエアーの中身は違います。 アピノンスプレーの中身を空間除菌に使用することはおやめください

  すかいらーくレストランで噴霧されているものと同じはずのノンチとアピザスが主成分のアピノンスプレーは、販売代理店のサイトにおいて空間噴射≠ェ禁じられていたのだ。

 そこで、改めてすかいらーく店舗で噴霧しているアピノンAirの主成分の提示、そして空間除菌機器設置についての文言を公式サイトから削除した理由と削除後も噴霧を続けている理由などへの回答を求め、すかいらーくホールディングス広報チームへ質問書を再送信した。

 各チェーンレストラン利用客及び従業員の健康と安全にかかわる事案のため、詳細な回答を求めたが、期限までに返信はなかった。

◆グループ内の別の運営会社サイトも噴霧機器に関する記述を削除

 すかいらーくグループの主だったレストランブランドは株式会社すかいらーくレストランツによって運営されているが、いくつかのブランドは株式会社NILAX(ニラックス)と株式会社トマトアンドアソシエイツが運営している。この両社の公式サイトにおいても、それぞれ7月上旬まで掲載されていた「超音波式消毒ミスト噴霧器の設置」と「店内空間の除菌・抗菌を行う機器を設置し、今後従業員控室にも設置」との文言が削除されていた。

 そこで、筆者は削除した理由について、各運営会社のお客様相談室に問い合わせてみた。

 NILAXは「判らない」、すかいらーくレストランツは「ホントですね、なくなってますね」と驚き「こちらでは聞いてはいない」とやはり削除の経緯や理由は判らないという。

 唯一、削除の理由≠説明したのがトマトアンドアソシエイツ社の担当者だった。

「当初、いつからいつまで提示するというのが決まっていまして、HPなものですから期間設定みたいなものがございまして、それが終了したということで特に大きな理由はないというのが答えになる」

 特定の文章のみが削除されており他はそのまま残っていること、現在も空間除菌機器≠ェ設置されているのにもかかわらずその文章だけが削除された点を指摘したが、答え≠ヘすかいらーくHDの本体に問い合わせしてほしいとのことだった。

◆運営会社ごとに主張が食い違う薬剤の成分

 各運営会社には噴霧している薬剤の成分についても照会した。

 4月から順次各店舗で導入し現在も噴霧を続けているというトマトアンドアソシエイツは、やはりすかいらーくHD本体に問い合わせしてほしいと回答。

 噴霧器が間に合わなかったため設置したのは6月以降、現在も噴霧しているというNILAX。担当者は6月頭に薬剤提供元のすかいらーくグループから何を噴霧しているのか問い合わせがあったらこう答えてください≠ニ送信されてきたメールの内容を読みあげた。すかいらーくのお客様相談室で答えているものと同じ文章だという。

「感染拡大防止の取り組みの一つとして店内除菌抗菌を行う機器を設置しております。薬剤は人体に有害である次亜塩素関連は使用しておりません。製品名アピノンAirというもので安定化二酸化塩素を主成分として空気中のカビや細菌の増殖を抑制する効果があります。世界保健機関WHOにおいて安全性・殺菌消毒性、脱臭性能、防腐性の効果が認められている安全安心な消毒剤です」

 しかし、もう一つの運営会社である「すかいらーくレストランツ」のお客様相談室は、4月から噴霧しているアピノンAirの主成分は安定化二酸化塩素≠ナはないと答えた。

「読ませていただいていいですか、私たちも書類をいただいているので。”アピノンAirはヂ・アルキル・アミノ・アリール・スルフォネートを主成分に生成、特殊配合されたもので世界的に水の生態学の権威の方から水質保全という公害防止の立場で水処理技術研究を進める中で発見し、原材料をノンチと名付け、日本とかで国際特許を取得されているもので、原料の方はウイルス・菌を分解及び無力化して除菌抗菌消臭効果を発揮します。メタセコイヤ(シダ植物)の化石である活性石炭より抽出した天然植物性エキスを使用しております”」(すかいらーくレストランツのお客様相談室)

◆運営会社の担当者も困惑

 食い違うグループ内運営会社の説明。アピノンAirの中身は安定化二酸化塩素なのか、それともノンチとアピザスなのか。その後NILAXから、すかいらーくHD本体に確認したところ、使っているのは”すかいらーく特別仕様の新しいアピノンAirであり主成分は安定化二酸化塩素ではなくヂ・アルキル・アミノ・アリール・スルフォネート”と連絡があったという。同社の担当者は、これまでにも問い合わせに対し安定化二酸化塩素≠ニ答えていたこともあり、6月頭にすかいらーくHDから送信されてきたメールの内容との相違に困惑を隠せない様子だった。すかいらーくHD側に「私たちは6月にこのメールをもらったのですが…」と指摘したところ「そんなのない」とにべもなく言われたそうだ。

 NILAXの担当者は、すかいらーく購買担当者のコメントも読み上げた。

「ちなみに安定化二酸化塩素を主成分としたアピノンAirはメーカーの新商品となり、ネットではこちらの方が検索されやすくなっています」

 エビデンス的な事柄の問い合わせはメーカーで答えることになっているという。

◆メーカー「空間除菌なんて多分できない」

 アピノンAirを製造販売する株式会社ウォーテックに、ノンチ及びアピザスを主成分とするアピノンAirの吸入試験データについて問い合わせたところ、7月下旬に回答メールがあった。

 アピノンAirの急性吸入毒性については、第三者機関である株式会社薬物安全性試験センターがマウスにおける急性吸入毒性試験(全身暴露)を行ったとあり「本披験物質に急性吸入毒性は認められなかった」との試験結果が試験番号とともに示されていた。

 そこで、ウォーテックの担当者にも追加取材を行った。

 アピノンシリーズは2年前から製造販売していて、すかいらーく仕様のアピノンAirの主成分は天然剤のノンチ、アピザスも多少入っていると話すメーカー担当者。すかいらーくとは代理店を通しての取引で、成分の安全性と効果はある程度伝えてあり説明文書も一部提供しているという。

 ノンチとアピザスが主成分のアピノンスプレーを空間噴霧禁止としていたのは「濃度の違いから」、主成分が同様のすかいらーく仕様のアピノンAirについては「この濃度なら吸入しても大丈夫」と力説。消毒液は噴霧してはいけないがと前置きし、安定化二酸化塩素を主成分とするアピノンAirも同じ吸入毒性試験をクリアしていると強調した。

 ネット検索で出てきたアピノンAirやノンチの資料及び宣伝ポスター等については、掲載しているのが直接取引している代理店ではないため詳細は判らないとのことだったが、各代理店には二次店でのネットの取り扱いについて注意するよう通告するという。

 すかいらーくHD側のこれまでの発信や実施内容とは相容れない発言もあった。ウォーテックではアピノンAirが新型コロナウイルスに効果があるとは謳っておらず、すかいらーくレストランで行われている超音波ミスト噴霧による空間除菌≠ノついても「空間を、空気を除菌なんてことは多分できない」と指摘したのだ。

「単独に浮遊することはできず唾・塵・埃などの中にいるカビなどにくっついて飛んでいるウイルスや菌を、湿度を上げることで下にテーブルの上などに落とし、そこに液(ミスト噴霧されたアピノンAir)がかかることによってある程度除菌されていくイメージ」なのだという。

湿度を高めた室内空間では菌やウイルスを含んだエアロゾルが空気中の水分と一緒にテーブルや椅子に落ちやすくなり、そこに超音波加湿器からミスト噴霧された薬剤アピノンAirが降り注ぎ菌やウイルスを殺菌・不活化する≠ニいうのが、メーカーの示した除菌イメージ≠フシステムだ。これは理に適っているのか。

 湿度を上げると菌やウイルスの落下速度や落下量も上がるとの試験データをメーカーは持っているのか、あるいは業界標準で根拠にしている文献はあるのか等、照会した。

 担当者は、メーカー独自のエビデンスは取っていないとしたが、一般的な湿度とウイルスの関係としてG. J.ハーパーによる『空中浮遊微生物:4つのウイルスの生存試験』(1961年)を挙げた。これは回転するステンレスドラム内を高温高湿から低温低湿までの環境下に設定し、その中にインフルエンザなど4種類のウイルスを含む空中浮遊粒子・エアロゾルを入れ各ウイルスの生存率を調べたものだ。 

 疑似科学に詳しい天羽優子准教授(山形大学)は、こう指摘する。

「エアロゾル中での生存が温度と湿度に依存するという話ですね。エアロゾル中に生存しているかどうかを調べているのであって,エアロゾルと空気中の水分が一緒になってどれだけ床に落下したかという話ではないように見えます」

湿度が高くなるに従いエアロゾルが落ちる量とスピードが増大する≠ニいうことを示す論拠そのものにはならないのではとの指摘だ。

◆依然不明な「空間除菌」文言の削除理由

 それにしても、すかいらーくグループ公式サイトや各運営会社のサイトから「空間除菌機器」に関する記述が削除された経緯と理由は依然として不明なままだ。「HPの期間設定」と同グループ内の運営会社は答えているが、掲載期間は終わっても噴霧期間は終わっていないのだから不可解であるし、まだ噴霧している以上、説明責任があるのは明らかだろう。

 すかいらーくホールディングスが削除の理由や経緯を開示しないまま「店舗内の快適な環境維持のために使用しております」との回答のみでは、利用客への説明責任を果たしているとは言えないのではないか。

 もし仮に、利用客や従業員の安全と安心のために%ア入したものが、その意図とは裏腹に利用客へ不安を抱かせているとしたら本末転倒である。

<取材・文/鈴木エイト>

【鈴木エイト】

すずきえいと●やや日刊カルト新聞主筆・Twitter ID:@cult_and_fraud。滋賀県生まれ。日本大学卒業 2009年創刊のニュースサイト「やや日刊カルト新聞」で副代表〜主筆を歴任。2011年よりジャーナリスト活動を始め「週刊朝日」「AERA」「東洋経済」「ダイヤモンド」に寄稿。宗教と政治というテーマのほかに宗教2世問題や反ワクチン問題を取材しトークイベントの主催も行う。共著に『徹底検証 日本の右傾化』(筑摩選書)

関連記事(外部サイト)