20代、30代のサバイバーが告白!体の不調に加え差別や誹謗中傷も……コロナ後遺症の悲劇

20代、30代のサバイバーが告白!体の不調に加え差別や誹謗中傷も……コロナ後遺症の悲劇

写真/朝日新聞社

 コロナ・サバイバーのなかには、一度はウイルスが陰性化したにもかかわらず、今なお、その苦しみから完全に解放されていないという人も多い。厚生労働省は8月から追跡調査を始めると発表したが、果たして「コロナ後遺症」とはどのような苦痛を伴うのか? 今、当事者たちの生の声を聞いた。

◆軽症者や若者も油断大敵!誰がなってもおかしくない

 新型コロナウイルスの感染者が増えるに従って、回復者の数も増加している。日本は8月13日の時点で、感染者が5万1283人なのに対して、回復者は3万4888人に上るが、手放しで喜べない報告も。世界中から「コロナ後遺症」を疑う声が続々と上がっているのだ。

 たとえば、イタリアのジェメッリ大学病院が退院した143人の患者を追跡調査し、7月に発表した報告書によると、新型コロナから回復した後も、実に87.4%の患者が後遺症の苦しみを訴えているという。最も多い症状は疲労で53%、次点で呼吸困難43%、関節痛27%、胸の痛み22%が続く。ほかにはせきや嗅覚障害、目や口の乾燥、鼻炎、目の充血、味覚障害、頭痛といった症状を訴える人もいた。(調査は複数回答)

「5月末に退院してから、不整脈や血管の痛み、息苦しさなどが続いています」と打ち明けてくれた歌舞伎町のBARに勤務する浅丘みきさん(30代)も、コロナ後遺症に今も悩まされている一人だ。

「当初は後遺症が話題になってなかったし、食欲はあったので楽観視していたんです。でも、全然よくならなくて……。特に不整脈がひどくて、体調が悪くてダルいのに、心配で夜も眠れません」

 6月頭にホルスター心電図で検査したところ、浅丘さんは医師から正式に不整脈だと診断された。

「ただ、コロナ後遺症を疑っても先生は相手にしてくれなくて。『前から不整脈だったんじゃないですか』って言うんです」

 「スポーツジムで体を動かすのが好き」だという浅丘さんだが、不整脈に苦しむ今、激しい運動するのが怖くて、ジムには通えていない。血管や胸の痛みも続いており、職場復帰の目処も立っていないという。

◆「まだわからないことが多い」断言できないジレンマ

 担当医の心ない対応に浅丘さんは怒り心頭だが、自治医科大学附属さいたま医療センターで集中治療を担当する讃井將満医師は、「後遺症を持つ方々への長期、および多面的な支援体制をつくることは急務です」と指摘。「通常、後遺症の研究には2〜5年かかるので、コロナの後遺症に関してはまだわからないことが多い」と、現時点では、医師として断言できないジレンマを明かした。

「実は私自身も、4月の段階では『後遺症が疑われるのは重症患者だけで、軽症・中等症患者には残らないのではないか』と、甘く見ていました。そもそも重症患者は、強い全身の炎症(サイトカインストーム)と血栓症による臓器の血流不全、新型コロナの感染によって生じる臓器自体の多臓器不全の回復に時間がかかることから、身体機能低下、心の機能低下、脳機能低下といった後遺症が、高頻度で起こると考えていました。これは集中治療後症候群と言われ、新型コロナ以外の重症感染症・重症肺炎でも起こります。新型コロナ特有の後遺症として考えられるのは、脳梗塞や手足の塞栓症といった各種の血栓症と、脳への感染(脳炎・髄膜炎)による麻痺、脳機能低下といった症状です」

 しかし、讃井氏の予想とは裏腹に、回復したはずの軽症・中等症患者からも、新型コロナの後遺症と見られる症状に悩まされている声は日増しに増えている。

「軽症・中等症患者の中には、治ったと診断された後でもダルい、疲れる、息苦しいなどの症状が残る方がいます。これは酸素を取り込み、二酸化炭素を吐き出す肺機能が元に戻っていないのと、筋力の低下が原因だと考えられます。また、熱が出る、頭痛、胸が痛いなどの後遺症は、まだコロナの感染が続いている可能性が高い。あるいは峠は越えていても、完全に治るまでにまだ時間がかかっている状態だと考えられます」(讃井氏)

◆20代でコロナに感染し後遺症に苦しむ人も

 新型コロナに感染しても、若者は重症化しにくいと言われているが、後遺症に関しては、若いから比較的大丈夫という理屈は通用しないのかもしれない。大学生の井口大輔さん(仮名・20代)は、新型コロナの発症から3か月以上、後遺症に悩まされ続けている。

「4月頭に40℃を超える高熱が出て、経験したことがない激しい肺の痛みとともに、頭痛や味覚・嗅覚障害、発疹といった症状が表れました。すぐに新型コロナを疑いましたし、PCR検査でも陽性反応が出たのですが、当時はベッドに空きがなくて。年が若いせいなのか、なかなか入院できず、1か月近く自宅療養が続きました」

 11日間の入院生活の後、味覚・嗅覚障害、発疹などは徐々に回復したが、万全には程遠いという。

「いちばんつらいのが倦怠感。もともとジョギングや筋トレが大好きで体を鍛えていましたが、感染後は20分歩いただけでも、息切れがして歩くのがしんどいです。9月の大学復帰を目指してリハビリを続けているものの、まともに外出できませんし、体調の悪い日はベッドから起き上がれないこともあります。当初は、インフルエンザのように2週間程度で治ると考えていたので、ここまで長引くとは思いませんでした」(井口さん)

 体力には自信のあった井口さんだが、コロナ後遺症に苦しむ今は、倦怠感と息切れが悩みのタネに。日によって好不調の波も大きく、「調子がいい日に外出して、体調を崩してしまうこともある」そうだ。

 ジョギングと筋トレで鍛えた井口さんの自慢の肉体は、コロナ感染後にやせ細ってしまった。体重は11sも減少。

「今は足を上げる筋トレしかできなくなってしまいました」

◆長期化する味覚・嗅覚障害

 人によって症状が変わるのも、コロナ後遺症の怖いところ。井口さんは味覚・嗅覚障害が比較的すぐに回復したし、浅丘さんも症状は軽かったそうだが、自営業の竹田香織さん(仮名・20代)は、味覚・嗅覚障害が長期化した。

「味覚と嗅覚が完全になくなったのは、6月中旬に新型コロナを発症してから5日目のことです。何を食べても味や匂いがしないのが不気味で、食事をする楽しみや気力を失いました。発症から14日目に、嗅覚は思いっきり嗅ぐと匂いが何となくわかる程度に回復しましたが、味覚は逆に研ぎ澄まされて苦痛でした。酸っぱすぎたり、しょっぱすぎたりして食事がなかなか喉を通らず、ご飯はなぜか甘すぎて変な感じがしました」

 そして、発症から1か月近くたった7月上旬。嗅覚は回復の兆しが見られたものの、味覚は一向に改善せず、竹田さんは今も残る味覚障害に頭を抱えている。

「PCR検査で陰性が出たので、新型コロナは治っているはずなのに、今でも繊細な味を感じることができません。甘い、しょっぱいくらいはわかるのですが、日によっては嗅覚も失うことがあって精神的に参っています……。料理ができませんし、仕事の会食では、相手に気を使わせないように注意するあまり、過剰なストレスを感じています」

 嗅覚障害はだいぶよくなったものの、味覚障害に回復の兆しはない。

「コーラの味がわかりませんし、果物は酸っぱすぎて食べられません。今後は、コロナ後遺症を受け入れてくれる耳鼻科で治療を続けます」

 さらに、いわれなき誹謗中傷や差別も、コロナ後遺症と闘っている人々を追い詰めていく。井口さんは、真実を知ってほしい、後遺症の認知を広めて理解のある環境をつくってほしいといった純粋な願いから、SNSを通じてコロナ後遺症の症状を発信しているが、「誹謗中傷や、差別的な書き込みをする人が後を絶たない」と憤る。

「励ましのメッセージを送ってくださる方がいる一方で、売名行為を疑う方や、『若者の感染は自業自得』だと、理由も知らずに責めてくる方がいますね」(井口さん)

 讃井医師によると、元感染者への差別は、医療関係者の間でも起きているという。

「知り合いの看護師は復職後、先輩看護師に面と向かって『あなたはコロナなんだから、患者さんと接するときは気をつけてね』と言われたそうです」

 感染拡大に歯止めが利かない状況下では、いつ自分が感染し、後遺症に悩まされるかわからない。他者を思いやる良心も、コロナ禍を乗り切るためには必要だ。

【讃井將満氏】

自治医科大学附属さいたま医療センター集中治療部 教授。集中治療専門医として、新型コロナの重症患者を中心に治療を行うほか、新型コロナの最新情報を発信している

<取材・文/黒田知道 写真/朝日新聞社 時事通信社>

※週刊SPA!8月18日発売号より

関連記事(外部サイト)