新型コロナで「業績が伸びた業界」はどこなのか? その活況ぶりを探る

新型コロナで「業績が伸びた業界」はどこなのか? その活況ぶりを探る

photo by USSIE / PIXTA(ピクスタ)

 感染者数の最多人数が連日のように更新されるなど、新型コロナの猛威が止まらない。日本経済が急速に冷え込むなかで、各産業はどのような打撃を受けているのか。

◆通販業界、業績アップで冬のボーナスも期待大

「今は何をやっても売れますね。特に雑貨やインナーが好調で、これまでは需要の少なかった園芸系が平均の倍以上売れるなど、異常値を叩き出しています」

 カタログ通販企業に勤める加藤孝晴さん(仮名・34歳)は、そう声を弾ませる。

「アマゾンや楽天といったネット通販に押され、業界大手も近年は赤字が続いていました。ですが、このコロナ禍の自粛期間で業績は一転。自宅時間で使いたい商品への注文が大幅に伸びたおかげで、3月決算は前年度比120%増を記録し、去年の利益の7割近くをすでに達成しました。これは過去最高です」

◆会社のコロナ対応には不満も

 新型コロナによって業績は好転したものの、会社のコロナ対応には多少不服な点もあるという。

「現在も週2回を上限にテレワークが認められていますが、一部テレワークはさぼりだという考えの上司がおり、『仕事でミスしたから、お前はテレワーク禁止な』とちょっとしたごほうびとして使われていました。熱が出て自宅待機となった人も数人いたし、さすがに納得できません。その上司がいる部署では、コロナ禍で6人がうつになり、3人が会社を辞めました。会社全体で見ると業績は上がっているのに、社内の雰囲気はあまり良くないかもしれませんね……」

 とはいえ、「僕個人で考えると、いいことのほうが多かったです」と加藤さんは言う。

「僕のいる部署ではコロナ前と比べると多少業務時間が減りました。なのに、業績が上がったことで来季のボーナスは相当貰えるはずなんですよね。会社のコロナ対応に物申したいこともありますが、それ以上にボーナスが楽しみです」

◆大病院すら苦しむ一方で、精神科病院と美容皮膚科には思わぬニーズが

 新型コロナ感染拡大による医療機関の減収が報じられる一方で、増収となった病院や診療科もあったようだ。

「確かに耳鼻科や眼科など外来収入のみの医療機関は、コロナ禍での受診控えで経営は相当、苦しいはず。7割減という話も聞きますね。一方、病床がある医院では、繁盛するケースもあるんです」

 そう明かすのは、東海地方で精神科病院を経営する中里幸二さん(仮名・45歳)。300近い病床を有する中規模病院を運営している。

「3月末に新型コロナ対策として、県内の大学病院が一般病床をコロナ感染者専用に作り替えました。すでにその病院に入院していた精神科の患者さんをトコロテン式にウチの病院が受け入れることになったんです」

 転院患者を積極的に受け入れた結果、ほぼ満床に。3〜5月の医療利益は、2割の増収となった。

「地域全体の病床の確保は最優先課題なので他の病院との助け合いが功を奏した。しかし閉鎖的な土地柄、一人でも感染者を出したら周囲からどう言われるか……まったく気が抜けませんね」

 またコロナ禍で思わぬ恩恵を受けたのが美容皮膚科だ。都内のクリニックに勤務する准看護師の水田礼子さん(仮名・40歳)が話す。

「4、5月に急増したのがレーザーのシミ取り施術です。皆、『どうせマスクで見えないから、施術後の肌の腫れや赤みが出ても気にならない』と言っています。前年に比べ3割ほど予約が増えました」

◆患者が増えれば感染リスクも高まる諸刃の剣

 とはいえ“お客”が増えたのに水田さんの胸中は複雑だという。

「院内の感染対策は徹底していますが、施術中、患者さんはマスクを外すし、肌の状態を確認するので“密”にならざるを得ない。また前日にはキャンセル料が発生するため、熱があっても来院する患者さんもいます。施術は高額なので、気持ちはわかるのですが……」

 決して手放しでは喜べない、医療関係者の本音があった。

<取材・文/週刊SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)