10代女性の妊娠相談数が前年比で1.8倍に増加。「コロナによる休校で性行為を体験する頻度が増えた」

10代の妊娠相談が1.8倍に増加 「休校でお家デートで性行為する頻度高まった」と分析

記事まとめ

  • コロナ禍で増加した若年層の妊娠相談を受け、「にんしんSOS東京」の調査結果を発表
  • 3月1日からの3カ月で、新規相談者数は前年同時期と比べて約1.2倍の358人となった
  • 「休校によってお家デートが増え、性行為を体験する頻度が高まった」との分析も

10代女性の妊娠相談数が前年比で1.8倍に増加。「コロナによる休校で性行為を体験する頻度が増えた」

10代女性の妊娠相談数が前年比で1.8倍に増加。「コロナによる休校で性行為を体験する頻度が増えた」

10代女性の妊娠相談数が前年比で1.8倍に増加。「コロナによる休校で性行為を体験する頻度が増えた」の画像

 女性向け健康情報サービス・ルナルナは8月18日、コロナ禍で増加した若年層の妊娠相談を受け、相談者数の変化や避妊についての意識調査の結果を発表した。

 リリースには、思いがけない妊娠に悩む人のための相談支援窓口「にんしんSOS東京」の調査結果を掲載。

 同窓口が休校措置期間とほぼ重なる今年3月1日から5月31日までの3ヶ月間の新規相談者数を集計したところ、358人と前年同時期と比べて約1.2倍増加した。年代別では「10代」の相談者数が約1.8倍に増えていた。

◆年齢別では、「18〜20歳未満」からの妊娠相談が最多

 昨年と今年とでは、相談者の年齢構成に変化が見られた。昨年は「20歳代」(39%)が最も多く、「18〜20歳未満」(18%)、「15〜18歳未満」(19%)、「15歳未満」(1%)の順となっていた。

 しかし今年は、「18〜20歳未満」(31%)と「15〜18歳未満」(28%)が「20歳代」(25%)を上回った。10代の予期せぬ妊娠の深刻度がうかがえる。

 「にんしんSOS東京」には妊娠がわかった10代、20代の相談者から「親に相談ができない」「お金がなくて受診ができない」「中絶も出産も怖くてできない」といった不安が寄せられているという。

 同団体を運営するNPO法人ピッコラーレの副代表・土屋麻由美さんは、「若年層の相談者数の増加がコロナの影響かどうかは、もう少し統計をとってみないことには、はっきりと分からない」としつつも、「休校によってお家デートが増え、性行為を体験する頻度が高まったことは、相談からもうかがえます」と現状を見ている。

◆その場の雰囲気に流されて、膣外射精をしてしまった

 こうした結果をふまえて「にんしん東京SOS」は、10代の避妊方法について調査を実施。2019年、2020年ともに4月1日〜30日の間、10代の女性に対して「避妊方法」について聞いた。

 「コンドームを挿入前から装着」は、2019年では48%だったのに対し、2020年には32%にまで低下。「低用量ピルを服用」は、3%から0%となった。

 反対に「避妊していない」は16%から23%に上昇。「膣外射精」も10%から13%に上がっており、避妊への意識が低い状態で性行為に及んでいる様子がうかがえる。

 「家でのデートが増え、その場の雰囲気に流されて膣外射精でしてしまった」と話す相談者もいた。

 同窓口には「コンドームをつけたから妊娠はしないはず」、「1回性行為をしただけでは妊娠はしないですよね?」「排卵予定日からはずれているから、避妊はしなかった。妊娠することはありますか?」といった声が届けられているという。

 コンドームを適切に使用したとしても、避妊に失敗する可能性が2%ほどあると言われている。挿入前に装着しても、確実に避妊できるわけではない。10代のうちから正しい性知識の学習は待ったなしの状況にある。

◆避妊の知識を得る手段は「ネット・SNS」がトップ

 避妊の知識不足や実施についての問題点は、ルナルナが2018年に10〜50代の女性ユーザー7640人を対象に行った調査結果からも見て取れる。

「避妊方法について、知っているものを教えてください」に対しては、1位は「男性用コンドームの装着」(97.5%)と、ほぼ全員が避妊方法として認識していた。2位は「ピルの服薬」(91.5%)だった。

 続いて「避妊方法について、最もよく行う方法」を聞いたところ、「男性用コンドームの使用」(78.2%)が最も多かった。しかし「知っている避妊方法」で2位だった「ピルの服薬」は、わずか4.7%と、知識と行動に大きなギャップが見られる。「行っているものはない」と答えた人も13.7%いた。

 「避妊についての知識・情報はどこから得ていますか」については、「インターネット・SNS」(57.0%)がトップ。2位の「学校の性教育の場」(56.0%)を上回り、ネットの影響力の高さを示した。3位以降は「友人」(38.4%)、「パートナー」(30.7%)が続き、特定の人とのコミュニケーションで避妊に関する情報を得ていることがわかる。

◆パートナーとの関係悪化を恐れ、「避妊をして」と言えない

 また回答者の60.9%が「避妊に失敗したと不安になった経験がある」と回答。その時に相談した相手の1位は「パートナー」(52.7%)で、2位は「友人」(30.7%)だった。

 しかし「誰にも相談しなかった」と答えた人が25.0%おり、4人に1人は妊娠の不安を一人で抱えていることもわかった。

 「妊娠を望んでいないときの性交渉時に、パートナーがきちんと避妊しなかったことはありますか」と聞くと、52.1%が「ある」と答えた。対処法としては、「避妊をするようにきちんと伝える」(45.7%)が最も多く、「避妊して欲しいと言い出せずそのまま受け入れる」(33.8%)が続いた。言えない理由のトップは、「パートナーとの関係が悪くなるのが怖い」だった。

◆「安全日なら大丈夫だよね」と言う男性に不信感

 コロナ禍の予期せぬ妊娠を受け、ルナルナユーザーに「避妊について男女の認識のずれを感じた経験や、性別に関わらず避妊についての理解を深めるためにどのようなことが必要と思うか」を聞いたところ1000件を超える回答が集まった。

「小学生から教育を受けることが大事だと思う。恥ずかしい事ではないし知らない方が恥ずかしい。命の重みも知ること」

「男性から『安全日なら大丈夫だよね』、と言われることあるが、安全日なんてないはず。無責任さ、不信感しかありませんでした」

「20代の頃は、相手任せにしていたので反省しています。 若いからこそ、きちんと相手に伝えて避妊をすべきだと感じていますので自分の子供たちには、しっかり避妊の大切さを教えたいです」

<文/薗部雄一>

【薗部雄一】

1歳の男の子を持つパパライター。妻の産後うつをきっかけに働き方を見直し、子育てや働き方をテーマにした記事を多数書いている。

関連記事(外部サイト)