日本の遅れた性教育は「人権意識の低さ」に原因あり! [令和の性教育]をマジメに考えた

日本の遅れた性教育は「人権意識の低さ」に原因あり! [令和の性教育]をマジメに考えた

鶴田七瀬氏(左)とシオリーヌ氏

 先日報じたように、新型コロナウイルスの流行で自粛期間が長期化。恋人との時間が増えて関係が密になり、望まぬ妊娠に悩む中高生が増えている。

 そんな中、性交から72時間以内に服用すれば高確率で妊娠を防ぐことができるアフターピル(緊急避妊薬)を「薬局で買えるようにしてほしい」と、7月に市民団体が6万7000人分の署名を厚労省に提出した。多くの国ではすでに処方箋なしで購入できるのに対して日本は遅れている。また、性行為の同意能力があると見なす“性交同意年齢”も日本は13歳と先進諸国と比べて極めて低く、問題視されている。

 このように性に関する話が話題になると、日本の性教育の遅れがより浮き彫りになってくる。一体、何がどのくらい遅れているのか。性の悩みや疑問をYouTubeで配信する助産師のシオリーヌ氏と、性にまつわる知識をプリントした“性教育トイレットペーパー”の開発者・鶴田七瀬氏に、性教育の問題点をズバリ聞いてみた。

◆“性教育後進国”の日本が抱える問題点と闇

シオリーヌ:ぶっちゃけ、今の日本の性教育は重要なことを何も教えていない。大まかな教育内容を決める中学生の学習指導要領にも“性交”は記載されていないし、本当はすごく大切なはずのSEXをすっ飛ばして、受精して妊娠という内容が出てきちゃう。

鶴田:具体的な内容にはほとんど触れないよね。でも海外は真逆で、オランダやスウェーデンは小学生のうちから模型のペニスを使ってコンドームをつける授業があるし。

シオリーヌ:ピルや避妊も当然のように教えるし、すごく実践的。

鶴田:海外の性教育がすべて正しいというわけじゃないし、それぞれの国に合った教育方法なんだろうけど。ちなみにデンマークでは、アダルトビデオをみんなで見る授業があって、先生が生徒に、「こういう接し方をしたら痛い」ってレクチャーするの。オランダでは図書館に性教育のコーナーがあって、挿入している写真がモザイクなしで載ってるし。家庭での会話もすごくて「アナルSEXをするときもコンドームつけなきゃダメだぞ!」って父が娘に普通に言う。それで娘も軽く「オッケー、わかった〜」みたいな(笑)

シオリーヌ:どんな会話(笑)。日本との差がすごすぎる……。なんかさ、日本は他の国に比べて、“性”を過度にタブー視しているというか、“エロ”として捉えすぎている気がするんだよね。

https://youtu.be/oI2WKpdu4ns

鶴田:確かに。教育する側の大人もちゃんと教わってないからだと思う。子供時代に教育的な性に触れられずに、アダルトコンテンツに先に触れて“性は恥ずかしいもの”と思い込んじゃうというか。

シオリーヌ:前に性教育の講演で中学校に行ったとき、スライドに載せていたコンドームの写真をその学校の先生に「これ、どうにかイラストにできませんか?」と言われたこともあったなあ……。

鶴田:イラストと写真で何が変わるの?っていう(笑)。

シオリーヌ:ねえ(笑)。でも外部講師を呼んで講演会を企画するくらい性教育に熱心な学校もあれば、まったくそうでない学校もある。それは親も然りなわけで。

◆今の日本の性教育は「運ゲー」

鶴田:子供にとって今の日本の性教育は、“親ガチャ”や“学校ガチャ”ってくらい運ゲーな気がする。

シオリーヌ:そうだね。性教育が充実した国ではSEXや避妊、性感染症をすごく早い段階で授業の中で教えるけど、ひと昔前の日本は「教えなくても、そのうち自然に学ぶでしょ」的な感覚がすごく強かったんだと思う。友達同士で落ちているエロ本を見たり、先輩に教えてもらうとか。

鶴田:だからこそ先生も親も、今の子供たちに“時代に合った性教育”をどうやって教えていいのかわからない。それに「子供に間違った知識を教えてはいけない!」って思いすぎているような。性教育に予算が割かれないのも問題で。

シオリーヌ:私も90分性教育の講演をして、謝礼が図書カードということもあるし(笑)。

鶴田:あるあるだね。私の開発した男女の体のしくみや性的同意に関する知識が描かれている性教育トイレットペーパーも、まだ置いてくれる学校はほんと少なくて。100ロールで3万円。子供たちが人目を気にせずに、個室でじっくり性教育と向き合える。安いと思うんだけどなあ。

シオリーヌ:でも、積極的に性教育に取り組みたい先生がいても、指導方法を教わる場もあまりないし、予算が足りないから教科書通りのことを教えるしかないし……。う〜ん、悪循環。

◆日本の性教育が遅れている原因は“人権意識の低さ”

鶴田:それと、私は日本の性教育が遅れている原因として“人権意識の低さ”が一番問題だと思う。自分らしく幸せに生きるより、『女性はこうあるべき』っていう同調圧力が先進国の中でも強い。

シオリーヌ:そうだね。アフターピルも海外では薬局で買えるのはもちろんのこと、無料だったりするのに、日本は診察必須で2万円とかハードルがバカ高い。そこにはなんか、「日本女性たるもの、清廉潔白でおしとやかであれ」っていう、男尊女卑というかなんというか、理想の女性像の押しつけがされているような……。

鶴田:わかる〜。

シオリーヌ:若い世代の性行為や、女性がSEXすることに対して何らかの嫌悪感というか「ピルを簡単に手に入れさせたら、余計安易にSEXをしてしまう」とか、偏りまくった先入観を持っている人も中にはいるのよ。

鶴田:避妊や中絶の問題で、女性だけがやり玉に挙げられるのもおかしな話だけど。

シオリーヌ:性教育の土壌が育っていない背景に、人権意識の低さが加わって、より性教育の遅れに拍車がかかっているのかな。

鶴田:こうやって性教育不足の話になると女性の生きづらさに話が行きがちだけど、男性も「男たるものこうあるべき!」っていう、勝手な“らしさ”の押しつけに困っている人は絶対いると思う。

シオリーヌ:男はみんな風俗が大好きで、いい女をスマートに口説けてなんぼ!みたいな価値観ね。

◆性教育の不足は“生きづらさ”に?がる

鶴田:そう。だから性教育の不足は、性別問わず“生きづらさ”に繋がってしまう。大切なのは自分で自分の人生を決められること。何をよしとするのも個人の自由だし、それを他者に強要しちゃダメ。

シオリーヌ:そういう意味では、来春からの中学教科書に、性的少数派であるセクシュアルマイノリティ(LGBTなど)の“性の多様性”についての記述が増えるのはいい傾向だと思う。

鶴田:制服をズボンかスカートか自分で選べたり、男女別だけじゃなく誰でも使える「みんなのトイレ」をつくった小学校もあるよね。これから変わる第一歩かもしれないけど、学校によっては積極的なところが増えてすごくいいなって。

鶴田:「らしさ」を一方的に人に強いるより、まず自分が自分らしく生きられることがすごく大切で。だから子供たちが自分で人生を決められるように、きちんとした知識とできる限りの選択肢を与えてあげることが大切なのかなって。

シオリーヌ:伝え方がわからないときは、私たちの性に関するコンテンツを使ってほしいな。

鶴田:子供以外にも、大人が改めて性教育を勉強するのもいいかも。

シオリーヌ:賛成! 実は結構知らないことだらけかも……?

 正しい性教育を学ぶのに年は関係ない。自分らしく楽しく生きることができたら最高。性教育の発展は、他人事ではない問題なのだ。

【シオリーヌ氏】

性教育YouTuber、助産師。「性をもっと気軽にオープンに」をテーマに、性にまつわる知識を明るくテンポよく学べる動画を配信中。若者を中心に、登録者数は12万人超え。

【鶴田七瀬氏】

性教育トイレットペーパー開発者。ソウレッジ代表。誰もが安心して知ることができる性教育メディアとして、性教育トイレットペーパーを提供。人目を気にせずじっくりと学ぶことができる。

<取材・文/青山ゆか 撮影/杉原洋平>

※週刊SPA!8月18日発売号より

関連記事(外部サイト)