秋葉原・万世橋のランドマーク「SEGA」が8月末で閉館に。実は5店とも「家電店跡」だったアキバのセガ

秋葉原・万世橋のランドマーク「SEGA」が8月末で閉館に。実は5店とも「家電店跡」だったアキバのセガ

「8月30日グランドフィナーレ」の看板が掲げられた「セガ秋葉原2号館」。

 秋葉原・万世橋交差点のシンボル的存在となっていた巨大ゲームセンター「セガ秋葉原2号館」(セガ秋葉原GiGO)が8月30日での閉館を発表。永年親しまれた「アキバのランドマーク」の閉館は、世界中のゲーセンファンのあいだで大きな話題でなっている。

◆17年に亘って親しまれた「セガギーゴ」

 セガ秋葉原店2号館(以下、セガ2号館)は2003年10月に「セガ秋葉原GiGO(ギーゴ)」として開業。「GiGO」はセガのゲームセンターのなかでも旗艦店業態に付けられる名称であったが、2017年にセガの秋葉原地区4店(当時)の店舗名整理により現在の「セガ秋葉原2号館」に改称された。改称からまだ3年ほどであるため「『ギーゴ』の名称のほうがなじみ深い」という人が多いであろう。

 万世橋交差点に面してエスカレーターが浮き出た特徴的な外観は地域のランドマークとして親しまれており、近年は外国人のゲーマーやアニメファンがゲームを楽しむ姿も見かけるようになっていた。

 セガ2号館のある「半田ビル」(旧名:第一半田ビル)はもともと1984年に家電量販店として開業したもの。当初は大部分が首都圏を中心に展開する家電量販店だった「第一家庭電器秋葉原本店」として利用されていた。しかし、同社が2002年に倒産したことにより閉店。翌年、家電量販店部分が「セガ秋葉原GiGO」となった。

 ちなみにこの半田ビル、10階建て以上の高さがあるが、実際は地下2階・地上8階建て。高層階は広告塔屋と太陽光パネルだという。

◆実は徒歩圏に「セガ新旗艦店」が開業したばかりだった

 さて、今回のセガ旗艦店閉店は単なる「店舗削減」であるとは言い切れない。

 実は、セガは2019年7月に総武線高架沿いに新たな大型旗艦店「セガ秋葉原5号館」(以下、セガ5号館)を開業させたばかりなのだ。

「セガ5号館」が出店したのは、1月までパチンコ店「アイオン」が出店していた吉葉無線ビル。5フロアある館内にはクレーンゲームなどプライズゲームコーナーを中心に、「セガのたいやき」(1階)、レトロゲームコーナー(4階)、催事スペース「Akib@ko(あきばこ)」(5階)、アニメフィギュアを中心としたプライズの展示コーナーなどを開設。「セガのたい焼き」では「SEGA」のロゴ型たい焼き(※鯛のかたちではない)や期間限定で「ラブライブ!」「鬼滅の刃」など人気アニメキャラクターとコラボしたたい焼き(※多くは鯛のかたちではない)などの販売もおこなわれているほか、「Akib@ko」では人気アニメやゲームとのコラボイベントが開催されるなど旗艦店に相応しい内容で、ゲームをせずともアニメ・漫画ファンであれば様々な世代が楽しめる店舗となっている。

 17年に亘って秋葉原・万世橋のシンボル的存在となっていた「GiGO」(セガ2号館)との別れは淋しいものであるが、館内のゲームや展示プライズなどの多くは、この新店舗や近隣の店舗へと引き継がれることになるであろう。

 なお、5号館は建物名の「吉葉無線ビル」という名前からも分かる通り、もともとは「吉葉無線」が出店していた建物だ。吉葉無線は秋葉原の老舗電気店の1つで、現在セガとなっている建物は1986年(建物の定礎板による)に同社の本店ビルとして建てられたもの。吉葉無線は現在もこの旧店と総武線を挟んだ場所で家電店として営業を続けているが、かつての店舗よりもかなり小さな規模となっている。

◆秋葉原のセガ、タイトー、東京レジャーランドも「家電店」の跡

 今回閉店する「セガ2号館(GiGO)」、新たに開業した「セガ5号館」がいずれも家電店跡であったのはこれまで述べた通りだが、実は秋葉原にあるそれ以外のセガ3店も家電店の跡。しかも全てが、かつて秋葉原に10館ほどの店舗を展開していた家電量販店「サトームセン」関連の物件であった。

 サトームセンは1946年に創業、1980年代には首都圏各地に展開する中堅家電量販店へと成長したが、経営不振により「ヤマダ電機」グループとなり、2007年末までに全ての店舗がヤマダ電機に転換・もしくは閉店、2013年に同社に吸収合併された。

 そのうち、中央通り沿いの「セガ秋葉原3号館(旧クラブセガ)」(2010年開業)は、「サトームセン本店」の跡。2009年には、通り魔事件により歩行者天国が一時中止となった秋葉原活性化のために設けられたライブ・イベントスペース「LIVE PARK In AKIBA」として活用されたこともあり、ここで行われたライブを見た記憶がある人もいるかも知れない。

 また、JR秋葉原駅電気街口を出てすぐの場所にある「セガ秋葉原4号館」(2010年開業)は、「サトームセン6号店」の跡。サトームセンは2006年に閉店しており、セガ出店まではメガネスーパーが出店していた。なお、サトームセンの出店以前は家電量販店「ロケット」(現在「ロケット」は総武線沿いでアマチュア無線や部品などを中心に販売)など複数の家電・パーツ店などが入居する「秋葉原駅前ビル」であったという。2020年現在は「AKビル」の名前で、1階にセガとコメダ珈琲店のコラボ店舗「やわらかシロコッペ」が併設されているほか、高層階には大手メイドカフェ「めいどりーみん」や焼肉チェーン「牛角」などが出店している。

 建物はかなり古いものの、最近新たに大手不動産会社「いちご」のロゴがビル外壁に取りつけられたため、建物が同グループの所有になったものと思われる。

 そして、中央通り沿いの老舗ゲームセンター「セガ秋葉原1号館(旧ハイテクランド・セガ秋葉原)」の建物名も「サトービル」。このサトーもかつての所有者「サトームセン」に因むものだ。もともとこの建物で営業していたのは家電量販店「シントク」の本店で、1992年にセガが入居し、1993年のシントク倒産後はサトームセンの所有となったが、現在まで30年近くに亘ってセガが営業を続けている。

 実は、家電量販店跡へのゲームセンター出店はセガ以外でも多く、中央通り沿いの「タイトーステーション秋葉原店」や総武線沿いの「東京レジャーランド秋葉原店」もサトームセンの店舗跡に出店したものだ。

 秋葉原の大型ゲームセンターたちは、2000年代前後の「秋葉原のサブカル化」の波に乗って「サトームセンをはじめとした中堅家電店の経営不振」を利用するかたちで成長を遂げたものであったといえよう。

◆旧サトームセンのヤマダ・ツクモも閉店−変わるアキバ、注目される「一等地の空き地」

 さて、サトームセンといえば、秋葉原のサトームセン大型店跡のうち唯一ほぼ全館が「家電量販店」として営業を続けていた「ツクモ秋葉原駅前店(旧店名:ヤマダ電機LABI秋葉原パソコン館)」もセガ2号館と同じ8月30日に閉店することを発表。同日に秋葉原の一等地にある2つの「大型家電量販店跡」が空き店舗となってしまう。

 秋葉原では、新型コロナ禍により免税店「ラオックス本店」が日本人向けのホビー特化店舗「アソビットシティ」業態へと転換したほか、地域に複数店を構えていたゲームセンター「Asobox」が経営破綻により閉店、さらに中小飲食店の閉店も続くなど、この数ヶ月で様々な変化が起こっている。

 世の中が大きく変わっていくなか、秋葉原の一等地に生まれた2つの大型物件はどういった活用がなされることになるのであろうか。ツクモ跡地の隣にあり、建物がかなり古い「セガ4号館」も含めて将来の行方が注目される。

<取材・文・撮影/若杉優貴(都市商業研究所)>

【都市商業研究所】

若手研究者で作る「商業」と「まちづくり」の研究団体『都市商業研究所』。Webサイト「都商研ニュース」では、研究員の独自取材や各社のプレスリリースなどを基に、商業とまちづくりに興味がある人に対して「都市」と「商業」の動きを分かりやすく解説している。Twitterアカウントは「@toshouken」

関連記事(外部サイト)