「産後の奥さんには、あなたしかいないんです」産婦人科医がパパたちに伝えたいこと

「産後の奥さんには、あなたしかいないんです」産婦人科医がパパたちに伝えたいこと

「産後の奥さんには、あなたしかいないんです」産婦人科医がパパたちに伝えたいことの画像

◆「産後クライシス」はなぜ生じるのか?

 妊娠中までは仲の良かった夫婦が、子育て中に不仲になることを「産後クライシス」と呼ぶ。

 「幸せ絶頂のはずなのに、なぜ?」と思うかもしれないが、こうしたケースはよくある。ベネッセ教育総合研究所の調査では、産後に夫婦が直面する現実が示されている。

 妊娠中の夫婦はどちらも74.3%が「配偶者といると、本当に愛していると実感する」と回答しているが、第一子が1歳の時には夫が63.9%に対して妻は45.5%に低下。子どもが2歳の時に至っては、「夫を愛している」と答えた女性は34.0%にまで落ち込む。子どもが2歳になると、妻の約7割が夫に愛情を感じていないことになる。

 「人間にとって一番困難な仕事は、間違いなく子育てです。子育ての負担が女性に偏りがちな状況で、産後の夫婦仲悪化を防ぐカギを握っているのは、夫なんです」

 そう話すのは、福岡市中央区で産婦人科院長を務める東野純彦(とうの あつひこ)さん。

 東野さんは約20年前から父親学級を開き、産後の女性の心身に生じる変化や夫婦間のコミュニケーションについて男性たちに伝えてきた。産後クライシスを防ぎ、子育てという一大プロジェクトにともに向き合えるチームとして夫婦が機能するためにはどうすればいいのか。東野院長に話を伺った。

◆子育てを協力して行いにくい環境が、お母さんを追い詰める

 現代日本で母親が置かれる状況は、なかなかに過酷だ。今年7月に刊行の東野さんの書籍、『知っておくべき産後の妻のこと』(幻冬舎)には、新生児(生後1ヶ月)の子どもを持つ母親の忙しさについて触れられている。

 産後1ヶ月の女性は授乳とおむつ交換に1日のほどんどを費やし、ゆっくり休む時間すらない。睡眠パターンの変化や話し相手の不在、育児のプレッシャーなどで多大なストレス環境下に置かれているというデータもある。

 常に神経を使い、ちょっとのミスが子どもの命を奪いかねない育児だが、子育てに関わる人の数は時代とともに減っている。かつて日本には床上げの文化があり、産後一定期間、女性は横になって心身の回復に費やすのが普通だった。その間の赤ちゃんのケアは、周囲の人が協力して行った。つまり、共同での育児が当たり前だったのだ。

 しかし近年では核家族化が進み、子育てを協力して行える人が少なくなっている。加えて日本人男性は長時間働く傾向が強いため、家庭に関わる時間は制限されてしまう。こうして、育児の負担は妻に大きく偏っていく。

◆妊産婦の死因トップが「自殺」。産後うつの深刻さ

 ここで東野さんの書籍を参考に、産後の女性の変化を医学的に見ていこう。

 妊娠中の女性の体内では、エストロゲンというホルモンがたくさん分泌される。これにより乳房が大きくなったり、お尻周りに皮下脂肪がついたりして、女性は出産に備えた体つきになる。

 だがエストロゲンの分泌量は、産後急激に低下する。エストロゲンの減少は不安や不眠の原因となるため、産後まもない女性は気持ちが不安定になってしまうことがある。これを、「マタニティブルーズ」と呼ぶ。出産2〜3日前から産後3日以内に起こりやすい症状だが、通常は2週間ほどで自然とおさまる。しかし2週間以上にわたって続く場合には産後うつの可能性が考えられる。

 産後うつとは、出産後1〜2週間から数か月の間に発症するうつ病のこと。産後女性のおよそ10人に1人が発症すると言われている。国立成育医療研究センターが2018年に発表した成育研究所調査では、2015〜2016年の2年間に死亡した妊産婦の死亡原因のトップが自殺というショッキングな事実が示されている。自殺に至らなくとも、育児によるストレスが溜まることで虐待のリスクもある。事態は深刻なのだ。

 産後のホルモンバランスの変化や孤立育児は、女性が子育てで追い詰められやすい環境を作り上げる。こうした中、女性にとって強い味方は、一緒に住んでいる夫のはずだ。

◆「奥さんには、あなたしかいないんです」

 だが妊娠と出産によって母親になっていく女性と違い、男性は自分から積極的にならない限り、自然と父親になることは難しい。具体的に男性は、どんなことをに気を付ければよいのだろうか。

 「夫に必要なのは、妻を観察することです。お母さんたちが直面する子育て環境は、なかなかに過酷です。そんな中、奥さんは自分から『きつい』と言う余裕すらないかもしれません。男性は『言ってくれれば、やったのに』と指示待ちになるのではなく、奥さんの様子を見て今自分が何をすべきかわかるようになるのが理想です。

 男性だと社会的地位を求めるのは自然なことだと思います。でも家事や育児も仕事と同様に重要なミッションなんです。ですから私は男性に『奥さんには、あなたしかいないんですよ』と伝え、チームの一員としての自覚を持ってもらうよう、促します」

 産後は夫が妻を思いやり、子育てという一大プロジェクトに取り組むチームとしての基盤を築く重要な時期だ。

 冒頭で紹介したベネッセ教育総合研究所の調査によると、子どもが生まれても「夫を愛している」と答えた女性ほど、「夫は家族と一緒に過ごす時間を努力して作っている」や「夫は私の仕事、家事、子育てをよく労ってくれる」と感じている割合が高い。良好な夫婦仲を保てるかどうかは、夫の行動にかかっている。

◆妊娠中から夫婦で話し合う習慣を作る

 子育てをチームとして機能させるためには、妊娠中から話し合うといいと東野さんは言う。ベネッセ教育総合研究所のデータにもあるように、夫婦間の愛情レベルが高い妊娠中に子どもがいる生活をイメージしておくのは有効だろう。気持ちがすれ違ってしまってからでは、話し合いの場を設けることすら難しくなる。

 夫婦のコミュニケーションのコツとして、東野さんは「夫婦はお互いに違うことを理解し、過度に期待をしないことも必要」とアドバイスする。

「夫婦仲が悪くなってしまう背景には、『こうしてくれるだろう』『変わってくれるに違いない』という期待値の高さがあります。また、ホルモンバランスの変化で否応なしに母親になる女性に対し、男性には大きな変化はありません。お互いの状況や傾向について、普段から話し合う習慣を作っておきましょう」

 たとえば、男性は一般的に女性に比べて赤ちゃんの泣き声への反応が弱い。イタリアでの調査でも、このことが実証されている。もちろん慣れていけば気が付くようになるので、妻は夫を最初から責めないことも大切だ。

 夫婦のコミュニケーションをサポートするツールは、ネットで簡単に見つけられる。たとえば内閣府がホームページに載せている「〇〇家作戦会議」。今の気持ちや、家事分担など4つの設問に答えることで、現在の素直な気持ちを伝えたり、将来についての理想をパートナーと共有できる。

 また民間企業からは、「株式会社すきだよ」が提供する「ふたり会議」というツールがある。パートナーがそれぞれ登録し、「こんなときはどうしたいか?」というシンプルな質問に答えることで、価値観のすり合わせができる仕組みだ。結婚前や妊活といったライフステージ別に使える。

 「株式会社すきだよ」によれば、「産後編も今後リリースを予定している」という。東野さんが勧める妊娠期から将来を考える習慣作りに役立てられそうだ。

◆夫の役割は、妻の精神的健康を保つこと

 東野さんは、「お子さんが幼児期の間の父親の役割は、シンプルです」と言い切る。

「夫の役割は、妻の精神的健康を保つこと。それだけです。今は手がかかっても、いずれ親から自立します。子どもが巣立った後は、夫婦だけの生活が始まるわけです。もし育児中に夫婦の信頼関係が崩れてしまっていたら、熟年離婚になりかねません。

 もちろん仕事は大切です。でもコロナ禍で生き方が見直されている中、家庭と仕事のバランスを考えてみてください。奥さんからの愛情レベルを維持し、良好な家庭環境を保てるかどうかは、夫の行動次第なのですから」

<取材・文/薗部雄一>

【薗部雄一】

1歳の男の子を持つパパライター。妻の産後うつをきっかけに働き方を見直し、子育てや働き方をテーマにした記事を多数書いている。

関連記事(外部サイト)